☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

川崎フロンターレ 2019 J1第22節 名古屋グランパス戦@豊田ス プレビュー

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約8分で読めます。

8/10(土)はアウェイで第22節 名古屋グランパス@豊田スタジアムです!

中3日での連戦が続いていましたが、今節は中5日、1週間間隔が空きました。

結果や内容を見るにこの時期の特に厳しい暑さの中で行われる連戦は想像以上にハードでした。

春先の連戦とはやはり違いますね。

この連戦の模様はこちらからご覧ください!
ハイライトも見れます!

松田直樹さんの命日に終わらないホームのドロー… 2019 J1第21節 川崎フロンターレ×松本山雅FC
2019 J1第21節 川崎フロンターレ×松本山雅FCのレビューです。 前節アウェイ連勝が途切れる中、酷暑の中3日3連戦最後の試合です!
16試合ぶりの敗戦… 2019 J1第16節 サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ(ACLによる未消化分)
2019 J1第16節 サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ ACLの関係で未消化だった試合のレビューです。 アウェイ7連勝中だが、中3日で酷暑の中の試合と厳しいコンディションの中で勝ちをつかめるか!?
約3ヶ月ぶりのホーム勝利… 2019 J1第20節 川崎フロンターレ×大分トリニータ 市制記念試合
2019 J1第20節 川崎フロンターレ×大分トリニータ 市制記念試合のレビューです。 ホーム4試合連続ドロー中、ホーム10戦中7戦ドローとスッキリしない試合が続く中、多摩川クラシコ、チェルシー戦の勝利の勢いそのままに勝利できるか!?

今季はアウェイの勝率のおかげでなんとかこの順位にいることができています。

前回のアウェイで今季初黒星となりましたが、もう一度この試合からアウェイ連勝街道へ!

それではこの試合の見所です。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

現在の状況をおさらい

前節 第21節を終えての状況です。

前節は松本山雅FCを等々力に迎えての試合となりましたが、コンディションの影響も大きく、内容も乏しいもので、スコアレスドローとなりました。

松本山雅のプラン通りに進んでしまった試合でしたね。

松田直樹さんの命日に終わらないホームのドロー… 2019 J1第21節 川崎フロンターレ×松本山雅FC
2019 J1第21節 川崎フロンターレ×松本山雅FCのレビューです。 前節アウェイ連勝が途切れる中、酷暑の中3日3連戦最後の試合です!

現在、川崎フロンターレは10勝9分2敗 勝ち点39 得点33 失点15 得失点差18で横浜FMと同勝ち点ですが得失点差で9上回っており、首位と勝ち点差62位となっています。

(首位 FC東京(45)、3位 横浜FM(39)、4位 鹿島 (38))
前節はドローでしたが、横浜FMと鹿島も揃って敗れたため、結果的に2つ順位を上げることになりました!

ただ、首位FCはリーグ戦当該試合5連敗中だったC大阪に勝利したため、首位との勝ち点差は6に広がっています。

現時点では順位自体はそれほど重要ではないので、順位が上がったことよりも、やはり首位と差が開いたことのほうが痛いのは痛いですね。
得点数は鹿島、横浜
FMに次いでFC東京と同立でリーグ3位(1試合平均1.57点)、失点はC大阪と並んでリーグ最少(1試合平均0.71点)という状況です。

やはり、この数字を見ると今の川崎は守備のチームと言えると思います。

首位のFC東京が2位に勝ち点差6をつけて、少し離れた状況となってきました。

その下は2位の川崎から5位の広島までが勝ち点差4と混戦模様となっています。

この中で、どのチームがFC東京に食らいついていけるか、というのがこの2位グループのポイントになりますね!

さて、ACLの関係で未消化となっていた第16節の広島戦が前回のアウェイ戦になりますが、この試合で今季アウェイ初黒星となりました。

セットプレーでの2失点を含む3点を先行され、75分、79分に2点を返して同点までいけそうな雰囲気もあったんですが、追いつけずにアウェイ9試合目でアウェイ初黒星でアウェイ7連勝も途切れました。

ここまでアウェイでは7勝1分1敗 勝ち点22 得点20(1試合平均2.22) 失点7(1試合平均0.78) 得失点差13 と圧倒的な数字となっています。

対名古屋グランパスは今季は5/17(金)第12節に等々力で対戦して1-1のドローでした。

レベルの高い好ゲーム… 2019 J1第12節 川崎フロンターレ×名古屋グランパス
川崎フロンターレJ1第12節はホームで名古屋グランパスとの対戦でした! 平日開催の金Jにもかかわらず、等々力に25,000人近く集めた注目の一戦。 開幕から好調を維持する名古屋と5連勝でじわじわと順位を上げてきた川崎の上位対決を振り返ります。

この試合は各所で非常にレベルが高い試合だと絶賛された試合でしたね。

また、リーグ戦における川崎対名古屋の通算対戦成績は川崎から見て18勝6分5敗となっており、かなり相性がいいです。

今季はドローでしたが、2015年から昨年までは6連勝、リーグ戦で最後に敗れたのは2012年8月25日 J1第23節@等々力で、現名古屋監督の風間さん就任初年度まで遡ることになります。

厳しすぎる連戦も終わって、今節もおそらく酷暑の名古屋での試合となりますが、通常のサイクルで相手と同等のコンディションで臨める試合となります。

相性の良い相手に勝って、もう一度流れを引き寄せたいですね!

スポンサーリンク

対する名古屋グランパスですが、現在7勝6分8敗 勝ち点27 得点31 失点29 得失点差2 で10位となっています。

序盤は好調で、第12節までは7勝3分2敗と上位につけていましたが、現在はこの第12節の川崎戦から10試合勝ちがない(4分6敗)状態です。

さらに、攻撃の看板であるジョー選手、ガブリエル シャビエル選手がこの間得点をあげることができていないので、その辺りに失速の一因もあるのかなと思っています。

ただ、ここ2試合は両試合ともアディショナルタイムの被弾で両試合とも2-2のドローとなっており、今年の川崎もよくわかる通り、負けたような気持ちになっていると思いますが、得点も取れ始めていて、勝利の一歩手前までいっていて、最悪の状況は脱しているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スタメン予想(希望)

川崎フロンターレ


 
SUB:新井、山村、守田、長谷川、学、脇坂、ダミアン
 

僚太が練習合流し、名古屋戦を見据えてフルメニュー消化しているということなので、そうなればもちろんスタメン復帰となるでしょう。

松本戦でブロックの中に入っていけなかった状況を考えると、僚太の復帰は明るい材料です!

あとは今季この前線4枚がスタメンだった試合って1試合もないんで、僚太も含めた2連覇時のベストメンバーのこの布陣を見たいなという希望です!

今節はあるんじゃないかと期待してます!

スポンサーリンク

名古屋グランパス


 
風間監督はびっくりするようなメンバーをいきなり使ってきたりもしますが、基本的には狭い範囲の中でメンバー選考を行うので、前節と同様の布陣とみました。

また、この試合を前にして、名古屋から驚くべき移籍情報が入ってきました!

昨年、特別指定選手として残留に大きく貢献したルーキーの相馬選手。

その能力の高さは昨年から見せていましたが、川崎の田中碧と共に参加したトゥーロンでもその実力を示していました。

ただ、今年はここまで16試合出場も、先発は1試合で45分以上出場した試合は1試合しかなく、ここまでわずか380分の出場にとどまっていました。

それでも、鹿島に期限付き移籍を許可するのはチームとしてどうなのか…というのは他チームファンからしても思いますね…。

先日のルヴァンカップのドローにも参加していたのでびっくりしました。

ルヴァンカップ プライムステージの対戦相手が決定 川崎は名古屋と対戦
7/28(日)にルヴァンカップ プライムステージのオープンドロー(抽選会)がフジテレビで行われました。
2019Jリーグ 夏の移籍を考える。(8/6追記)
2019Jリーグ 夏の移籍について。
スポンサーリンク

試合展開とキープレーヤー

名古屋の要注意人物はシャドー入ると予想している前田直輝選手です!

現在2試合連続ゴール中で、前節は1ゴール1アシストとジョー、シャビエルの2枚看板が不調の中奮闘しています。

あの強引なまでのドリブル突破と左足の強烈なシュートは要注意です。

個人的には右サイドから斜め後ろにドリブルしながら左足でシュートに持っていくプレーはすごいと思っていて、川崎ではボランチ含めて車屋、彰悟あたりの対応が重要になってきますね。

川崎視点でいくと、ここ数試合のポイントとしてみているのが、前線のプレスです。

多摩川クラシコでは見事にはまったプレスですが、大分、広島ではうまく剥がされ、松本戦でも相手に致命傷を負わせるプレーはできませんでした。

今節の名古屋は風間監督が率いているチームとあって、ビルドアップは自信を持っていますし、プレスをかけても、当然はがすようなプレーをしてきます。

そこで、今節はそれでもいくのか、最初から少し様子を見つつ入るのか、というのはひとつポイントになってきます。

また、相手云々ではなく、気候的な問題であまりいきすぎると体力的に厳しいのでということもあるかもしれません。

あとは、名古屋はネットも復帰して、ネット、シミッチのボランチコンビとなっています。

ビルドアップの能力は高い二人ですが、守備的な能力はそれほど高くないので、前からの守備でこのボランチコンビをどうはめていくか、攻撃面ではこのボランチの裏、3バックのまえのスペースをどうやって使っていくのかに注目したいと思います。

あとは、個人的にはお互いの特徴でもある技術的にハイレベルな試合を期待しています!

スポンサーリンク
Amazon.co.jp | 川崎フロンターレ2018シーズンレビュー連覇 [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - 川崎フロンターレ
Amazon.co.jp | 川崎フロンターレ2018シーズンレビュー連覇 DVD・ブルーレイ - 川崎フロンターレ

注目選手

この試合の試合の注目選手は大島僚太です!

まだスタメンで出るかの確証はありませんが、前節松本戦で全くと言っていいほどブロックの中に入っていけなかったことを考えると僚太の復帰を期待せずにいられません!

ただ、名古屋は松本のような極端な守備戦術を敷いてくることはないと思います。

また、相手のボランチコンビの守備能力を考えると僚太が機を見て相手ボランチの裏まで侵入していくことによって、決定機を作ることができるんじゃないかと期待しています!

スポンサーリンク

イベントなど

この試合の日も名古屋は昼間真夏日近くまで気温が上がりそうですね!

試合の時間でも30℃を超えるような厳しいコンディションでの試合が予想されますね!

現地観戦される方も熱中症にはお気をつけください!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました