☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

川崎フロンターレ 2019 ルヴァンカップ準決勝第1戦 鹿島アントラーズ戦@等々力 プレビュー

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約11分で読めます。

10/9(水)はルヴァンカップ準決勝 第1戦 鹿島アントラーズがホーム 等々力で行われます!

リーグ戦は正直かなり厳しくなってしまっているので、実質的に最もタイトルの可能性がある唯一の大会となります!

あと3つ勝てば優勝!

ナビスコカップ時代から何度も辛酸を嘗めてきたこの大会、鹿島に勝ってまずは決勝の舞台へ!

リーグ戦前節の湘南ベルマーレからは中2日となりますが、それは相手も同じ!

川崎は 5-0で快勝 していい流れで臨めますね!

試合の模様は下記の記事をご覧ください。

それでは2019 ルヴァンカップ準決勝 第1戦 鹿島アントラーズのプレビューです。

第28節 湘南ベルマーレ

第27節 ヴィッセル神戸

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

現在の状況をおさらい

川崎フロンターレ鹿島アントラーズもACLに出場していたため、ルヴァンカップは準々決勝からの出場となりました。

川崎は準々決勝は名古屋と対戦し、2試合合計4-2で勝利しました。

試合の様子はこちらから

 
一方、鹿島は準々決勝は浦和と対戦し、2試合合計5-4で勝利しています。

今季のルヴァンカップは準々決勝からVARが導入されています!

お互いそれぞれVARで話題となるシーンもあり、なかなか面白かったですね!

2019/9/4 ルヴァンカップ 準々決勝 川崎×名古屋 VAR介入!
2019 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 名古屋グランパス×川崎フロンターレ ハイライト
【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ビデオアシスタントレフェリー特集!

2020シーズンからJ1全試合での導入も決まったVARですが、今季もルヴァンカッププライムステージでは導入され、この試合でもVARが入りますので、勉強のために下記もご覧ください!

どういった時にVARが介入するのかしないのかわかっているとより観戦も楽しくなりますし、現地でVARが介入した際も状況がわかるようになりますよ!

 
簡単にリーグ戦の両チームの状況もおさらいします。

前節 第28節を終えての状況です。

まず、川崎フロンターレですが、前節はアウェイで湘南ベルマーレと対戦し、5-0 で快勝 となりました!

現在28試合を終えて、12勝11分5敗 勝ち点47 得点46 失点26 得失点差20 で、首位鹿島と勝ち点8ポイント差4位となっており、前節からひとつ順位を上げています。
 
対して鹿島アントラーズですが、前節はアウェイでC大阪と対戦し、1-0 で勝利 しています。

現在28試合を終えて、16勝7分5敗 勝ち点55 得点50 失点24 得失点差26 で、前節終了時に今季初めて首位に立ちました。

前日のFC東京の結果を受けて、首位に立てる試合で怪我人続出の中、試合内容もよくないけど、序盤のセットプレーの得点を守り切り勝ち切る、勝負強い鹿島らしいと言える試合でしたね。

 
現在の順位表を確認したい人は以下をクリック!




J1順位表
順位 チーム 試合 勝点 得点 失点 得失差
第28節終了時点
1 鹿島 28 55 16 7 5 50 24 26
2 F東京 28 53 16 5 7 38 23 15
3 横浜M 28 52 16 4 8 51 33 18
4 川崎 28 47 12 11 5 46 26 20
5 広島 28 47 13 8 7 40 24 16
6 C大阪 28 46 14 4 10 32 22 10
7 札幌 28 40 11 7 10 45 40 5
8 大分 28 40 10 10 8 31 27 4
9 神戸 28 35 10 5 13 50 51 -1
10 浦和 28 35 9 8 11 30 41 -11
11 清水 28 35 10 5 13 40 60 -20
12 G大阪 28 34 8 10 10 39 41 -2
13 名古屋 28 33 8 9 11 41 42 -1
14 仙台 28 32 9 5 14 32 40 -8
15 湘南 28 31 9 4 15 36 54 -18
16 鳥栖 28 31 9 4 15 28 46 -18
17 松本 28 28 6 10 12 17 31 -14
18 磐田 28 21 5 6 17 20 41 -21
スポンサーリンク

しかし、現状トップ3は勝ち点3差の中に3チームと今季もJリーグは優勝争いは最終節までもつれそうな様相を呈していますね!

川崎目線でいうと、一般的に逆転可能と言われる「勝ち点差=残り試合数」について、現在残り6試合で首位と8ポイント差となり、全勝しても65ポイントまでしか伸びず、鹿島はその勝ち点を3勝1分2敗でクリアできるので、まぁかなりリーグのタイトルに関してはかなり厳しい状況となっています。

なんとなく優勝ラインは勝ち点68ぐらいになりそうですね。

ということで、このルヴァンカップがタイトル獲得に向けては大事になってきます!

ほぼ唯一のタイトルと言ってもいい状況なので、ルヴァンカップにフルコミットしてほしいですし、このホームでの第1戦は本当に重要になってきますね!

スポンサーリンク

サッカー観戦グッズの紹介

今回はこちら。

昼間もだいぶ過ごしやすい気候となり、陽が落ちると冷たい風も吹く秋の装いとなってきました。

昼間はまだ半袖や薄手の格好でも気持ち良く過ごせますが、陽が落ちてくるとかなり肌寒くなってきましたね。

そんな時、こちらをバッグに忍ばせておいてはいかがでしょうか?

サッカー観戦の場合、ナイトゲームの場合でも昼間の暑い時間帯に家を出て、入場待ち、席確保、試合までの時間と暑い中外で過ごしつつ、試合の時間になると、汗をかいた体に冷たい風が当たり寒く感じたり、寒暖差で体調を崩してしまうことがあります。

夕方開始の試合でも試合が終わる頃には同じですね!

デザイン的にファッション性にも優れ、急な雨などにも水を弾いてくれる素材で対応できます!

これからの季節、そして冬でも使えるアイテムです!

 

スタメン予想(希望)

川崎フロンターレ


 
SUB:ソンリョン、山村、馬渡、脇坂、長谷川、悠、知念
 
天皇杯でGKを変えて失敗しているので、GKは新井のまま。

DFラインも湘南戦のセットそのままの起用としています。

もう試合数もそう多くはないので、固定して連携強化したほうがいいでしょう。

右サイドバックも守田固定で。

変更を入れるとするなら奈良ちゃんかジェジエウが復帰する時ですね。

ボランチについては碧がU-22日本代表のブラジル遠征のメンバーに選出されているため出場できません。

U-22日本代表 2019年10月ブラジル遠征メンバー
今回はブラジル遠征に臨むU-22日本代表メンバーの紹介です。

そのため、21歳以下の選手の出場義務もなくなっています。

守田右サイドバック、碧が不在ということで、ボランチが足りなくなりますが、ここで大島僚太の復帰と予想!

先週の段階で全体練習に完全合流しているとの情報は入っていました。

7/7の七夕の第18節 鳥栖戦で負傷し、
※話題になった「大島僚太を返せ!」

復帰戦となる予定だった8月10日(土)J1 第22節 名古屋戦のアップ中に負傷して再離脱となり、計約3ヶ月の離脱となりましたが、この大一番で復帰となるでしょうか。

特にホームの試合で相手のブロックの外でボールを回し続けている光景を何試合も見た時に「僚太がいれば…」と思った方も少なくないでしょう。

ということで、ボランチに僚太がかえってきてくれればこの大一番に向けて非常に心強いですね!

守田も安心して右サイドバックに専念できますね!

中盤2列目は湘南戦と同じセットと予想しました。

非常に合ってましたし、3人とも調子が良さそうだったのと、憲剛、家長は早い時間に交代してこの試合に備えた印象も強かったですからね。

特に家長は等々力の鹿島戦では活躍している印象が強いですからね!

期待したいです!

FWは迷いましたが、ダミアンとしました。

そのまま悠で前線のセットはそのままという可能性も高いと思いますが、個人的にカップ戦初タイトルを獲るにはダミアンの力が必要だと思っているので、ダミアン先発と予想しました!

やはりダミアンの決定率高いですからね!
なかなかまとまった出場機会を与えてもらえませんが、素晴らしいキャリアがありながらも、こういった状況でも真摯な姿勢でファンからは絶大な人気を誇りますし、高い決定力で長い時間出れば結果を残してくれると思います!
ということで、ダミアンに期待しています!

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ


 
三竿とレオ シルバのボランチコンビが負傷離脱、町田浩樹がU-22日本代表に招集されているため出場不可となります。

左サイドバックは町田が不在なので小池が入ると予想。

ボランチの台所事情は厳しいですが、右サイドバックでの出場が多かった永木とリーグ戦では少しの出場となった名古のスタメンと予想しています。

前線は左に白崎凌兵、右にセルジーニョが入って土居聖真と上田綺世か伊藤翔のどちらかになってくるのではないかなと思っています。

スポンサーリンク

試合展開とキープレーヤー

鹿島で注意したいプレーヤーはやっぱりセルジーニョですね。

ここまでリーグ戦では11得点で派手さはありませんが、シュート技術、精度が非常高く、左足のシュートは要注意です!

綺麗なミドルやボレーなんかの得点が多いですね!

また純粋なサイドの選手ではなくFWもトップ下もこなせるような選手なので、中に入ってきて仕事もするので、ノボリ、車屋、ボランチでしっかり捕まえてケアしたいところです。

鹿島は主力ボランチ2枚がいないことで中盤で試合を支配するというところが少し難しくなっています。

リーグ戦前節のC大阪戦でもそうでしたが、そういったことができなくても勝ち切る勝負強さ、耐えてセットプレー一発で勝ち切る強さというのがチームのDNAとして刻まれています。

そういった一発を持っているチームなので、試合を優勢に進めていたとしても一瞬の隙でやられないように気をつけなければいけませんね。

スポンサーリンク

川崎としてはしっかりとボールを保持しつつ、前節の湘南戦のように縦方向に相手の間を通して中央やハーフスペースのところを崩していきたいところですね。

湘南戦のようにワンタッチ、ツータッチで悩む時間なくテンポよくボールを回せれば鹿島といえどもついてくることはできないと思いますので、このいい感触をこの試合でも出していきたいですね。
湘南戦の2点目や3点目のように相手の間をとって、ペナルティ幅の中で崩しきれるか注目していきたいです!

守備面ですが、ルヴァンカップはなんといってもアウェイゴールを与えないことが重要になります。

今季はホームでなかなか良い試合ができずに、カウンターやセットプレーからあっさり失点してしまう試合が非常に多いです。

鹿島はまさにそういったところをイラやしくついてくるチームです。

終盤に向けて守田、彰悟、車屋、ノボリというDFラインで固まってきたのかなという印象で、連携含めて無失点!といきましょう!

スポンサーリンク

注目選手

この試合の川崎フロンターレの注目選手は家長昭博です!
湘南戦のレビューでも書きましたが、湘南戦では家長復活か!と思えるようなプレーが随所に見られました。

MVPを獲得した昨季に見せていた、グンッと前に出る推進力の高いドリブルからのアシストが出たので、今年はなかなか得点に直結するプレーをできていませんが、この大一番で見せてくれるんじゃないかと思います!

スポンサーリンク

イベントなど

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました