☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

イニエスタ Jリーグ初ゴール!世界一の共演

スポンサーリンク
Jリーグ・代表
この記事は約6分で読めます。

J1第21節の最大のトピックといえば、ヴィッセル神戸のイニエスタJリーグ初ゴールでしょう!

皆さん歴史的瞬間をご覧になりましたか?
見てない方はまずはこちらのゴールハイライトをご覧ください。

【公式】イニエスタのJリーグ初ゴール!ゴール動画:アンドレス イニエスタ(神戸)15分 ヴィッセル神戸vsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第21節 2018/8/11

イニエスタ選手、ヴィッセル神戸のファンだけでなく日本のサッカーファンの期待を背負って来日してくれましたが、その期待に違わぬ、そしてイニエスタ選手らしい美しいゴールでしたね!

そして、ポドルスキのアシストからのゴール。
世界一を経験している二人の連携からの得点、そしてイニエスタというサッカー選手の技術が凝縮されたようなゴールだったと個人的には思っています!
素晴らしい!

またヴィッセル神戸というチームもイニエスタ選手の加入とともに短期間でチームが変わってきた印象があります。

その辺りについて分析していきたいと思います。

スポンサーリンク

イニエスタ選手のプロフィール

今更感はありますが、イニエスタ選手のプロフィールです。

基本情報

本名 アンドレス・イニエスタ・ルハン
1984年5月11日(34歳)
スペイン アルバセーテ県フエンテアルビージャ出身

所属

期間 所属 出場(goals)
1996-2003 バルセロナB 54(13)
2002-2018 バルセロナ 442(35)
2018- ヴィッセル神戸

プレースタイル

FCバルセロナ出身選手の特徴であり、その特徴がシャビとともにもっとも色濃く受け継がれた選手です。
創造性豊かなパス能力を持ち、洞察力、卓越したボールコントロール技術、プレーの流れを読む能力に優れてたプレーをします。

欧州ではFCバルセロナ一筋、クラブレベルだけでも33のタイトルを獲得しており、世界の名手たちも一目置くトップオブトップの選手、それがイニエスタです!

タイトル

クラブ

FCバルセロナ
  • リーガ・エスパニョーラ:9回 (2004-05, 2005-06, 2008-09, 2009-10, 2010-11, 2012-13, 2014-15, 2015-16, 2017-18)
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:8回 (2005, 2006, 2009, 2010, 2011, 2013, 2016)
  • UEFAチャンピオンズリーグ:4回 (2005-06, 2008-09, 2010-11, 2014-15)
  • コパ・デル・レイ:6回 (2008-09, 2011-12, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18)
  • UEFAスーパーカップ:3回 (2009, 2011, 2015)
  • FIFAクラブワールドカップ:3回 (2009, 2011, 2015)

代表

U-16スペイン代表
  • UEFA U-16欧州選手権:1回 (2001)
U-19スペイン代表
  • UEFA U-19欧州選手権:1回 (2002)
スペインA代表
  • UEFA欧州選手権:2回 (2008, 2012)
  • FIFAワールドカップ:1回 (2010)

個人

  • UEFA欧州最優秀選手賞:1回 (2012)
  • UEFA欧州選手権大会最優秀選手:1回 (2012)
  • UEFA欧州選手権ベストイレブン:2回 (2008, 2012)
  • UEFA欧州選手権ファイナル・マン・オブ・ザ・マッチ:1回 (2012)
  • UEFAチャンピオンズリーグベストプレーヤー:1回 (2011-12)
  • UEFAチャンピオンズリーグファイナル・マン・オブ・ザ・マッチ:1回 (2015)
  • バロンドール :(2009年 4位)
  • FIFAバロンドール:(2010年 2位, 2011年 4位, 2012年 3位)
  • オンズドール:1回 (2009)
  • リーガ・エスパニョーラ 最優秀スペイン人選手賞:1回 (2009)
  • リーガ・エスパニョーラ 最優秀選手賞:(2008-09 2位, 2011-12 3位)
  • IFFHS World’s Best Playmaker:2回 (2012, 2013)
  • リーガ・エスパニョーラ 最優秀攻撃的ミッドフィールダー:5回 (2009, 2011, 2012, 2013, 2014)
  • Marca Legend Award:1回 (2011)
  • FIFAコンフェデレーションズカップ2013 シルバーボール:1回 (2013)
  • FIFAプスカシュ賞:(2009年 2位)
  • FIFAワールドカップ ベストイレブン:1回 (2010)
  • FIFAワールドカップファイナル・マン・オブ・ザ・マッチ:1回 (2010)
  • FIFA FIFPro World XI:7回 (2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2017)
  • UEFAチャンピオンズリーグベストチーム:1回 (2014-15)
  • UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー:4回 (2009, 2010, 2011, 2012)
  • ESMベストイレブン:1回 (2010-11)
  • ゴールデンフット賞:1回 (2014)
  • FIFAクラブワールドカップ2015・ブロンズボール:1回 (2015)

Jリーグ初ゴール

それでは初ゴールを振り返ってみたいと思います。
再度ゴールシーンご覧ください。

【公式】イニエスタのJリーグ初ゴール!ゴール動画:アンドレス イニエスタ(神戸)15分 ヴィッセル神戸vsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第21節 2018/8/11

まず、このゴールシーンですが、イニエスタが起点となって始まっています。
イニエスタのプレースタイルとしてはゴールゲッターではなくこういった起点となり、ゴールへの道筋を作るプレーが本来最も得意とするプレーとなります。
左サイドで起点となり、藤田⇒郷家⇒ポドルスキと右サイドに展開されます。

ここでポドルスキがためを作ってる間にスペースを見つけて侵入します。

さらにこの場面、中のウエリントンと逆の大外にいる古橋の位置と磐田のDF2枚の位置を確認し、DFがとるであろうウエリントンとの距離感を見定めた上でギリギリのポジショニングを取っています。

ポジションを取ったところで、ポドルスキから強烈な縦パスが入ります。
この縦パスのスピードも素晴らしく、普段Jリーグで見ているものより早いパススピードです。
これもポドルスキがイニエスタならこのスピードでも問題ないということで強く入れていますね。

そして、この縦パスを流れながら思い通りのところに持っていくのも難しいと思いますが、足の裏で回転しながら大井健太郎が届かない絶妙な位置に置く技術はワールドクラスとしか言いようがありませんね。

あとは冷静にGKもかわして落ち着いてゴール!
ポドルスキとイニエスタの世界一の共演とイニエスタの空間把握能力技術力の高さが存分に発揮されたゴールでした!

これを生で観れた方々、本当に羨ましいです!

ヴィッセル神戸の変革

ヴィッセル神戸はイニエスタの獲得とともにバルセロナスタイルのプレーモデルの確立を目指しています。
スタッフにもともバルセロナの方を招聘して変革に努めています。

そしてプレー面でも変わりつつあります。
まずわかりやすのが支配率です。
手元の集計では中断前は約54%でしたが、中断明け以降の6試合では60%を超える支配率を誇っています。
イニエスタが入ることで中盤の流れもスムーズになり、なおかつポドルスキも復帰し、復帰戦では中盤での起用でしたので、今後もそのように起用していく場合、世界一を経験した二人が舵取りして行くチーム、なんとも豪華です!
ティキタカの申し子ともいえるイニエスタが加入したヴィッセル神戸がこれからどのようにかわっていくのか注目です!

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント

  1. イエニスタがどうのこうの浮かれているようでは、明日もトーレスがどのこうのと浮かれているんだろうね。

    試合中にトーレスに浮かれて、周りのフロサポといざこざを起こさぬように、あらかじめ警告申しあげる。

  2. こんな記事をフロンターレのスレッドに上げる必要はない。

タイトルとURLをコピーしました