☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

川崎フロンターレ 2019 天皇杯3回戦 ファジアーノ岡山戦@Cスタ プレビュー

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約7分で読めます。

8/14(水)は天皇杯3回戦 ファジアーノ岡山@シティライトスタジアムです!

またまたミッドウィークに中3日での試合となります。

チーム状態が良くない上に中3日とちょっと嫌な状況ですが、カップ戦も含めてまだまだタイトルを狙っているので、そんなことは言ってられません。

最近の試合模様はこちらから。

松田直樹さんの命日に終わらないホームのドロー… 2019 J1第21節 川崎フロンターレ×松本山雅FC
2019 J1第21節 川崎フロンターレ×松本山雅FCのレビューです。 前節アウェイ連勝が途切れる中、酷暑の中3日3連戦最後の試合です!
16試合ぶりの敗戦… 2019 J1第16節 サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ(ACLによる未消化分)
2019 J1第16節 サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ ACLの関係で未消化だった試合のレビューです。 アウェイ7連勝中だが、中3日で酷暑の中の試合と厳しいコンディションの中で勝ちをつかめるか!?
約3ヶ月ぶりのホーム勝利… 2019 J1第20節 川崎フロンターレ×大分トリニータ 市制記念試合
2019 J1第20節 川崎フロンターレ×大分トリニータ 市制記念試合のレビューです。 ホーム4試合連続ドロー中、ホーム10戦中7戦ドローとスッキリしない試合が続く中、多摩川クラシコ、チェルシー戦の勝利の勢いそのままに勝利できるか!?

この試合は一応ホーム扱いになると思いますが、試合会場は岡山のホームシティライトスタジアムです。

ミッドウィークに岡山遠征、そして週末は仙台遠征も控えていますので、なかなかチームを立て直すことができませんね…

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

現在の状況をおさらい

天皇杯は2回戦からの登場で、2回戦は7/3に明治大学と対戦しました。

辛勝、各地でジャイキリ乱発… 2019 天皇杯2回戦川崎フロンターレ×明治大学
2019 天皇杯2回戦川崎フロンターレ×明治大学についての観戦記、考察です。

ある程度メンバー構成は変えて臨んだ試合でしたが、車屋、阿部ちゃん、碧、学、ダミアン、知念と主力級の選手も多く出場した試合でした。

そんな中で、関東大学リーグ1部首位を走る明治大学に大苦戦。

オウンゴールの1点に終盤には決定的なチャンスも作られるなど、攻守にかみ合わず、1-0の勝利で勝ち上がりとなりました。

この2回戦昨年もソニー仙台に苦戦したりと、対アマチュアであってもやはりターンオーバーによる連携、普段戦っていない相手のためにスカウティングや対策などの面、相手のモチベーション、といったことから難しくなることは往々にしてあります。

また各地でジャイキリが起きていることからもその傾向は確かだと言えます。

そんな中で、内容は別にして勝ち上がったという事実はやはり大きいですね。

タイトル狙う上では良くないながらも粘り強く勝つ、運を味方につけるようなことも必要だと思います。

スポンサーリンク

リーグ戦では第22節リーグ戦で10試合勝ちがなかった名古屋相手にアウェイで0-3と完敗。

攻守にいいところがなく、さらには彰悟がプロ初の退場となるなど今シーズンワーストのゲームで敗戦となり、ここ3試合で0勝1分2敗と暑くなってきてから勝てない状況が続いています。

この敗戦で首位FC東京と勝ち点差9の3位となりました。
(2位鹿島とは勝ち点差2)

リーグ戦はここ2試合無得点、アウェイでは2試合連続3失点と近年でも最も悪い時期と言えるでしょう。

残り12試合で勝ち点差9は正直かなり厳しい。

でも…

残り12試合、私も悠と同じ気持ちです。

リーグ戦もそうですが、今回は天皇杯。

川崎フロンターレがまだ手が届かないタイトルです。

だから、負けられない。

コンディション的にも精神的にも厳しい時期ですが、ここで意地をみせてもらいましょう!

スポンサーリンク

スタメン予想(希望)

川崎フロンターレ


 
SUB:安藤、登里、マギーニョ、原田、学、小林、知念
 
ターンオーバーなどを考えるとかなり予想は難しいですね。

まずはDFライン。

次節出場停止の彰悟とジェジエウをそのまま使うという手ももちろんあります。

ですが、連携面などを考えると、この試合も次節仙台戦のセットで臨むということも考えられます。

中3日のミッドウィーク開催ということで、連携面を整える時間はないので、少しでも長く実戦で使って合わせるのも手ですね。

ただ、それで連携面の問題から負けては意味がないですし、負けたら終わりの天皇杯ですから、その辺りの考え方は難しいところです。

もし、彰悟、ジェジエウの不在を考慮した人選だとしたら、このコンビもしくは、守田のところに車屋かなと思っています。

守田の高さ面で不安はありますが、この流経コンビは強さとビルドアップ能力は問題ないでしょう!

続いてボランチは守田を後ろで使うともうこのコンビしかありませんね。

やはり僚太の再発は本当に厳しい…

前線に関しても憲剛は帯同せずにお休みだと思いますが、その他に関しては読めません。

とりあえず、ダミアンは使ってほしいなと思っています。

スポンサーリンク

試合展開とキープレーヤー

川崎の現状と日程、ターンオーバーを考えると川崎が圧倒的にボールを支配して、という展開にはならないのかなと思っています。

ただ、岡山も現在リーグ戦は3連敗中で、その3試合無得点と状態としては良くないですし、移動がないとはいえ、酷暑の中で中3日となります。

メンバーは普段岡山を詳しく追っていない私には読めませんが、天皇杯で2〜3回戦あたりで中3日の場合、J2のチームはかなり大胆なターンオーバー(11人替え)をしてくる傾向があるので、おそらく岡山もかなり大胆なターンオーバーをしてくると思っています。

そのため、出場選手に関してはフレッシュな選手が並ぶと思います。

またサッカーの内容に関しても単純な戦術の方が即興で合わせやすい、各選手の理解度や感覚も近くなるので、川崎が連携面で苦戦していると、そこを突かれてかなり苦戦する可能性は高いのかなと思っています。

この前の松本戦や名古屋戦でもそうでしたが、攻撃面でどうも迫力が出ないのがシーズン開始当初から続いています。

単発でいい試合もありますが、シーズン通してやはり少し丁重な状態が続いており、そのひとつの原因として、ベストメンバーが定まらない、攻撃の使える選手が多すぎるという問題があると思ってます。

FWでは悠、ダミアン、知念
2列目では憲剛、家長、阿部、学、長谷川、脇坂

ここれだけの選手がいて、みんなそれなりに出場機会をえています。

誰が出てもそれなりやれますが、逆に言えばメンバーが固定化しない分、選手間の阿吽の呼吸みたいなものは構築されににくくなっています。

2017、2018シーズンなんかはそういったものがあった、見えてなくても、あいつならここにいるだろう、そんな感覚があったのがわかったんですが、今年は毎試合隣にいる選手が違い、タイプも違う、みんなそれぞれ特徴は把握していると思いますが、それでも試合毎に細かなズレが出て、攻撃が噛み合わない感覚が見て取れます。

人が多く、不満分子を作らないマネジメントも必要ですが、試合毎にメンバーが変わる弊害は確実に出ています。

逆に首位を走るFC東京はスタメンはほぼ固定化されているため、コンビネーションは抜群です。

誰か欠けると難しくなったりもしますが、久保選手が欠けた分もすでに補って立て直していますし、欠けなければ強いんですよね。

今年の川崎にはそういった面がないので、その部分をどう補っていくかは今後の課題となります。

この試合では間違いなく、そのデメリットは出てくると思うので、そこは注意したいところですね。

スポンサーリンク
Amazon.co.jp | 川崎フロンターレ2018シーズンレビュー連覇 [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - 川崎フロンターレ
Amazon.co.jp | 川崎フロンターレ2018シーズンレビュー連覇 DVD・ブルーレイ - 川崎フロンターレ

注目選手

この試合の試合の注目選手は山村和也です!

リーグ戦名古屋戦では僚太がアップ中に負傷して、急遽スタメンで出場しましたが、なかなか難しいものとなってしまいました。

そんな中で舞行龍が新潟へ移籍したために、リーグ戦次節の仙台戦ではCBのひと枠は確実に彼のものだと思っています。

高さ、強さ、ビルドアップ、能力としては申し分ありませんが、今シーズンは使われる場所が様々でなかなか自分をチームにフィットさせることができていません。

この2試合が終わればまた彰悟、ジェジエウに戻る可能性が高いですが、この悪い流れの中で守備陣が踏ん張れるかというのは非常に大事部分です。

先にも触れた連携面のこともありますし、セットプレーなどでも強さを発揮してほしいなと思っています!

期待してます!

スポンサーリンク

イベントなど

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました