☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

今度はVARでゴール取り消しもカップ戦初タイトルへ好発進!… 2019 YBCルヴァンカップ 準々決勝 2ndレグ名古屋グランパス×川崎フロンターレ

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約9分で読めます。

9/8(日)は台風の影響も懸念され、東海道新幹線の終電が早まるなど、アウェイの川崎フロンターレのサポーターにとっては日曜日開催ということもあり、翌日の仕事への影響なども考えると非常に過酷な観戦環境となりました。

2019 YBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 名古屋グランパス×川崎フロンターレ

第1戦の状況はこちら。

プレビューはこちら。

ルヴァンカップについてはこちらから。

ハイライトはこちらから。

【ハイライト】名古屋グランパス×川崎フロンターレ「2019JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第2戦」

第2戦の結果は2-2のドローも、2試合合計4-2でベスト4進出を決めました!

まぁ、スカパーも契約してないですし、現地にも行ってないんで試合見れてないんですけどね。

結果と状況だけお伝えします!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

2019 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 名古屋×川崎 スターティングメンバー

まずはスタメンです。

スターティングメンバー
川崎F 名古屋
GK 新井章太 GK 武田洋平
DF 馬渡和彰 DF 宮原和也
山村和也 中谷進之介
谷口彰悟 丸山祐市
車屋紳太郎 成瀬竣平
MF 守田英正 MF 前田直輝
下田北斗 エドゥアルド ネット
脇坂泰斗 ジョアン シミッチ
家長昭博 和泉竜司
阿部浩之 FW ガブリエル シャビエル
FW 小林悠 ジョー

 
○交代
【川崎フロンターレ】
65分 脇坂泰斗→長谷川竜也
74分 小林悠→レアンドロ ダミアン
86分 阿部浩之→三笘薫
 
【名古屋グランパス】
57分 成瀬竣平→長谷川アーリアジャスール
69分 前田直輝→太田宏介
82分 エドゥアルド ネット→榎本大輝
 
三笘薫が公式戦デビューを飾りました!

スポンサーリンク

2019 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 名古屋×川崎 スタメンのポイント

川崎フロンターレ

川崎は前線のメンバーを少しいじってきましたね。

第1戦で良いパフォーマンスをしていた、知念やダミアン、長谷川に変えて、家長、阿部、小林を起用してきました。

第1戦ではメンバーの特性なども考慮してから、中距離のボールを使った裏への狙いなどが明確になっていましたが、この試合では2点リードしていることも考慮して、もう少しボールを握るためのメンバーのようにも感じますね。

名古屋グランパス

21歳以下の選手は成瀬選手となりました。

成瀬選手が左サイドバックに入り、予想とは左右が逆でしたが、そのほかは予想通りでしたね。

本来サイドハーフの選手ということで、半信半疑ではありましたが、起用してきましたね。

ただ、不動の宮原選手ではなく、吉田選手不在の左での起用となりました。

スポンサーリンク

2019 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 川崎×名古屋 スタッツ

【得点】
川崎 vs 名古屋
前半 0-0
後半 2-2
合計 2-2
(AGS:4-2)
■得点者
【川崎】
53分 下田北斗
81分 レアンドロ ダミアン
 
【名古屋】
73分 長谷川アーリアジャスール
89分 ジョー
 
試合会場:パロマ瑞穂スタジアム
観客数:11,587人
気温:33.0℃
湿度:42%
主審:松尾一
 
川崎:名古屋

シュート(枠内) 11:8

FK 13:10
CK 6:6

スポンサーリンク

2019 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 川崎×名古屋 勝負を分けたポイントは?

北斗とダミアンの強みが凝縮されたゴール!

この試合の北斗とダミアンのゴールはそれぞれ二人の強みを凝縮したような得点でしたね!

2019 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 名古屋グランパス×川崎フロンターレ ハイライト

まずは北斗のゴール。
(上記動画 2:02あたりから)

北斗の大きな特徴のひとつにキックの精度があります!

出場している時はプレースキックも任されていますね。

北斗のキックの特徴としては、カーブをかけつつも低くて早いボールを蹴れること。

大きくカーブをかけた場合、どうしても山なりでボールスピードがでない場合も多いのですが、北斗はカーブをかけつつも早いボールを蹴ることができるのはキックの特徴として大きな強みだと思っています。

このゴールでは、ゴール正面やや左の25〜30m程の位置からカーブをかけてゴール右上に突き刺しています。

この距離だと曲げて落とすだけでは不十分で、ボールスピードがないと入りませんから、北斗の真骨頂が出たと言ってもいいと思います!
 
 
 
続いてダミアンのゴール。
(上記動画 3:00あたりから)

ダミアンの特徴といえば、やはりその圧倒的なフィジカルですね。

ダミアンを獲得した狙いとして、負けを引き分けに、引き分けを勝ちにするために、パワーでゴールをこじ開けるためのピースとして獲得されました。

まさにゴール前でのフィジカルバトルを制して、相手CBの上から叩きつけるヘディング!

ダミアンに期待したもの、そのままの得点と言えますね!

この試合の2ゴールは得点者の特徴が良く現れたゴールでしたね!

スポンサーリンク

オフサイドディレイ

この試合ではVARによってゴールが取り消しとなる場面がありました。
(上記動画 0:34あたりから)

前半11分、阿部ちゃんのスルーパスで抜け出した悠が右足でゴールネットを揺らします。

 しかし、ここでVARの介入が入り、得点直前の場面ではなく、15秒ほど前の一連の流れの中のプレーでオフサイドが適用され、得点直前のプレーはオンサイドでしたが、ゴール取り消しとなりました。

ちなみに、こういった判断をオフサイド ディレイといい、オフサイドと判断したが念のため、アウトプレーになるまで判断をディレイ(遅らせる)ことを言います。

VARが入ることで、こういった事象も増え、現地で見ているとどこでVARの判定対象となったのかわからないということも増えてきそうですね。

こういったことに観客が慣れてくる、というのもVARの定着には必要なんだろうなと思います。

スポンサーリンク

三笘薫公式戦デビュー!

このルヴァンカップ準々決勝で2試合ともベンチ入りした三笘。

来季から正式に加入し、現在は特別指定選手という扱いですが、実力は大学でも別格、即戦力との見方が強いです!

現状、この、夏の移籍でメンバーが減ったり、怪我人なども考えると使える選手が他にいないような状況ではありましたが、川崎アカデミー出身で、川崎の未来がいち早く公式戦デビューを飾ったのは嬉しいですね!

さらに、来季はユニバーシアードで10番でキャプテンの旗手怜央、イサカ ゼインといった大卒プレーヤーが加入します。

特に三笘、旗手に関しては来季開幕スタメンもありうる即戦力です。

来季に先駆けて鹿島に加入した同級生の上田綺世選手がすでに活躍していますし、来季の世代交代も含めて、注目ですね!

三笘薫選手のドリブルは必見!(2020年 川崎フロンターレ内定)
2020年に川崎フロンターレに加入が内定している現在大学3年生の三笘 薫(みとま かおる、筑波大)と旗手 怜央(はたて れお、順天堂大)。 そんな二人についてプロフィールを交えて紹介していきたいと思います。 今回は三笘 薫です。彼のドリブルは必見です。
弾丸ドリブラー旗手怜央!そのプレースタイルは?(2020年 川崎フロンターレ内定)
2020年に川崎フロンターレ加入が内定している旗手怜央。いったいプレースタイルなのでしょうか? 大学サッカーではもちろんのこと、アジア大会など 世代別の代表でも存在感を発揮してきており、東京オリンピックの出場の期待もかかる旗手怜央を紹介します。
【新卒】川崎フロンターレに新加入のイサカ ゼイン選手のプレースタイル、プロフィールは?(2020年 川崎フロンターレ内定)
2019/4/25に来季(2020シーズン)の新卒の新加入としてイサカ ゼイン選手が桐蔭横浜大から加入することが発表されました。 三笘薫選手、旗手怜央選手に続く2020シーズンの新卒新加入選手となります。 イサカゼイン選手とはどんな選手なんでしょうか!?
スポンサーリンク

さて次は?

さて、次の準決勝は鹿島との対戦となりました。

第1戦 10/9(水)19:00@等々力
 
第2戦 10/13(日)15:00@カシマ
 
となっています。

鹿島を倒して決勝の舞台へ!


JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝
ホーム キックオフ
会場
アウェイ
JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦(9/4)
札幌 19:00
札幌厚別
3-2
広島
G大阪 19:00
パナスタ
1-0
FC東京
川崎 19:00
等々力
2-0
名古屋
浦和 19:30
埼玉
2-3
鹿島
JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦(9/8)
FC東京 18:00
NACK
2-1
(AGS:2-2)
※アウェイゴールによりG大阪
G大阪
名古屋 18:00
パロ瑞穂
2-2
(AGS:2-4)
川崎
鹿島 18:30
カシマ
2-2
(AGS:5-4)
浦和
広島 19:00
Eスタ
1-1
(AGS:3-4)
札幌
スポンサーリンク

最後に

ルヴァンカップ準々決勝前のチーム状況から考えて突破は厳しいかもしれないと考える人も多かったと思いますが、見事ベスト4進出を果たしました!

今季はすでにリーグ戦は厳しくなってしまいましたので、ここから10月末のルヴァンカップ決勝まで調子を上げつつまずはルヴァンカップの初タイトル、期待したいと思います!

さて、リーグ戦次節はホームでジュビロ磐田と対戦になります。

優勝は厳しくなったとはいえ、ひとつでも上の順位でのフィニッシュ、ACLなども考え、さらには今季ホームでいまだ3勝しかできていない事実を考えると、やはり負けることは許されないですね!

そして、次のジュビロは現在最下位。

もう引き分けも許されないです!

何より、リーグ戦でちゃんとホームで勝ち切る試合が見たいんだ!

頼むぜー!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました