コロナ禍の変則日程でも4年連続獲るぞタイトル★★★★

リモマクラシコ快勝 2020 J1 第3節 FC東京vs川崎フロンターレ

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約10分で読めます。

画像出典:JLeague

やりました!

リモートマッチ開催となった多摩川クラシコで内容も圧倒しての4-0快勝!

FC東京も開幕連勝で、攻守共に安定しており新しいことに取り組んでいる川崎よりも完成度は高いんじゃないかというようなことをしビューで書きましたが、そんな不安を一蹴する圧勝劇!!

この最高の試合を振り返ってみたいと思います!

リモマクラシコ!川崎フロンターレ 2020 J1第3節 FC東京戦プレビュー
7/8(水)は多摩川クラシコ@味スタです! 7月4日に再開したJ1ですが早速もう3節、ここからは試合がどんどん続いていきます!選手は大変ですが、ミッドウィーク含めて楽しみは続きますね! 今節もリモートマッチとなりますので、画面越しにしっかり応援しましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2020 J1第3節 F東京×川崎 スターティングメンバーと試合データ

川崎フロンターレ

[GK]
1 チョンソンリョン
[DF]
13 山根視来 4 ジェジエウ 5 谷口彰悟 2 登里享平
[MF]
25 田中碧 8 脇坂泰斗(60分:22下田北斗) 10 大島僚太(69分:6 守田英正)
[FW]
41 家長昭博(60分: 30 旗手怜央) 9 レアンドロ ダミアン(84分:20 宮代大聖) 16 長谷川竜也(69分:19 齋藤学)

スタメンは前節と同様でターンオーバーはありませんでした。

まだ再開直後ということでコンディション面での不安はないですからね。

これで開幕から3試合連続で同じスタメンとなっていますが、キーマンに関しては60〜70分前後で交代して調整しているようにも感じますね。

FC東京

[GK]
33 林彰洋
[DF]
37 中村帆高(HT: 2 室屋成) 4 渡辺剛 3 森重真人 6 小川諒也
[MF]
45 アルトゥール シルバ 8 高萩洋次郎(42分:15 アダイウトン) 10 東慶悟(HT: 38 紺野和也) 31 安部柊斗(61分: 18 橋本拳人) 20 レアンドロ
[FW]
9 ディエゴ オリヴェイラ(79分: 27 田川亨介)

前節から先発2名が変更となっています。

スポンサーリンク

試合データ

【得点】
川崎 vs F東京
前半 4-0
後半 0-0
合計 4-0
 
■得点者
【川崎】
17分 大島僚太
23分 レアンドロ ダミアン
28分 長谷川竜也
45分 長谷川竜也
 
【F東京】
なし
 
試合会場:味の素スタジアム
観客数:リモートマッチ(無観客)
気温:25.5℃
湿度:85%
主審:木村博之
VAR:ー
 
川崎:F東京
支配率 55%:45%
シュート(枠内) 16(6):13(3)
パス数(成功率)592(85%):364(74%)
FK 16:16
CK 8:6

走行距離 106.56km:104.235km
チームトップ
(川崎)山根視来 10.556km
(F東京)アルトゥール シルバ 11.318km

スプリント 155回:171回
チームトップ
(川崎)長谷川竜也 22回
(F東京)ディエゴ オリベイラ 25回

スポンサーリンク

2020 J1第3節 F東京×川崎 試合レビュー

既に何回見たかわかりませんが、何度でも見続けられるハイライトはこちらから。

【DAZN提供】2020 明治安田生命J1リーグ 第3節 川崎フロンターレvsFC東京_20200708_Game Highlights

普段大歓声の中で行われるビッグマッチですが、今回はリモートマッチでの開催となりました。

川崎から見ると多摩川クラシコ3試合連続完封中で味スタでは公式戦3連勝中と近年は味スタで非常に良い試合を続けていました。

今回4点差の大勝となりましたが、前回多摩川クラシコで4点差がついたのは2017年のルヴァン準々決勝2ndレグ、阿部ちゃんのハットトリックを含む5-1で勝利した試合で、リーグ戦では2014/3/23 J1第4節@味スタで4-0勝利以来となります。

ちなみにこの試合は彰悟のデビュー戦で当時は左サイドバックで出場していましたね、懐かしい!

試合としては理想的な勝ち方で、素晴らしいの一言なのでそこまで語ることないですね。。

次の試合への間隔もありませんし、じっくり振り返る余裕もないので感想と出場全選手について簡単に振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

理想の前半

今シーズン掲げる「攻守に圧倒」「攻守にアグレッシブ」ということを考えてもこの試合の前半は掲げるサッカーの理想系に近いものだったのではないでしょうか!?

F東京は川崎対策ともいうべき布陣で4-2-3-1と中盤を厚くし、さらにはアルトゥールシルバや安部などボール奪取に優れた選手を配置してきました。

中盤の攻防でも安部が碧を、アルトゥール シルバが僚太を監視し、ストロングポイントである球際や切り替えの部分で優位に立とうとの狙いがあったと思いますが、その相手の土俵である切り替えや球際の部分でも圧倒し、その上で自分たちの強みであるポゼッションや今年から取り組んでいる4-3-3の特徴をいかした幅を取る攻撃を存分に発揮。

正直球際や切り替えなどインテンシティの部分はF東京の強みでもあり、F東京に分があると思っていましたが、川崎の選手たちは鬼木監督が掲げるテーマを見事に完遂したといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

後半は省エネ

前半で大量リードを奪ったことで後半は無理をせず相手の出方を見ながら冷静に試合を運びましたね。

連戦の中で現在好調でキーマンとなる家長、僚太、長谷川などの選手たちを60〜70分前後で交代させ、最後は自分たちでボールを動かしながら相手陣内でゲームを進める省エネサッカーで全体的に消耗を抑えることにも成功しました。

過密日程の中で、次節に向けても良い準備ができたと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

全選手評価

チョンソンリョン

ゴールを脅かされる場面はほとんどなかったが、先制点直後のディエゴ オリベイラのニアへの鋭いシュートも反応良くセービング。
前節から引き続きコンディションは良さそうで、昨シーズンの悔しいこともあってか今シーズンはここまで安定感があり、安心感もある。
今後のハイライン対応やビルドアップなどでの成長も見られそう。

登里享平

DAZN中継で実況の下田さんや解説の戸田さんが代表への可能性を言及するぐらいのパフォーマンス。
守備面の安定はもちろんだが攻撃面での物凄く気が利いていて長谷川が気持ちよくプレーできるポジショニングを常に取っている。
ノボリが気持ちよくプレーさせてる面も大きく、長谷川竜也好調の要因と言っても過言ではないだろう。
特にWGの内側のレーンの使い方が本当にうまい。

ジェジェウ

まさに壁。前節は少し危なっかしい場面もあったが今節はパーフェクト。アダイウトンに見舞った深いスライディングは見ごたえあり。
ビルドアップ もうまくなってきている。

谷口彰悟

ディフェンス、ビルドアップ全てが高水準で安定感抜群だった。

スポンサーリンク

山根視来

ダミアンへのアシストや4点目のクロスなどゴールに直結するプレーで活躍。ダミアンへのアシストの場面のように個の力で突破することもできるし、家長、泰斗などとの連携面も良く使われるプレーも良い。
ボールの置き所も良くボールをとられないため、エウソン以来の右SB適任が見つかったとみていいか。

遂に見つかった!?エウソン以来の右サイドバック 山根視来が覇権奪還のキーマンに!
2020シーズン湘南ベルマーレから川崎フロンターレへ移籍した山根視来。 2019シーズン固定できなかった右サイドバックで今も川崎ファンの頭に残るエウシーニョという存在を忘れさせてくれる存在になるか!?

田中碧

前節は少し試合勘のなさを感じたが今節はしっかりフィットさせてきた。
セカンドボールの回収や球際の強さで相手の中盤を圧倒。
4点目の山根へ出した浮き球のパスや後半ノーモーションで打った強烈なミドルなど攻撃面でのスキルにも成長が感じられる。

大島僚太

もう名実共にキングですね。先制点のミドルも素晴らしかったですが、それ以上にボールの置き所だったり相手を外す技術だったりが別次元。大島定点カメラでずっと見ていたい。
ただ、この試合の僚太のパスのデータが36本(75%)でしたが、これまでフル出場すると100本近く出して90%ぐらいの数字は残していたので、ポジションが前に上がったこと、川崎のサッカーも変わってきていることがこのデータからもみて取れます。

脇坂泰斗

空いたスペースに顔を出してボールを受けるのがうまく、数手先を見てプレーしている印象。
4点目のきっかけとなるボールの受け方は絶品だった。

スポンサーリンク

長谷川竜也

2試合連続ゴールの2得点で公式戦4試合5得点と絶好調。
何度もいいますが、開幕前から今年は長谷川竜也の年だ!といい続けてきてますが、序盤はその通りになってますね。
幅を取って攻撃の起点になりつつ、逆サイドで展開されているときはゴール前に入ってダミアンの動きを見ながらいい位置でプレーできているのが得点に絡めている要因でしょう。
後半のチャンスを決めてハットトリック達成してほしかった!

2020の川崎フロンターレは長谷川竜也に注目!
2020シーズン長谷川竜也の年になる! システム変更など、チームのやり方変更に伴って長谷川竜也が輝くであろうと筆者が考える理由をお伝えします!

レアンドロ ダミアン

1ゴール2アシストで4点目もダミアンのシュートが防がれたところを長谷川竜也が押し込んでいるので全得点に絡む大活躍!
今シーズンはチームとしてダミアンの特徴を出しやすいやり方になっており、昨シーズンよりダミアンにボールが入る回数が格段に増えていることと、よりゴールの近くでボールに関与できることで活躍の機会が増えています。
得意のヒールシュートとに加えて僚太へのアシストもダミアンの特徴をいかしたものでしたね。
フィジカルバトルでもF東京DF渡辺選手を圧倒していた。

家長昭博

右サイドで安定したキープカとカットインからの仕掛けでFC東京ディフェンスを攻略。
2点目と4点目は右サイドで起点となり、3点目はダミアンへ高精度のクロスを供給。
前節からクロスの精度が非常に高く、今のころとMVPを獲得したシーズンクラスのパフォーマンスと言っても良さそう。

下田北斗

今シーズンはなかなか出場機会が増えないかもしれないなんて思っていましたが、ごめんなさい。
途中出場で安定したプレーを披露。
IHとしてゲームを落ち着かせた。
途中出場でパフォーマンスが安定している控えがいるというのはこの過密日程の中チームとして大きい。

スポンサーリンク

旗手怜央

右WGとして果敢に仕掛ける場面などもあり積極的にプレー。
室屋に防がれたシーンなども含め、初ゴールまであと一歩のところに迫った。
十分戦力になることは示しているが、ポジション争いをしている右WGの家長やその他も含めて攻撃陣が好調のためまずは途中出場を続ける中で結果を出していきたいところ。

齋藤学

前線から全力でのチェイシングを献身的に行いFC東京守備陣にプレッシャーを掛け続け、途中出場としての役割をまっとうしようという気持ちを感じるプレーを見せた。
ボールにも良く絡んでおり、左WGの層の厚さを感じさせた。

守田英正

この試合ではIHに入ってプレー。
中盤のバランスをとりながら試合をコントロールし、うまくクローズさせた。
余談だが、モデルと結婚してスキンケアなどに気を使っているのかめちゃくちゃ肌艶が良くなっているように感じる。

宮代大聖

ついにJ1リーグデビュー!
短い時間でシュートや見せ場はなかったが、悠が戻ってくる前に存在感を見せたいところ。今後の活躍に期待!

鬼木達

アウェイの多摩川クラシコというビッグマッチで完璧に近い内容を引き出した。
内容面はもちろんのことモチベーターとしての能力も高く、リモートマッチという難しい状況でも選手たちの高いモチベーションを引き出している。
4-3-3も試合を重ねるごとに良くなってきている。


「(多摩川)クラシコということで、気持ちの入ったゲームをしようと送り出しました。本当に前半から自分たちらしいアグレッシブな戦いをしてくれたと思います。やはり前半で先制できたことがこういう結果につながったと思いますし、また次のゲームにもつなげていきたいと思っています。」

スポンサーリンク

次節は…

またすぐ試合ですね!

次節は7/11(土)にまたまた中2日、等々力で柏レイソルとの対戦になります!

もうこの試合の見所はジェジエウvsオルンガでしょう!

エイリアンVSプレデター クラスのフィジカルバトルは目が離せません!

そして、この試合から5,000人ですが観客が入っての試合となります。

観客は入りますが、いろいろ制限もあり通常の応援のようなことはできないのでまたどんな雰囲気になるのか気になりますね。

私は引き続きリモーターとしてDAZNで観戦したいと思います!

それでは3連勝に期待ですね!

See you!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました