コロナ禍の変則日程でも4年連続獲るぞタイトル★★★★

【新卒】川崎フロンターレに新加入の神谷凱士(かみやかいと)選手のプレースタイル、プロフィールは?

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約4分で読めます。

2019年11月27日、東海学園大学の神谷凱士(かみやかいと)選手の川崎フロンターレへの加入内定が発表されました。

2020の新卒加入内定については既に三苫、旗手、 イサカ、 宮城と大卒高卒合わせて4人も内定が出ている状態で、既に近年ではかなり多い方だったので、このタイミングで新卒の加入内定情報が出たときは、まさかという感じで驚いたというのが実情です。

だいぶ遅くなってしまいましたが、神谷凱士選手について簡単に紹介したいと思います!

三笘薫選手のドリブルは必見!(2020年 川崎フロンターレ内定)
2020年に川崎フロンターレに加入が内定している現在大学3年生の三笘 薫(みとま かおる、筑波大)と旗手 怜央(はたて れお、順天堂大)。 そんな二人についてプロフィールを交えて紹介していきたいと思います。 今回は三笘 薫です。彼のドリブルは必見です。
弾丸ドリブラー旗手怜央!そのプレースタイルは?(2020年 川崎フロンターレ内定)
2020年に川崎フロンターレ加入が内定している旗手怜央。いったいプレースタイルなのでしょうか? 大学サッカーではもちろんのこと、アジア大会など 世代別の代表でも存在感を発揮してきており、東京オリンピックの出場の期待もかかる旗手怜央を紹介します。
【新卒】川崎フロンターレに新加入のイサカ ゼイン選手のプレースタイル、プロフィールは?(2020年 川崎フロンターレ内定)
2019/4/25に来季(2020シーズン)の新卒の新加入としてイサカ ゼイン選手が桐蔭横浜大から加入することが発表されました。 三笘薫選手、旗手怜央選手に続く2020シーズンの新卒新加入選手となります。 イサカゼイン選手とはどんな選手なんでしょうか!?

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

神谷凱士 プロフィール


出典:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?293130-293130-fl


本名:神谷 凱士(かみや かいと)
出身:愛知県西尾市
生年月日:1997年6月16日(22歳)
身長,体重:182cm・76kg
ポジション:DF(CB,左SB),MF(ボランチ)
利き足:左

所属チーム

●ユース

  • FC西尾(ジュニア)
  • ホペイロメ刈谷(ジュニアユース)
  • 2013年- 2015年 東海学園高校
  • 2016年- 2019年 東海学園大学

●プロ

  • 2020年- 川崎フロンターレ

タイトル、代表等

  • 代表
    • 東海選抜(デンソーカップサッカー(2019年))
  • タイトル
    • デンソーカップサッカー・ベストイレブン(2019年)

 

スポンサーリンク

全国的には非常に無名の選手で、大学も東海リーグですし、全日本大学選抜などに選ばれることもありませんでしたが、東海選抜として参加した2019デンソーチャレンジでベストイレブンに選ばれ、ここで強烈なインパクトを残したことでその後の人生が大きく変わりました。

その中で鳥栖や京都からも話があったようですが、10月に川崎の練習に参加をしてそのままオファーとなり入団が決まったようです。

ただ、新体制発表会では高校時代から注目していたという向島スカウトの話もありましたし、元川崎番記者の竹中玲央奈氏はずっと注目していた選手ということで、 知る人ぞ知る選手といったところでしょうか。

東海リーグといえば知念が愛知学院大でしたが、川崎スカウト陣は東海リーグにもしっかり網をはっているようですね。

獲得の経緯としてはわかりませんが、新卒の選手の加入としてはかなり遅いほうだと思っていて、これは既に鹿島へ移籍が発表された奈良ちゃんが秋頃の段階で契約更新をしない旨を伝えたことから方針転換して獲得に向かったのではないかなと想像しています。

2020シーズンは基本的には彰悟、ジェジェウ、山村の3枚が基本となると思いますが、ルヴァン予選などで出場機会を得られるかがポイントとなりそうですね。

スポンサーリンク

神谷凱士 プレースタイル

メインのポジションはセンターバックで、左SBやボランチもこなせる左利きの選手になります。

近年、東海学園大は風間監督時代の名古屋へ進む選手が多くいたように、東海学園高、東海学園大と非常に足元の技術を大事に育成している学校になります。

神谷選手に関しても、その技術と左足の精度は非常に高いものがあるとのことです。


「特徴は左足のロングパスやビルドアップ です。
小さい頃から左足一本でここまできたので、そこに注目してもらいたいのと、右足は小学生よりも蹴れないのでそこにも注目してほしいかなと思います。」

スポンサーリンク

東海学園ではプレースキックも担当するほど、左足のキックには自信があるということです。

プレーとしては本人も語る通り、その精度の高い左足のフィード能力をいかしたビルドアップやロングフィードで、一発でチャンスを作るプレーを得意としています。

神谷選手は双子で同じく東海学園大に双子の弟の椋士(りょうと)選手とプレーしていましたが、スピードのあるFW椋士選手の裏へのロングフィードなどを武器としていたようです。

左利きのCBは貴重で、そこからのロングフィードというのは大きな武器となりますので、その持ち味を発揮してほしいなと思っています。

かなり足元の技術は高いみたいなので、技術的な部分は非常に期待が持てるところですが、CBとしての守備面でフィジカルやスピードの部分でJ1の強力なアタッカー陣に対して、ドウグラスやジョーのフィジカルだったり、エリキ、仲川のスピードなんかに対抗できるのか、というのは注目すべきポイントかなと思っています。

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました