★★★川崎フロンターレ3年連続タイトル獲得/2019ルヴァン

ついにJリーグが再開!J2・J3再開節の雑感

スポンサーリンク
Jリーグ・代表
この記事は約5分で読めます。

やっと!待ちに待ったJリーグ再開の日がやってきました!

6/27~28でコロナ禍の影響で中断していたJリーグが約4ヶ月の時を経て再開。

まずはJ2の第2節とJ3の開幕戦からの再開となったわけですが、この週末のリモートマッチを観戦して感じたことをとりとめもなく書いていこうと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

リモートマッチ

今節はリモートマッチということで全試合が所謂無観客試合で行われました。

一足先に始まった欧州リーグを見ていあせいもあってか、欧州リーグが再開したときに感じたような違和感を感じることなく見ることはできましたが、欧州リーグを見ていない方は、私がその時感じた寂しいような少し物足りないような、練習試合感があるテンションの上がりきらない試合の感じなど、ある程度の違和感を感じたと思います。

再開したとはいえ、完全に戻ったわけじゃないんだなということを実感させられるような感覚。

それでも再開前にDAZNやスポナビで中継していたトレーニングマッチ(TM)に比べると公式戦だなと感じる部分が随所に見られたのは見るほうとしてはテンションが上がる部分もありましたし、やっぱり再開に対する高揚感のようなものを感じることができました!

スポンサーリンク

ただ、ひとつ残念だなと感じたのはスタジアムの音の反響。

欧州リーグを見ているとショートバスなどそれほど力が加わっていないキックでもスタジアム内の音の反響によってものすごく響き、歓声はなくてもプレーの迫力を引き出す効果があって魅力的だったんですが、今節は特にJ2やJ3のスタジアムだったことも大きいかもしれませんが、そういった迫力を感じることができませんでしたね。

スタジアムの作り的に陸スタで客席も低くいところが多いのは仕方がないんですが、結局それが歓声や応援の迫力にもつながってくるのかなと思い、そういったハード面ではまだまだだなという部分を感じさせられる面もありました。

しかし、甲府なんかはスタンドにスポンサーを大量に並べていて、逆に今しかできない試みをしていて面白いなと感じるところもありましたね!

スポンサーリンク

試合展開

甲府×新潟の3-3や愛媛×徳島の4-3に代表されるように、けっこう大味な試合が多かったですね。

この中断が結果にどういった結果を及ぼすのかというのは大きな注目ポイントだったと思います。

始まる前の個人的な印象としては、だいたいどこのチームも再始動してから1ヶ月ぐらいで、まずはフィジカルコンディションをあげてから戦術的なことを再度落とし込んでいく流れだったと思いますが、守備の部分から作っていくチームが多かったり、試合勘的なところからも堅くロースコアの試合が多いのかなと予想していました。

しかし、蓋を開けてみると複数得点入る試合が非常に多い!

そのあたりの要因として、

  • 試合勘、ゲーム体力
  • 交代枠5人
  • リモートマッチ

こういった観点から得点が増えたのかなと予想しています。

上記二つについては、通常シーズンの終わりから次のシーズン開幕まで長くても2ヶ月程度ですが、今回は約4ヶ月の中断となり、さらにまったく集まれない期間も2ヶ月近くありました。

6月頭に活動再開してもある程度制限された環境で、練習試合なども満足にできない状況でしたので、この再開初戦では試合勘やゲーム体力が戻りきっていなかったのかなと感じました。

スポンサーリンク

また今後の過密日程の関係で交代枠が5枠となっています。

この5枠をどう使うかは試合展開などによっても変わってきますが、普通に考えると攻撃的な交代が多くなる
ことが考えられます。

終盤に元気な選手が前線にいて、方や守備側の選手は試合勘やゲーム体力が不足する中で終盤に足が止まりがちとなったことで、試合終盤に劇的なゴール多く産まれんことになったのかもしれません。

あとは影響あるのかどうかはわかりませんが、リモートマッチということで、どうしても試合環境の面で選手の気持ちやモチベーションというのが最高潮にあがりにくいのはあるのかなと思いました。

どうしても淡々とそのときの流れに沿って失点してしまうというか、淡白というかそういった場面が多く見受けられたように感じます。

ということで、今回は再開初戦ならではの特徴があったのかなと思います。

またこれが過密日程で試合が進んでいくことで今度は違う特徴が出てくると思いますが、今週末に迫ったJ1再開でもある程度同じような特徴は見ることができるんじゃないかなと思っていますので、そのあたり注目してみてみてはいかがでしょうか?

しかし、愛媛の試合はしびれましたね!

ファンとしては生で見たかった試合だったでしょうし、徳島も上福本選手がPKストップも含めてがんばっていただけにそれに周りが答えることができずに、最後自分のミスから失点してしまう姿は残酷だなと感じました。

スポンサーリンク

今年のJ2

今年のJ2はどこが上がるかまったく予想がつかないですね。

昨年は順位予想をすれば柏を昇格圏内に入れない人はいないだろうというぐらい柏の力は抜けていたと思います。

今年はそういった’S’ランクのチームというのはいないですね。

J1から降格してきた松本や磐田、昨年の上位陣などが昇格候補ではあると思いますが、候補の域は出ず、本命といえるまでの力の差は感じません。

なので、今年はプレーオフはありませんが、過密日程ということをふまえるとなにかの拍子に勢いを掴んでしまえば、中堅チームでも一気に昇格までつっぱしっていってしまう可能性もありそうですね。

See you

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました