★★★川崎フロンターレ3年連続タイトル獲得/2019ルヴァン

ホリエモンの「多動力」って子育てに役立つ。

スポンサーリンク
雑記
この記事は約4分で読めます。

ちょっと前に話題になっていた、ホリエモンの「多動力」を今更ながら読んでみた。

読んだきっかけとしは、Amazonプライム会員の無料の対象になっていたからで、それなら話題になった作品でもあるので、読んでみようかと思ったからです。

「多動力」が読めるAmazon Prime会員は下記から。

Amazon Prime の加入はこちらから

実際読み始めるとボリュームもそんなにないので、2時間ぐらいで全部読めてしまいました。

内容は色々なところで詳しく書かれている記事などもあり、特に細かい内容には触れませんが、感じたことを書いてみました。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

普通の人は実践できない

まず、この本はごくごく一般的に生きている人が、これらを実践するのはまず無理という無茶な内容!

一部分だけ実践することで、なんらか変えていくということもできますが、今自分が持っているものを全て捨てないと、ここに書かれている内容を全て実践するのは不可能です。

家庭を持っている人はまず無理だし、会社員は一旦辞めるなどしないと実践はでいないと思います。

実は子育てに通じる!?

そんな中で、読んでみて思ったことがありました。

それは、子育てに通じるのではないかということ。

自分には子供がいるんですが、子育てしていく上で、子供にどのようなことを伝えていくべきかということを強く感じました。

自分もそうですが、今小さなお子さんがいる方については、今後、子供達が大人になる頃、10年後、20年後という時代について不安はありませんか?

自分は少し不安に思っていて、それは今と明らかに違う時代が待っているからです。

自分たちが大人になる過程では、基本的に大多数の方は特に考えもなしに中学〜高校〜大学といって、就職してという流れに乗ってきて、とりあえず、大学に行きなさい、なるべく大手に就職しなさい、公務員になりなさい、というようなことを言われてきた人が多いと思います。

そして今のところそれでもなんとかなってきた時代でもありました。

しかし、これからの時代は明らかに違いますね!

これまでの日本というのはバランス良く、何かに突き抜けるのではなく、全部それなりにできるようになる、というバランス型の人間を育てる教育でした。

しかし、これからの時代はより突き抜けていくということが大切になってくると思っています。

技術の進歩により、今後はできることはAIなど、人ではないものに任せる時代になっていきます。

そうなった時に、何もできないのでは困ってしまいます。

この本にはそうならないためのノウハウが詰まっている本で、自分には実践しきれない、という人でも、少なくとも子供には将来たくましく生きていく力をつけてほしい、世間がバランス型の人間に持って行こうとしても、将来突き抜けられるようなマインドを身につけてほしい。

そんなマインドを醸成するためのノウハウが詰まっているなと感じました。

親になってみると、自分ではあまり意識していなくても色々なところで、〇〇するな、〇〇やめなさい、などと言ってしまうことが多くあると思います。

自分の子供が興味を持ったことをそういう親のエゴや勝手な思い込みなどで潰してしまわないように、子供が興味を持ったらとことんやらせてやる、さらにはもっとのめり込めるような環境を作ってあげることが大切だなと感じさせられる本でした。

個人的には「バカ真面目の洗脳を解け」と「サルのようにハマり、鳩のように飽きよ」という章が印象に残っていますね。
親としてのどう行動するのがいいのか、子供をどのように成長させてあげるのがいいのか、ということのヒントがあるなと感じました。

スポンサーリンク

最後に

本来の目的とは違う捉え方だと思います。

本来は自分が変わるためにどんなことを考えなければいけないのか、どんなら行動を取るべきなのか、ということについて書かれているものだと思いますが、子供を持つ親が読んでみだときに感じたことを書いてみました。

自分が「普通」だと思う人には刺激があっていいなと思います。

さくっと読める本ですので、親御さんでも読んでみると子育ての目線など変わるかもしれませんよ!

一応、自分がブログをやってみようと思うきっかけになった本でもあります。

皆さん一度読んでみたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] ホリエモンの「多動力」って子育てに役立つ。 […]

タイトルとURLをコピーしました