コロナ禍の変則日程でも4年連続獲るぞタイトル★★★★

Jリーグの対戦カードが判明?毎度お馴染みの意図的リーク!?いつからスタジアムで見れるのか!?

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

6月15日(月)に再開時の対戦カードを発表するとしているJリーグですが、先日再開初戦の対戦カードがリークされていました。

ただ、Jリーグは毎年の対戦カードも公式発表前に必ずリークされます。

非常に有能な村井チェアマンの存在などを考えると情報統制ガバガバってことも考えづらく、個人的には意図的なのかなと思っていたんですが、これってどうなんでしょう?

ただ、今回真偽の程はわかりませんが、1週間も前に抜かれてるのはちょっとまずいかななんて思ったりしてます。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

リークされた対戦カード

早速リークされた対戦カードを見てみましょう!


J1再開カード(※左がホーム)
浦和―横浜
柏―東京
川崎F―鹿島
横浜FC―札幌
湘南―仙台
清水―名古屋
G大阪―C大阪
神戸―広島
大分―鳥栖

 
下記の記事でも書いた通り、対戦カードの決定の方針には以下のようなポリシーがあります。

今後開催される試合の対戦カードは全て組みなおし、感染予防の観点から近隣クラブとの対戦を優先的に実施します。

2020明治安田生命J1リーグ等の再開日が決定!無観客から始まり超過密日程へ!
5月29日に新型コロナウイルスの影響により試合開催を延期している2020明治安田生命Jリーグについて、7月4日(土)からJ1リーグ、6月27日(土)からJ2リーグ、J3リーグを開幕することが発表されました!
スポンサーリンク

個人的には「横浜FC―札幌」、「湘南―仙台」は近隣か?という気がしていますが、概ねありそうなカードではありますね。

川崎ファンの自分としては横浜FMとの神奈川ダービーや多摩川クラシコ再開なんかも期待していましとが、鹿島も痺れる相手ですね!

さて、このリークが本当のものなのかどうか、Jリーグの情報統制どうなのかということも含めて、15日を楽しみにしたいと思います。

また、FC琉球前社長の三上さんもこの情報統制については苦言を呈しています。

このご時世情報統制というのはトップレベルで守られなければならないことの一つで、情報漏洩によって全てを失うこともありますので、ガバガバなのか、意図的なのかはわかりませんが、漏れることをよしとする体質は確かに問題ありですね。

スポンサーリンク

いつから試合が観れるの!?

Jリーグは6月9日にオンラインで行われた実行委員会で政府の指針に従い、7月10日以降は制限付きながら観客を入れて試合を開催する方針としています。

「十分な感染拡大阻止のための準備をした上で、7月10日すぎにお客さまをお招きできるよう申し合わせた」(村井満チェアマン)

政府のガイドラインによると、7月10日から入場者数の上限を5000人、もしくは収容人数の50%以内の少ない方、8月以降は収容50%以内で人数上限は撤廃となる。

Jリーグでは観客間の距離を1メートル以上空ける座席利用の方策を検討中で、8月以降は感染状況の推移を見守りつつ、全クラブに対して収容50%まで観客の入場を許可する方針としています。

スポンサーリンク

J1に限った話で言うと、観客5,000人でもかなりチケット争奪戦になるかなとおもったいます。

平均20,000人以上入るクラブのファンにとっては行きたいのに行けないというモヤモヤを抱える人も多いかもしれませんね。

8月以降も50%までということで、川崎でいえば1万2〜3千人ということになります。

厳しい…

発売日はおそらくJリーグチケットにはつながらないので、どうしても行きたい方はセブンイレブンで待ち構えておいた方がいいかもしれませんね!

私は7月や8月でも今と状況はたいして変わっていないと思うので、しばらくはまだまだ #stayhome でDAZN観戦にしようかなと今のところは考えています。

再開が迫ってきましたが、どうなるでしょうか!?

スポンサーリンク
コロナ禍からJリーグ再開後の(川崎フロンターレ?)展望
明治安田生命J1リーグが7月4日から、J2、J3が6月27日から開催されることが決まりました。 再開されるJリーグ特に川崎フロンターレを中心にその展望を予想してみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました