☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

2019Jリーグ 夏の移籍を考える。(7/17追記)

スポンサーリンク
Jリーグ
この記事は約22分で読めます。

現在、コパ・アメリカやアフリカネーションズカップが開催されていますが、欧州はオフシーズン。

既に発表されているビッグディールもありますが、連日眉唾な噂も含めて移籍関連のニュースが飛び交っています。

8月の市場が閉じるまでこの時期の楽しみのひとつですね!

Jリーグでも第2登録期間(ウィンドー)として2019/7/19 〜 2019/8/18が移籍の期間として設けられています。

この時期に海外へ羽ばたいていく選手もいれば、欧州から帰還する選手、J2からJ1へのステップアップ、出場機会を求めた移籍など、さまざまな事案が発生します。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

スポンサーリンク

2019 夏の移籍情報

Jリーグ関連で現時点で決まっている主な移籍情報は以下の通りです。

【ベガルタ仙台】
(6/29追記)ジオゴ アコスタ(in)

ジオゴ アコスタ選手 完全移籍加入のお知らせ

(7/2追記)シュミット ダニエル(out)

(7/2追記)ヤクブスウォビィク(in)

【鹿島アントラーズ】
(7/9追記)安西幸輝(out)

(7/16追記)安部裕葵(out)

(7/16追記)鈴木優磨(out)

【浦和レッズ】
(6/29追記)関根貴大(in)

【FC東京】
久保建英(out)

(6/30追記)久保選手壮行会挨拶

昨年期限付き移籍で在籍した横浜FM戦でちょうどタイミングよく壮行会ができるとは素晴らしいタイミングでしたね。

(7/2追記)太田宏介(out)

(7/8追記)オ ジェソク(in)

(7/16追記)チャン ヒョンス(out)

【川崎フロンターレ】
カイオ セザール(out)

川崎フロンターレ オフィシャルWEBサイト
最新のお知らせ、チケット・等々力競技場の情報、試合の情報・結果、選手・スタッフ紹介、アカデミーの情報など、川崎フロンターレのあらゆる方法をお届け!

(7/16追記)馬渡洋樹(in)

(7/16追記)宮代大聖(out)

川崎の大砲 宮代大聖 レノファ山口へ期限付き移籍
レノファ山口へ期限付き移籍が発表された川崎の大砲 宮代大聖選手の紹介です! レノファサポもみてください!

【横浜F・マリノス】
泉澤仁(in)

(7/3追記)伊藤槙人(in)

(7/4追記)イッペイシノヅカ(out)

(7/8追記)天野純(out)

【湘南ベルマーレ】

(7/8追記)トカチ(in)

(7/9追記)毛利駿也(in)

(7/10追記)澤田恒(in)

【清水エスパルス】

(7/10追記)ヴァンデルソン(out)

(7/17追記)西村恭史(out)

【ジュビロ磐田】
(7/2追記)監督交代

(7/12追記)中村俊輔(out)

(7/16追記)小川航基(out)

【松本山雅FC】

(7/10追記)塚川孝輝(out)

(7/16追記)高木利弥(in)

(7/16追記)阪野豊史(in)

【名古屋グランパス】
菅原由勢(out)

(7/2追記)太田宏介(in)

【ガンバ大阪】
宇佐美貴史(in)

(7/8追記)オ ジェソク(out)

(7/10追記)田中達也(out)

(7/16追記)藤本淳吾(out)

(7/16追記)ファン ウィジョ(out)

【セレッソ大阪】

(7/12追記)福満隆貴(out)

(7/12追記)秋山大地(out)

(7/17追記)山根永遠(out)

【ヴィッセル神戸】

(7/12追記)三原雅俊(out)

【サンフレッチェ広島】

(7/16追記)皆川佑介(out)

【大分トリニータ】

(7/10追記)田中達也(in)

【サガン鳥栖】
フェルナンド トーレス(引退)

パク ジョンス(in)

(7/10追記)カルロ ブルシッチ(out)

(7/16追記)ビクトルイバルボ(out)

(7/16追記)ニノ ガロヴィッチ(out)

(7/17追記)伊藤遼哉(out)

【柏レイソル】

(7/4追記)マテウス サヴィオ(in)

(7/4 12追記)三原雅俊(in)

(7/16追記)高木利弥(out)

2019はどんな移籍が待っているか!?

今年は何と言っても久保建英のレアル マドリード移籍でしょう!

久保建英 レアルマドリード移籍
バルサ復帰か、それとも他のビッグクラブへの移籍か。 先日18歳の誕生日を迎え、6/1をもってFC東京との契約満了と報じられ、去就が注目されていた久保建英選手の移籍先が、なんとレアルマドリードとなりました。

2019-2020シーズンはカスティージャでのプレーとなるようですが、日本人があのエル・ブランコのユニフォームを着るわけですから、期待しないわけにはいかないですし、このコパを見ても期待を抱かせるに十分なプレーを披露してくれています。

その他、宇佐美選手の移籍はJリーグ的には大きい話題です。

1回目の出戻りの時に大爆発した経験もありますし、調子の上がらないガンバの起爆剤となるか注目されますね。

2018年の夏の移籍ではイニエスタ選手、フェルナンドトーレス選手の加入に沸きました!

そのトーレス選手はこの夏で現役引退となってしまいますが、この夏も欧州から大物外国人の加入はあるんでしょうか!?

その他、清水のドウグラス選手や名古屋の大型補強、鳥栖の金崎選手など、残留争いの潮目が変わるような移籍も多くありました。

また、昨年はJ2からのステップアップを果たした小野瀬選手(山ロ→G大阪)、古橋選手(岐阜→神戸)など印象的な移籍籍もありました。

現在J2で好調を維持している若い選手などはターゲットとなっているかもしれません。

引き抜かれる側はたまったものではありませんが、こういったステップアップの移籍は楽しみで期待したいですね!

夏のウインドーはどちらかといえばうまくいっていないチームの立て直しや出場機会を求めるものが多いですが、DAZN マネーなども含めて、昨シーズンあたりから動きが大きくなってきていますね。

(6/26追記)
6/25にジュビロ磐田から以下のような声明が発表されました。

ジュビロ磐田を応援してくださるすべての皆様へ
ジュビロ磐田を応援してくださるすべての皆様へジュビロ磐田のサイト更新情報やニュースリリース、イベントのお知らせなど。

夏の選手移籍ウインドー(7月19日〜8月16日)に向け、更なる戦力の補強を現在準備しています。

なかなか異例の発表だと思いますが、補強宣言来ました。

強力な外国人を取るのか、実力者を数名獲得するのか、起爆剤として期待するならそれなりの実力者でないと意味ありませんからね、どのようなプランを考えているのか見ものですね。

(7/2追記)
川崎戦後の名波監督の辞意表明から7/1に名波監督の退任と鈴木秀人新監督の就任が発表されました。

内部昇格となりますが、補強名言から1試合で監督交代となり、補強にどのような影響が出てくるのかも注目ですね。

(7/2追記)
新たに日本代表選手の海外挑戦が決まりました!

シュミット ダニエル選手にかんしては日本代表GKとして、魅力的なサイズとここ数年の成長は眼を見張るものがありますから、日本代表のためにも海外でもうひと回りもふた回りも成長してきてほしいなと思います。

これまで海外で実績を残したGKはまだ川島選手のみです。

シュミット ダニエル選手もベルギーで活躍してステップアップできるように頑張ってほしいですね。

そして、ヤクブスウォビィク選手の加入が発表されました。

ポーランド人はユベントスのスチェスニーを始め、プレミアで活躍する選手など、質の高いGKが多い国です。

Jリーグでも、ベストイレブンにもなったカミンスキー選手が活躍中ですしね!

その中でポーランド代表歴もあり、リーグNo.1との呼び声もあるとかないとかなので、すごく質が高い可能性はあるんじゃないでしょうか。

太田宏介選手については、今シーズン出場機会が少なかったのは確かですが、愛着あるであろう東京を離れる決断は簡単じゃなかったと思います。

ただ、キャリアもあり、同じような境遇で名古屋に移籍した丸山選手などもキャプテンで活躍しており、条件も良いようですし、心機一転新天地で飛躍にかけたようですね。

(7/3追記)
水戸から横浜FMに加入した伊藤槙人選手はJ2からのステップアップ。

横浜FMは昨年夏の移籍で獲得した畠中槙之輔選手がこの一年で日本代表にまで選出されるほど成長しました。

畠中選手に続けるでしょうか。

(7/4追記)
柏レイソルに期限付き移籍で加入したマテウス サヴィオ選手はU-20の世代別ブラジル代表経験もある22歳でフラメンゴからの加入となります。

現在5位で、もちろん自動昇格を狙う柏浮上のきっかけとなるでしょうか。

(7/8追記)
オジェソク選手がG大阪からFC東京へ期限付き移籍となりました。

東京では太田選手の代役として、まずはバックアッパーという形になると思いますが、長谷川監督とも長年一緒にやっていましたし、適用には問題なさそうでしょう。

天野純選手はSporting Lokeren(ベルギー)へ期限付き移籍となりました。

下部組織出身の10番の移籍はファンとしては気持ちが難しいでしょうが、年齢的にも海外移籍はラストチャンスだったでしょうから、頑張ってほしいですね。

ドイツの名門レバークーゼンの下部組織から完全移籍での加入となったトカチ選手。

なんとも未知数ではありますが、この若い年代でドイツから移籍というのも珍しいパターンですね。

(7/9追記)
湘南に完全移籍した毛利選手はJ2金沢からのステップアップの移籍になります。

期待したいですね!

(7/9追記)
鹿島アントラーズでは安西選手、安部選手、鈴木優磨選手と移籍の報道がありましたが、まずは安西幸輝選手のポルティモネンセへの移籍が発表されました。

東京ヴェルディ下部組織からの先輩中島翔哉選手と同じポルティモネンセで海外キャリアのスタートとなります。

中島選手はカタールを経てポルトガルの名門中の名門ポルトへ移籍をはたしました。

同じようにステップアップのキャリアを形成するために、まずはポルティモネンセで輝いてほしいですね!

(7/10追記)
この時期は出場機会のない外国人選手の整理の時期でもありますし、そういった動きが出てきていますね。

湘南はドイツ4部から澤田選手が加入。
大学卒業そのまま渡独してキャリアを積んでいたようですが、かなり未知数ではありますね。

大分トリニータは田中達也選手の加入を発表しました。

今シーズン熊本からG大阪へステップアップをはたした田中達也選手ですが、半年で移籍となりそうです。

G大阪 宮本監督がベンチ外の理由を「プレー面以外。リリースが出ると思う。」と話していたことから、決定的な状況ではありました。

G大阪移籍前も大分は高く評価してオファーも出していたとのことですなので、大分にとっては良い補強となりましたね。

(7/12追記)
中村俊輔選手の横浜FCへの移籍が発表されました。

やはり中村俊輔選手を磐田に連れてきた名波監督の退任というのも大きな要因としてはあったのかなと思ってしまいます。

出身地 横浜への移籍、キャリア初の2部リーグ、カズとの共演、話題としてはかなり大きいですね。

ここ数シーズンは怪我との戦いが続いていますが、現在の負傷も登録のタイミングごろに回復するとのことで、出場すればまだまだ違いを作れる選手ですし、必殺のフリーキックはまだまだ健在です。

直接もあり、イバというターゲットのいる横浜FCには大きな武器となるでしょう。

その他、地味ではありますが、ユーティリティプレーヤーとして重宝されていた神戸の三原選手がネルシーニョのもとで再びプレーすることになりました。

セレッソの福光選手、秋山選手も今シーズンは出場機会に恵まれませんでしたが、力のある選手です。

それぞれ今季好調の水戸、山形の昇格の原動力になれるか注目です。

(7/16追記)
【安部裕葵】
なんと言ってもビッグニュースは鹿島アントラーズ安部選手のバルサ移籍でしょう。

20歳の安部選手は、4年契約、移籍金は110万ユーロ(約1億3000万)。
契約破棄金は、バルサBの選手である間は、4000万ユーロ(約48億)、トップチームに所属する場合は、1億ユーロ(約121億)に設定されました。

今後はバルサBからトップチームを目指していくことになりますが、アタッカーは来シーズンもグリーズマンが移籍してきたように、トップクラスの選手が移籍してきますので、トップ昇格はかなり狭き門でしょう。

本人の口からサイドバックへの転向などの話もありましたが、例えば、セルジ ロベルトのようになれば素晴らしいですね!

ただ、仮にトップ昇格できなくてもバルサBから他のラ・リーガのチームへいく選手も多いので、その道も含めて、ラ・リーガで活躍できるような選手になれれば素晴らしいですね!

バルサとレアルのセカンドチームからトップを狙う日本人選手が出てきたというのも嬉しいですね!

【鈴木優磨】
鹿島は安西、安部に続き、下部組織出身の鈴木優磨選手も海外移籍となりました。

怪我の影響もあって今シーズンは出場できていませんが、練習には合流しているようなので、また新シーズンから新たに頑張ってもらいたいですね!

シントトロイデンはシュミット ダニエル選手も新加入で入りますし、既に遠藤選手などもいますので、馴染みやすいのはあると思います。

【ファン ウィジョ】
ガンバはエースのファン ウィジョ選手がフランスへ移籍となりました。

昨シーズンの活躍や韓国代表での活躍をふまえると致し方ないでしょう。

宇佐美選手がこの穴を埋めることができるかが後半戦浮上のカギになるでしょうか。

【宮代大聖】
あ個人的なトピックスでは川崎フロンターレの宮代の期限付き移籍です。

U-20W杯で実力は示しました。

ただ、川崎では小林悠、ダミアン、知念とFWの層も厚いため、山口で武者修行となりました。

山口は霜田監督のもと、J1にステップアップした小野瀬、オナイウなど良いアタッカーが輩出されていますので、成長して帰ってきてほしいですね!

その他、後半戦に向けて各チーム着々と補強が進んでいたり、出場機会の少ない選手が出場機会を求めた移籍も活発化してきていますね。

【ビクトルイバルボ】
鳥栖はこれでクエンカ選手を除く欧州経験者の外国籍選手を放出することとなりました。

ビクトルイバルボ選手に関しては、長崎もファンマ選手を失ってその役割を担う選手がいなかったことから、フィジカルに定評のあるビクトルイバルボ選手はうってつけかもしれませんね。

スポンサーリンク

その他の噂

【前田大然】

日本代表FWの前田大然がバルサへレンタル移籍の可能性? 「視察対象になっている」とブラジル・メディアが報じる(SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース
現地時間6月17日にチリと対戦し、0-4の大敗を喫した森保ジャパン。久保建英が初先 - Yahoo!ニュース(SOCCER DIGEST Web)

この二人のバルサBへの噂は眉唾な感じもしますが、実現すれば面白そうな気もしますね!

【ヴィッセル神戸】
カタール代表2選手と交渉との噂。

カタール国籍選手は提携国枠で外国人枠に入らない。

(7/4追記)【柿谷曜一朗】

今シーズン就任したロティーナ監督のもとでも定位置を確保できていませんので、昨年はライバルG大阪への移籍問題で話題になりましたが、今シーズンこそ移籍はあるのでしょうか!?

(7/5追記)

>C大阪の関係者によると、正式なオファーはまだないが、水面下で獲得の意思を伝えられたという。

>C大阪側として柿谷に「クラブにとって大事な選手。自分の中でよく考えて答えを出してほしい」と伝えたという。

まだ正式オファー前なのでわかりませんが、この移籍はわだいをよびそうですね!

(7/5追記)【中村敬斗】

堂安選手に続けというところですが、J1での実績はほとんどないんで、安いうちにダメ元でもという感も否めないですね。

(7/16追記)

当初はフローニンゲンということでしたが、現在は同じオランダのトゥエンテ濃厚となっています。

(7/10追記)【レアンドロ ダミアン】

我らが川崎フロンターレのレアンドロ ダミアンにも移籍の噂が…

噂レベルですが、金額も大きく油断できません。

本人が残留希望とのことでそこは嬉しいところです。

絶対残ってくれ!

(7/10追記)【川島永嗣】
永嗣にもJリーグ帰還の噂。

神戸ということと、欧州でのキャリアを優先しそうなところを考えるとまだそこまで信憑性は高くないのかなという印象です。

(7/11追記)

こちらはまだまだリストアップ段階ということで、信憑性はありません。

継続ウォッチしていきます。

(7/11追記)

補強を明言していたジュビロ磐田についに補強の噂がきました。

チョンブリー所属のブラジル人ストライカー、ルキアン・アラウージョとのこと。

(7/12追記)
熊本 岡本選手に古巣復帰の噂です。

以前活躍した鳥栖でまたJ1個人昇格なるでしょうか?

(7/16追記)【クリスラン】

スポンサーリンク

川崎フロンターレは?

川崎フロンターレでも昨年はエドゥアルド ネットが名古屋へ、大久保嘉人が磐田へなど大物が移籍しました。

今シーズンもすでに発表されていますが、カイオ セザールが長崎へ期限付き移籍となります。

カイオ セザールって何者!?プレースタイルや川崎フロンターレが獲得の狙いは?
カイオ セザール選手を川崎フロンターレが2018シーズンの夏の移籍で獲得しました。 カイオ セザール選手のプレースタイルやプロフィール、川崎フロンターレの獲得の狙いなどについて分析しました。 早期にチームにフィットするのか?注目の新戦力です。

2018シーズンの夏に加わり、チームのやり方にも慣れ、今シーズン開幕前期待できるという情報があったカイオ。

結局現時点ではほとんど出場機会を得られませんでしたが、依然として強化部でのカイオの評価は高いということで、人員整理ではなく出場機会、成長を見込んだ移籍で片道切符の予定はないということでした。

まだまだ年齢的にも伸び白のある年齢ですし、フィジカル的にも非常に期待が持てるので、手倉森監督の下できっかけをつかんできてほしいなと思います。

今年もACLで既に敗退していることもあり、恐らく加入はないと思いますが、あるとしたらカイオに続く移籍があるかもしれませんね。

さて、移籍市場の本番はこれからになりますので、続報は随時更新したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

この記事を書いた人
ひえい

はじめまして。当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログを運営している「ひえい」です。

現地観戦年間およそ25試合以上、DAZN観戦国内外含め約200試合!

2007年より川崎フロンターレを追っています!
豊富なサッカー観戦経験からtoto予想や、川崎フロンターレを中心に国内外のサッカー情報を中心に発信しています。

Follow me
Jリーグ
スポンサーリンク
Follow me
スポンサーリンク
楽しいことして生きよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました