コロナ禍の変則日程でも4年連続獲るぞタイトル★★★★

【採点】12/14 EAFF E-1サッカー選手権 日本 5-0 香港

スポンサーリンク
Jリーグ・代表
この記事は約4分で読めます。

2019/12/14(土)EAFF E-1サッカー選手権 日本代表×香港代表@釜山九徳スタジアムが行われました。

初戦の中国戦からは全員を変更して臨んだ日本ですが、格下の香港相手に5-0で勝利となりました!

流石にこのメンバーでも格の違いを見せつける形となりましたね!

僚太と碧がダブルボランチで出るなど、川崎ファンとしてはやっと見所があった試合です!

それでは日本代表の採点になります。


「まずはこのE-1選手権、一戦一戦を戦う中で勝利を目指そうということで、今日の香港戦も勝利するために選手たちが最善の準備をしてくれて、勝利をもぎ取ってくれたことが良かった。またスタジアムで応援してくださったサポーター、メディアを通して応援してくださったサポーターに勝利を届けられて良かった。内容的には相手との力の差があった中での勝利だったと思うが、相手という話ではなく選手たちがチャレンジ精神を持って個の良さを出す、チームとして機能するということを実行してくれたことが良かった」(森保監督)

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

選手監督採点

スタメン

※基準点=6.0

大迫敬介 6.0
特に見せ場はなしで、無難に対象。
余裕があるゆえGKとしては評価しづらい試合。

渡辺剛 6.0
相手のプレッシャーが緩かったこともあり、ディフェンス面もビルドアップ なども余裕を持って行っていた。

田中駿汰 6.5
相手の帰化選手とのマッチアップでも特に問題にせず、能力の高さの一端は示した。
途中からボランチとなったが、個人的にはCBの方が合ってる印象だが、もっとフィジカル能力が高い相手と当たったときにどうなるか。

スポンサーリンク

古賀太陽 6.0
無難にこなしていたが、悪い意味でも無難で特に目立つこともなく。

相馬勇紀 7.0
右WBに入り、得意のドリブルで右サイドを切り裂き脅威となり続けた。

大島僚太 6.5
僚太の力を持ってすれば普通のパフォーマンスだったが、中盤で捌いてリズムを作るだけでなく、ミドルレンジのスルーパスでチャンスを演出し続けた。

スポンサーリンク

田中 碧 6.0(67分OUT)
僚太とのコンビでやりやすかったと思うが、守備面では気を利かせて問題なし。
ただ、攻撃面では物足りなさも。

菅大輝 6.5
川崎ファンとしてはルヴァンカップの先制点思い出させられるような豪快なボレーで先制点をゲット。
序盤の豪快なゴールで前半の一方的な流れを作った。
高い位置に顔を出し続けて、相手の脅威となった。

仲川輝人 6.0
この日はシャドーでの先発となったため、得意なポジションよりは中でのプレーを余儀なくされた。
ただ、仲川がうまく相手を引っ張ったことで、相馬が1対1で気持ちよく勝負できていた。

スポンサーリンク

田川亨介 6.5
僚太の左CKから背中でゴールをゲット!
前線で走り回り攻守に貢献した。

小川航基 8.0(84分OUT)MOM
平山相太以来史上3人目の代表デビュー戦でのハットトリックを達成!
今季水戸で取り戻した得点感覚が冴え渡った。
五輪のエースはオレだと言わんばかりの活躍!

スポンサーリンク

【途中出場】
畠中槙之輔 6.0(67分IN)
守備面で特に問題となることもなく、ビルドアップ 能力の高さを示した。

上田綺世 -(84分IN)
交代直後のヘディングを決めたかった!
※出場時間短く採点なし

※MOM = Man Of the Match

スポンサーリンク

森保一 5.0
メンバーを見ても東京五輪世代の強化と気になるとA代表選手のチェックという観点があると思うが、隠した相手に余裕の試合展開にもかかわらず、交代枠を余らせるという謎采配を見せる。

勝つのは当然として仲川の使い方も含めて選手の活かし方なども含めて疑問は残る。

スポンサーリンク

次回の代表戦

次回は2019年12月18日(水)19:30Kick Off で韓国と対戦します。

韓国も連勝しており、最終節は優勝決定戦となります!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました