★★★川崎フロンターレ3年連続タイトル獲得/2019ルヴァン

クリスマスに免許センターでオファーを受けたラルフこと鈴木雄斗がG大阪に期限付き移籍

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約4分で読めます。

2019年7月20日、川崎フロンターレのラルフこと鈴木雄斗がG大阪へ期限付き移籍することになりました。
 

2019Jリーグ 夏の移籍。(8/20追記)
2019Jリーグ 夏の移籍について。

 
 
ラルフ、G大阪で成長して帰ってこい!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ラルフの経歴(プロ前)

ラルフのお父さんは元サッカー選手で指導者の鈴木康仁氏です。

ヤンマーディーゼルサッカー部などに所属し、日本ユース代表の正GKとして1979年のワールドユース東京大会に出場、日本代表としても国際Aマッチ4試合に出場した経験を持つ選手でした。

ラルフは指導者だった父親の所属するチームの関係で、全国様々なJ下部組織のチームに所属することになります。
 
所属クラブ(プロ前)

  • 2002年 – 2003年 大分トリニータU-12
  • 2004年 – 2005年 柏レイソルU-12
  • 2006年 – 2007年 柏レイソルU-15
  • 2008年 横浜F・マリノスジュニアユース
  • 2009年 – 2011年 横浜F・マリノスユース
    • 2011年 横浜F・マリノス(2種登録)

 
代表歴

  • 2010年 U-17日本代表
  • 2011年 U-18日本代表
スポンサーリンク

ラルフの経歴(プロ入り後)

プロ入りに際しては、横浜F・マリノスでのトップチーム昇格はならず、当時監督の柱谷哲二氏からの勧誘を受けて2012年に水戸ホーリーホックへ加入しています。

ちなみに父康仁氏は柱谷哲二氏と国士舘大学の同級生ということもあり、本人の実力はもちろんですが、よく見てくれていたり気にしてくれていたりといった、多少そういったことも関係あるのかなと思っています。

その後、2016年からモンテディオ山形でプレーし、2017年には10番を背負い、31試合に出場するなどレギュラーとして活躍しました。
 
川崎フロンターレ入りに際しては2017年のクリスマスに免許更新のために横浜の免許センターで手続きのため列に並んでいるときにオファーの連絡を受けたという逸話があります。

川崎フロンターレでの最大のハイライトは2018年J1第14節柏レイソル戦でのゴール。

後半41分にJ1初出場をはたした鈴木は、わずか6分後、左サイドからの長谷川竜也のクロスをファーサイドからヘディングでゴールを決め、チームを2-1の逆転勝利に導きました。

この試合はホーム連敗後の試合で、後に監督もターニングポイントとなる試合だったと語っている大事な試合になります。

 
2018シーズンのラルフの成績はこちら。

川崎フロンターレ 2018シーズン総括(SH編)
川崎フロンターレ2018シーズン総括、今回はサイドハーフ(SH)編です! 川崎フロンターレの中でも2018シーズンMVPを獲得した家長選手なども含めて非常に層が厚いポジションでもあります。 SHの選手達について振り返ってみたいと思います。

 
所属クラブ(プロ入り後)

  • 2012年 – 2015年 水戸ホーリーホック
    • 2014年7月 – 2015年 Jリーグ・アンダー22選抜
  • 2016年 – 2017年 モンテディオ山形
  • 2018年 – 川崎フロンターレ
    • 2019年7月 – ガンバ大阪(期限付き移籍)

 

スポンサーリンク

プレースタイル

川崎では主にサイドハーフと今シーズンはサイドバックを主戦場としていました。

川崎フロンターレでは右サイドが主でしたが、サイドハーフに関しては左右どちらでも対応可能だと思います。

また、水戸時代にはFW、山形時代にはウィングバックの経験もあります。

現在のG大阪のシステムを考えると、右ウィングバックが適正ポジションになるかと思います。

プレースタイルは、サイドの選手としては182cmと大柄でフィジカルも強く、スタミナ、スピードもあります。

フィジカルとスピードを活かした推進力のあるドリブルが持ち味となります。

川崎ではなかなかスタメンフル出場という機会がありませんでしたが、サイドで90分上下動できるスタミナも持ち合わせています。

もともと細かな技術などを駆使する器用なタイプではありませんでしたが、川崎フロンターレ在籍1年半の間に「止めて蹴る」の部分やパス精度の向上も見られます。

G大阪では移籍した田中達也選手の穴埋め、福田選手、小野瀬選手などとポジションを争うことが予想されますね。

G大阪で出場機会を掴んで成長して帰ってきてほしいなと思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました