★★★川崎フロンターレ3年連続タイトル獲得/2019ルヴァン

【J1】第22節 川崎フロンターレ×サガン鳥栖 現地&DAZN観戦記

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約8分で読めます。

J1第22節の川崎フロンターレ×サガン鳥栖の試合の観戦録です。
今節は久々に等々力陸上競技場(以下、等々力)で現地観戦することができました!

川崎×鳥栖 フォトレポート

久々の等々力はやはり楽しかったです!
川崎フロンターレが勝利していれば最高でしたが、そうでなくても現地観戦はやはり高揚感などが違います!

行ったことない方、ちょっと興味はあるけどなかなか足が出ない方、一度行ってみてください!
一気にハマると思いますよ!

最初は誘われて何気なく行ったけど、スタジアルの雰囲気に魅せられてそのままハマってしまった人を何人も知っています!

今節はスコアレスドローでしたが、川崎フロンターレは点が入る試合が多いので、オススメですよ!

さて、再度DAZNで試合をチェックしましたので、試合のポイントを記載します。

まずは、ハイライトです。

【DAZN提供】2018_J1-第22節vsサガン鳥栖_20180815_Game Highlights

気温は高かったですが、風があったので体感の気温としては少し低かったような印象があります。

さて、試合はスコアレスドローでした。

川崎からしたら打てども打てども入らず、という試合でしたね。
シュート数25本、枠内シュート9本というのはスコアレスの試合としては最多記録だったようです。
決定的といえるチャンスもいくつかあっただけに悔しい試合となってしまいました。
首位広島も引き分けて、差をつめるチャンスだったのでもったいなかったですね。

それでは、今回も試合を見ていて気になったポイントをいくつかあげたいと思います。
※川崎フロンターレ目線です。

スポンサーリンク

スターティングメンバー

まずはスタメンから。

スターティングメンバー
川崎F 鳥栖
GK チョン ソンリョンC GK 権田 修一
DF 登里 享平 DF 高橋 祐治
谷口 彰悟 キム ミンヒョク
車屋 紳太郎 藤田 優人
エウシーニョ 小林 祐三
MF 阿部 浩之 MF 原川 力
大島 僚太 福田 晃斗
中村 憲剛 高橋 秀人
守田 英正 FW フェルナンド トーレス
家長 昭博 小野 裕二
FW 小林 悠 金崎 夢生

○交代
【川崎フロンターレ】
81分 中村憲剛⇒齋藤学
81分 阿部浩之⇒鈴木雄斗
88分 家長昭博⇒知念慶

【サガン鳥栖】
76分 原川力⇒高橋義希
81分 小野裕二⇒安在和樹

スタメンのポイント

川崎フロンターレ


前節と全く同じメンバーできました。

好調な現在のメンバーはいじらないという判断でしょう。
現状のベストメンバーでしょうから、コンディションに問題がなければいじる必要もありませんね。
ボールポゼッションにも優れたメンバー構成になっています。

サガン鳥栖

吉田豊が故障で外れて藤田優人が左サイドバックに入りました。
それ以外は変更はありませんでした。
これまでのやり方から特に変更はなさそうです。

スタッツ

気温:29.9℃
湿度:69%
支配率 67%:33%
シュート(枠内) 25(9):3(1)
FK 5:14
CK 7:2
走行距離 100.914km:105.32km
チームトップ
(川崎)守田英正 10.265km
(鳥栖)高橋秀人 11.280km
スプリント 117回:131回
チームトップ
(川崎)エウシーニョ 26回
(鳥栖)福田晃斗 20回

これ書き始めてから毎試合川崎の走行距離は守田がチームトップですね!

気になるポイント

サガン鳥栖の狙い

サガン鳥栖の狙いとしてはシンプルで、まずは無失点に抑えること。

後ろを固めつつ、高い位置で引っ掛けた場合は少ない人数でカウンターから得点を奪う。
もしくはセットプレーから得点を奪うということを狙いとしていました。

展開

試合展開としては、フェルナンド トーレスと金崎がほぼ孤立して、攻撃時は2人+福田または小野しかいなかったので、攻撃の形はほとんどなにも作れませんでした。

注目されたフェルナンド トーレスも全くチャンスは訪れなかったですね。
鳥栖の戦術的にもなかなか難しいところはあると思います。
もう少しチームとして攻撃の型のようなものがないとなかなか今の状態からオフェンス面で何かを出していくのは厳しそうだなと感じました。
良いFWがいるので、そこに至るまでの道筋をチームとして見いだせればもっと良くなるチームだと思います。

戦術に関して、ディフェンス時は3ボランチ気味の1枚または2枚がディフェンスラインに吸収されて、ディフェンスライン5人、その前に3人のブロック、6人-3人のブロックというものが作られていました。
自陣ゴール前で7〜8人が守っているという状況が多かったため、なかなか前に出て行くのは難しかったでしょう。

ボール保持率33%、シュート3本という数字にも表れていましたね。

川崎の中盤の構成

お互いのスタイルや過去の数試合の展開と中盤のメンバー構成をみても、川崎がある程度ボールを握る展開になることは想像できました。
実際、結果として支配率67%:33%という結果が出ています。

見た目の印象としては8割ぐらい鳥栖陣内での試合だっと感じるぐらい川崎がボールを保持して押し込む展開となっていました。

しかし、鳥栖もそれは織り込み済みで、ボールを保持されても焦れることなくブロックを作り、耐えていました。

序盤こそ前から取りにいく姿勢も見えましたが、簡単にプレッシャーをいなされてしまうため、10分たつ頃には2トップも前から守備にくることはなくなりました。

川崎は登里とエウシーニョも高い位置を取り、攻撃時は中盤が7枚いるような状況になっていました。
その中で、阿部浩之や大島僚太、中村憲剛などが前線に飛び出していきチャンスをいくつも作っていました。

得点こそ奪えませんでしたが、流動的なポジショニングからがっちり引いた相手にもチャンスを作っていたので、中盤より前の作りの部分としてはやれることはやれていたのかなと思います。

ボランチ

ここ2試合ボランチの3列目からの飛び出しがゴールにつながっているので、ボランチの飛び出し、ポジショニングというところは注目して見ていました。

今節は鳥栖のポジショニングがあまりにも低かったことで、なかなか飛び出していくということも難しく、さらには常に押し込む展開だったため、どちらかは初めからかなり高いポジショニングでボールに絡んでいたため、なかなか3列目からの飛び出しを出していくと言う流れを作るのは難しかったですね。

それでも、前半に大島が飛び出して阿部浩之のチャンスを演出したり、守田は裏抜けのフリーランニングなどもしていたので決定的なチャンスには直結しませんでしたが、動きとしては出せていたのかなと思います。
今これが川崎の新たな形として定着していく段階にいると思うので、今後も継続して欲しいなと思います。

采配

この試合も81分に中村憲剛を交代させています。
彼の年齢やシーズン通して戦うコンディションの維持などを考えると、出場時間をある程度コントロールするということは良いと思っていますし、パフォーマンスを最大限発揮できるコンディションの維持ができているなと感じています。

ただ、今節のような展開の中でも律儀に交代させるのはデメリットの方が大きいのではないかと感じました。

中村憲剛はいまだに毎試合非常にハイパフォーマンスを発揮しています。
相手にとって一番怖い存在です。
勝っている段階で前線の強度をあげるような交代は良いと思うんですが、今節のように得点がほしい場面で交代させてしまうと相手もメンタル的に助かるのではないかと感じてしまいます。
中村憲剛はまだまだそこにいるだけで脅威になる存在なんです!

たらればで、結果はわかりませんが、最後のフリーキックの場面も中村憲剛がいれば結果は違ったかもしれませんし、少なくとも観客の期待感はより大きかったのではないかと思います。

この試合、結局2列目が全員交代しました。
もうこうなってしまうと違うチームになってしまう気もしますが、こういう膠着した試合ではセットプレーで打開して勝点をもぎ取るということも必要だと思いますので、そういったところも可能性を残すような交代でもよかったのかなと個人的には感じました。

ただ、この最後のフリーキックの場面で中村憲剛も家長昭博もいない、森谷も出てない状況でどうするのかなと思って見てましたが、大島僚太が場を仕切っていたのは個人的には嬉しかったです!

日本代表にもなり、そういう自覚も出てきているんだなと!
個人的には直接狙うまでいってほしかったですけどね!
まぁ、そこは僚太らしいということですかね!

最後に

鳥栖は引き分けでもOKと完全に割り切っていましたね。

その中で崩しきっていた場面もあったので悔しい引き分けとなりました。

フェルナンド トーレスにもわきましたが、初ゴール許さず安心しました!

さて、次節はアウェイでの広島戦です。
この引き分けで2位となりました。
勝てば勝ち点6差、延期分も勝利すれば3差となり、射程圏内に捕えられる大事な一戦です。

等々力での試合は残念な判定でストレスのたまる試合となってしまいましたね。

その鬱憤をはらす意味でも是非とも勝利してほしいと思います!

次節はDAZN 観戦となります!
現地で応援される方は、私の思いもいっしょに持って行ってください!
長旅お気をつけて!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメント

  1. I couldn’t refrain from commenting. Exceptionally well written! I
    am sure this post has touched all the internet people, its really really fastidious post on building
    up new website. I have been surfing online more than 3 hours today, yet I never found any interesting article like yours.
    It is pretty worth enough for me. Personally, if all website owners
    and bloggers made good content as you did, the internet will be a lot
    more useful than ever before. http://car.com

タイトルとURLをコピーしました