☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

中村憲剛のBKBが炸裂!J1 第24節 川崎フロンターレ×ベガルタ仙台

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約8分で読めます。

中村憲剛のBKBが炸裂しました!

J1 第24節 川崎フロンターレ×ベガルタ仙台の試合は猛暑が戻ってきての、非常に厳しいコンディションでの試合となりました。

私も観戦に行きましたが、見てるだけでも大変な環境でした。
あの気候な中でプレーするというのは本当に大変なことだと思います。

そんな厳しい環境での一戦、まずはDAZNハイライトをご覧ください。

【DAZN提供】2018_J1-第24節vsベガルタ仙台_20180825_Game Highlights

結果は1-0で川崎の勝利となりました!

川崎は前節首位攻防戦を制しています。
その一戦を無駄にしないためにも今節勝利が必要でした。

仙台もリーグ戦3連勝、公式戦4連勝中と非常に好調同士の一戦となりました。

それではこの一戦を振り返ってみたいと思います。

フォトレポートはこちら!

【J1】第24節 川崎フロンターレ×ベガルタ仙台@等々力 フォトレポート
J1第24節 川崎フロンターレ×ベガルタ仙台戦の現地観戦フォトレポートになります。 また夏の暑さが戻ってきた気候の中、熱戦の模様を写真で振り返ります。 川崎も前節の首位攻防戦を制したのを無駄ないためにも負けられない一戦です!
スポンサーリンク

第24節 川崎×仙台 スターティングメンバー

まずはスタメンから。

スターティングメンバー
川崎F 仙台
GK チョン ソンリョン GK シュミット ダニエル
DF 登里 享平 DF 平岡 康裕
谷口 彰悟 大岩 一貴
車屋 紳太郎 金 正也
エウシーニョ MF 蜂須賀 孝治
MF 阿部 浩之 富田 晋伍
大島 僚太 椎橋 慧也
中村 憲剛 関口 訓充
守田 英正 FW ジャーメイン 良
家長 昭博 中野 嘉大
FW 小林 悠 西村 拓真

 
○交代
【川崎フロンターレ】
73分 中村憲剛→齋藤学
81分 阿部浩之→鈴木雄斗
90+1分 小林悠→知念慶

【ベガルタ仙台】
46分 ジャーメイン良→石原直樹
56分 金正也→奥埜博亮
78分 関口訓充→ハーフナーマイク

第24節 川崎×仙台 スタメンのポイント

川崎フロンターレ

前節と全く同じメンバーでリーグ戦では5試合連続同じ先発メンバーとなっています。
天皇杯は11人総入れ替えとなっていたので、コンディションの問題はありません。
ビルドアップ、ボールポゼッションに関して優れた構成になっていますが、ディフェンス面でも非常に安定しており、4試合で2失点となっています。

ベガルタ仙台

予想していたフォーメーションから少しメンバーが、変わっています。
ジャーメイン選手の先発、椎橋選手の中盤起用がありました。
連戦ということもあり、コンディションと、高い位置で奪うためのディフェンスを想定しての起用ということでのジャーメイン選手とDFの椎橋選手の中盤起用が考えられます。

第24節 川崎×仙台 スタッツ

【得点】
川崎 vs 仙台
前半 0-0
後半 1-0
合計 1-0

■得点者
【川崎】
55分 中村憲剛

【仙台】
なし

■勝点
【川崎】
43→47

【仙台】
35→35

気温:31.6℃
湿度:67%
川崎:仙台
支配率 58%:42%
シュート(枠内) 18(8):5(1)
FK 9:9
CK 5:4
走行距離 105.143km:107.582km
チームトップ
(川崎)守田英正 11.238km
(仙台)中野嘉大 11.577km
スプリント 119回:104回
チームトップ
(川崎)家長昭博 15回
(広島)西村拓真 25回

川崎はまた守田英正選手が走行距離トップです!

第24節 川崎×仙台 勝負を分けたポイントは?

中村憲剛 BKBが炸裂!

中村憲剛のBKBが炸裂しました!
毎年やべっちFCでゴールパフォーマンスを発表するのが通例となっていますが、今年のパフォーマンスはBKB。

そのBKBとひょっこりはんがイベントや始球式で登場しました!

その試合で見事に自身でゴールを決めてしっかりパフォーマンスをする!

やはり役者が違いますね!
また、合わせてひょっこりはんパフォーマンスもしっかりやっていました!
エンターテイナーです!

ゴールを振り返ると仙台のディフェンダーがGKにボールを戻したところで、中村憲剛選手が猛然とプレスをかけます。

仙台のGKシュミット ダニエル選手がそのプレスでボールをつなぐことができず、ロングボールを蹴りました。
そのロングボールに対し登里選手がヘディングてま競り勝ちました。
この時点で中村憲剛選手はオフサイドポジションにいて、ボールにはまだ関与していません。

この登里選手がヘディングしたルーズボールを仙台の大岩選手がコントロールを誤ると、オフサイドポジションにいた中村憲剛選手の元にボールが転がってきました。

そのボールを中村憲剛選手がコントロールし、GKとの一対一を冷静に制してゴールを決めました。

完全にオフサイドポジションでしたが、最後に仙台の選手がボールをコントロールしているため、ルール上はオフサイドだはありませんでした。

このゴールのもとをたどると、もともと自身でかけたプレスが起点となっており、あのプレスがなければおそらくGKもショートパスをつないでいてゴールはうまれなかったでしょう。

この酷暑のコンディションのなか、最年長中村憲剛選手があの位置まで全力でプレスをかけたからこそ生まれた素晴らしいゴールでした!

また、この日の中村憲剛選手のプレーについても振り返ってみたいと思います。
ポジションは4-2-3-1の3の真ん中、トップ下のポジションでした。

しかし、序盤前線から激しくきた仙台ですが、序盤の勢いがおさまると、両ウイングバックが落ちて5バッグ気味となり、富田、椎橋、中野の3枚で中盤のブロックを作り、FW一枚も中盤に落ちてきて中盤をしめにかかっていました。

そのため、中村憲剛選手が中盤の底や最終ライン近くまで落ちてボランチとともにビルドアップに参加する場面が多く見られました。

中盤のブロックの中で受けても囲まれてしまうため、あえて下がってボールを受けて、仙台のディフェンスを動かつつ穴を作る作業をしていたのかなと感じました。

しかし、それでもある程度チャンスを作りきれるのが今の川崎フロンターレの強さでもあります。
前半もポストに当たるシュートが2本ありましたし、前半酷暑の中ボールを動かされ続けた仙台の消耗は大きかったと思います。

それもあってか、後半はより前でプレーできるようになり、前述のゴールが生まれました。

そして、この日も73分で交代となっています。
最近は65〜80分あたりで交代するのがパターンとなっています。
昨シーズンからですが、前線でスイッチとなり、ディフェンスラインやGKにプレスをかけにいくことが多くなりました。
そのまて、消耗も激しいと思います。
本人も、それが分かっているからこそペース配分なども考えずに後半に入ってもGKにプレスをかけに行けるのかなと感じています。

チャンスもいくつかあったので、決められていればもう少し楽な展開になったと思いますが、仙台の守備も相当考えて構築されており、難しい展開ではあったと思います。
 

仙台の反撃

73分に中村憲剛選手が交代してからは仙台に押し込まれる時間が続きました。
理由は3つほどあると考えています。

酷暑の影響

やはりこれが一番大きいのではないかと思いますが、酷暑の影響です。
この試合はナイターでしたが、見ているだけでも汗が止まらない環境で、プレーしている選手は本当に厳しい環境だったと思います。

その中で、一点リードした状況、暑さもありメンタル的に徐々に守り切ろうという考えから少しずつラインが下がってしまい押し込まれてしまったというのは考えられます。

本来、そういった思考のチームではなく、前方でボールを保持することで時間を消費していくことを考えるチームですが、前線の選手も暑さでいつもより少し動きが少なかったと思いますので、気候の関係で少しずつ下がってしまい、同点に追いつきたい仙台の圧力が上回ってしまったことが原因かなと考えています。

ハーフナー マイク

仙台は78分ハーフナー マイク選手を投入します。

そうなると狙いは明確で、仙台はハーフナー マイク選手に単純にロングボールを放り込んできてそのこぼれ球を狙ってきます。

ロングボールに対しては谷口彰悟選手が立ちはだかり、ハーフナー選手に競り勝つ場面も見られましたが、ロングボールで推進力を増してきた相手に少しラインを下げてしまったなという印象はあります。

中村憲剛選手の交代

この日の中村憲剛選手はBKB披露の後は最終ラインに入ったり最終ライン近くまで下がってビルドアップに参加することで、ボールを動かして相手に揺さぶりをかけていました。
ボールを保持して時間を使うことと、相手の穴を見つける、作るという作業を並行して行っていた印象があります。

そんな中、引水タイムと同時に斎藤学選手との交代となりました。
斎藤学選手の投入でカウンターや左サイドの崩しでまた別の魅力も出していましたが、中村憲剛選手のビルドアップがなくなってしまった関係で、ボールをうまく保持できなくなってしまった印象はあります。

ただ最後の斎藤学選手のシュートは惜しかった!
あれが決まっていればまたもう一つ盛り上がったんですけどね!
ゴールの匂いはしてきてるので次に期待です!

最後に

この試合に向けてバンディエラはノリノリでした。

そして、友好関係が続くこの対戦では緩衝地帯がもうけられません!

他ではあまり考えられないかもしれないですね!

とても良い雰囲気でしたね!
酷暑の中、観戦された方もお疲れさまでした!

次はアウェイでのG大阪戦です。
降格圏に位置するチームですので、絶対に勝点は落とせませんね!
頑張ってもらいたいと思います!
それでは!

サッカーくじ toto|現在、第1058回 toto予想を公開中!
当サイトのサッカーくじ「toto」予想のまとめページになります。筆者の豊富なサッカー、観戦経験からtoto予想をまとめています。対戦データ、戦力、調子などから各試合の詳細な分析を行っています。目指せ1等!予想を的中させて幸せを掴みましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました