コロナ禍の変則日程でも4年連続獲るぞタイトル★★★★

【移籍】川崎フロンターレに新加入のジオゴ マテウス選手のプレースタイル、プロフィールは?

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約5分で読めます。

かねてよりTwitter界隈では若干噂になっていたジオゴ マテウス選手が2020/1/11(土)の新体制発表会でサプライズの新加入発表となりました!

最近はふろん太の「約束の時間」というのが契約に関する発表の合図となっており、2020シーズンに向けては新加入や契約更新の発表が遅かったこともあり、キリのいい時間で「約束の時間」待ち望む人が続出する自体となっていました。

そんな事情をおそらく知っていて、新体制発表では司会の「約束の時間」宣言で大いに沸き、サプライズでのLive加入発表と本人の登場が舞台上で行われました!

ずいぶん枠な計らいですね!!

山根一人であとは守田やノボリ、ゼインで回していくのかと不安に駆られた右サイドバックですが、念願の本職補強となりました!

それではジオゴマテウス選手について掘り下げてみましょう!

【移籍】川崎フロンターレに新加入の山根視来(やまねみき)選手のプレースタイル、プロフィールは?
2019/12/25に来季(2020シーズン)の新戦力として山根視来選手が湘南ベルマーレから加入することが発表されました。 山根視来選手についてお届け!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ジオゴ マテウス プロフィール



本名:ジオゴ マテウス デ アルメイダ マシエル
出身:ブラジル サンパウロ州
生年月日:1993年2月13日(26歳)
身長・体重:173cm・67kg
ボジション:DF(右SB)
利き足:右

所属チーム

●ユース

  • 2009年 – 2013年 SCインテルナシオナル

●プロ

  • 2014年 SCインテルナシオナル
    • 2012年 – 2013年 FCポルトB
    • 2013年 – 2014年 ポルティモネンセSC
  • 2015年 – 2017年 ECヴィトーリア
    • 2016年 AAポンチ プレッタ
  • 2017年 クリシューマEC
  • 2018年 – アソシアソン フェロヴィアリア ジ エスポルデス
    • 2018年 CRB
    • 2019年 コリチーバFC
    • 2020年 – 川崎フロンターレ
スポンサーリンク

若き日のダミアンがインテルナシオナルで活躍し、ロンドン五輪で得点王となった時はちょうどインテルナシオナルのBチームでプレーしていたようで、ダミアンとも親交があるようです。

移籍に当たっては当然ダミアンに相談しているでしょうし、遠い国日本での初挑戦で、若いときに所属したチームのエースとして活躍していたスター選手が所属しているチームというのも移籍の後押しになった可能性は高いですね!


「とにかく嬉しいです。ブラジルとは反対の国で自分に注目してもらえたことを嬉しく思います。このチャンスをしっかりと生かしたいと思います。あとは自分の能力やポテンシャルが海外で通用するかを試していきたいです。
 
ダミアンがトップチームで、僕がBチームでした。一緒に練習へ車で行ったり、僕がプロに上がった時は色々なことでサポートしてくれました。」

スポンサーリンク

今季左サイドでは阿部ちゃんが移籍して、昨年の実績を考えると現状では長谷川竜也が左サイドのレギュラー候補となっています。

長谷川竜也とダミアンは非常に合っています。

そして、右には昔からダミアンのことを知っているジオゴが入るということで、左右からダミアンの特徴を活かす攻撃が期待できるのでは、と今から期待しています!

右サイドバックに関しては、エウシーニョという連覇に大きく貢献した絶対的な右サイドバックを失った2019年、バックアッパーの武岡やタッピーも含めて、総入れ替えでマギーニョと馬渡和を獲得しましたが、どちらも定位置確保とはいかず、2020シーズンマギーニョは横浜FCへ、馬渡和は湘南へ共に期限付き移籍となり、またも右サイドバック総入れ替えでシーズンに臨むことになりました。

この選択がどう出るか。

ジオゴは期限付き移籍での加入となりますが、マギーニョを放出してまでまたここに外国籍枠を使ったということは、ジオゴがそれなりの活躍をすれば、マギーニョは片道切符になるというメッセージでもあります。

そういう強いメッセージの元に獲獲得した選手ですので、昨年のジェジェウのときのような驚きを期待したいなと思います!

スポンサーリンク

ジオゴ マテウス プレースタイル


「自分が好きなスタイルのチームだなと思いました。ショートパスで素早くボールを動かすところですね。
 
このチームにはダミアンというエリアの中でプレーできる選手がいます。自分のプレーを生かしてほしい。自分ができることを精一杯やって、彼に良いクロスをできるだけ入れられるようにして、それが結果としてチームの力になればと思います。
 
インテルナシオナルを退団してからも、彼がプレーしているシーンはよく見ていました。彼の特徴は理解しているつもりです。

スポンサーリンク
DIOGO MATEUS – RIGHT WINGBACK – FERROVIARIA – SP – 2019

昨シーズンはコリチーバでリーグ戦29試合に出場と、2部ではありましたが日本でも馴染みの深いチームでレギュラーとして活躍していました。

また、年齢の割りにさまざまなチームでプレーしていることから、それなりに順応性は高いのではないかと期待しています。

川崎が獲得する選手なので性格も真面目でしょうし、昔からの兄貴分のダミアンもいることで、チームには馴染みやすいでしょう。

プレーとしてはこの映像を見る限りではありますが、セットプレーを担当してることもあり、プレースキックの精度、クロスの精度は非常に高そうです。

また、ブラジル人のサイドバックらしく、推進力、ボールを運ぶ能力も高そうですね。

ディフェンス面においてはディフェンスの距離感が非常に良いように感じます。

間合いの詰め方がうまく、シュートブロックなどでも体に当てられる印象です。

スポンサーリンク

と、良さそうなところを並べましたが、この手の映像は良いプレーを切り出したものなのでこれだけ見て判断はできないですね。

これまでも日本のテンポ、その中でも少し特殊な川崎のテンポに慣れるのに時間を要する選手は多く、「止める蹴る」の部分でどこまで早くテンポに慣れるかというのは始まってみないとわからないところはあります。

上のジオゴのコメントを信じて、早期のフィットを期待したいですね!

選手のスタイルとしてはやはり攻撃的なサイドバックだと思いますので、早々に馴染んだ誰かみたいに開幕早々に点でも取れたらまただいぶ違うと思いますが、どうなるでしょうか!?

乞うご期待!

Diogo Mateus ● 2018
スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました