☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

フッキよ… 2019 ACL GS第5節 川崎フロンターレ×上海上港

スポンサーリンク
川崎フロンターレ

ACLグループステージ第5節は上海上港との対戦となりました。

ここまで1勝1分2敗の勝ち点4。

ただ、2位の上海上港とは1ポイント差で、この試合で勝利すれば逆転で自力突破の可能性が出る本当に大事な一戦となります。。

まずはハイライトをご覧ください!

【公式】ハイライト:川崎フロンターレvs上海上港 AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD5 2019/5/7

結果は2-2のドロー。

自力突破の可能性がなくなる痛い痛い引き分けとなりました。

それでは、この一戦について振り返ってみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 スターティングメンバー

まずはスタメンです。

スターティングメンバー
川崎F 上海
GK チョン ソンリョン GK イエン ジュンリン
DF 馬渡和彰 DF ジャン ウェイ
舞行龍 ジェームズ ワン シェンチャオ
谷口彰悟 ユー ハイ
登里享平 フー フアン
MF 守田英正 ヘー グアン
大島僚太 MF ツァイ フイカン
長谷川竜也 オスカル
齋藤学 オディル アフメドフ
FW レアンドロ ダミアン FW エウケソン
小林悠 フッキ

 
○交代
【川崎フロンターレ】
78分 長谷川竜也→脇坂泰斗
78分 馬渡和彰→鈴木雄斗
84分 守田英正→山村和也
 
【上海上港】
67分 ジャン ウェイ→ウェイ ジェン
67分 ツァイ フイカン→リン チュアンイー
81分 エウケソン→リー ションロン

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 スタメンのポイント

川崎フロンターレ

リーグ戦からはジェジエウに変わって舞行龍が入りました。

ジェジエウはACLのメンバー登録外となっているようです。

また、ダミアンが久々のスタメン復帰となりました。

ダミアンまだ出場機会少ないですが、出場すれば結果残していますし、やはり得点力は非常に高いです。

またフィジカルに優れる上海相手ということもあるでしょう。

スポンサーリンク

2019 ACL GS第4節 川崎×蔚山 スタッツ

【得点】
川崎 vs 上海
前半 1-1
後半 1-1
合計 2-2

■得点者
【川崎】
13分 レアンドロ ダミアン
66分 谷口彰悟
 
【上海】
7分 フッキ
71分 フッキ
 
観客数:11,708人
気温:15.9℃
湿度:54%
 
川崎:上海
支配率 56%:44%
シュート(枠内) 9(3):8(2)
FK 13:21
CK 5:3
 
公式Twitterと少しスタッツが違いますね…

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 勝負を分けたポイントは?

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 フッキ、フッキ、フッキ

まずこの試合のポイントとしては”フッキ”です。

正直彼一人にやられたと言っても過言ではないと思います。

上海の前線で怖いのはブラジル人トリオで、この試合ではけっこうやられている印象のあったエウケソン、そしてオスカルには仕事をさせていませんでしたが、フッキの個の力にやられてしまいました。

独走を許した1点目、これはボールの失い方も悪かったですが、あの独走を許してはいけないですね。

ノボリは早い段階でプロフェッショナルファールをしてでも止めるべきだったでしょう。

ただ、あの胸板と体でノボリを振り切るスピードがあるわけですから、やはり恐ろしい選手ですね…

2点目もノボリとのミスマッチを突かれたような形になってしまいましたが、もっとも警戒すべき選手で、さらに逆転した直後でしたから、もう少し踏ん張る力が欲しかったですね。

Jリーグは基本的にどのチームも組織で攻めて、組織で守ってきて、圧倒的な個を出してくるチームはあまりないです。

ですが、ACLではこういったチート外国人の力でなんとかしちゃおう、という戦術をとってくるチームに対して、その個を跳ね返せない、試合が多いです。

正直対戦相手に恵まれなかったのもありますが、その辺りの対応、やり方というのも少し考える必要があるのかもしれませんね。

ACLの戦い方というのをそろそろ真剣に考えないといけない時期に来ているのかなと思います。

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 フィジカル

この試合ではフィジカル的にかなり苦戦しているように見えました。

相手のディフェンスの仕方として、まず体を当ててくる印象があって、この試合ではノボリ、ハセタツ、学、僚太など小柄でドリブルを得意としている選手が多く出ていましたが、フィジカルにすぐれた中国選手に体を当てられることで、ボールロストやパスミスという場面が多く見られました。

この辺りがまた普段のJとは違う部分で、普段は川崎は基本的には体を当てられないサッカーをしていますし、Jのチームって無理やり体を当ててきたりはしません。

こうやってフィジカルを全面に押し出してきた相手とどう戦っていくのか、試合内容としては上回っていたと思いますが、結果としては相手がほしかった結果となっています。

そうした中で、やはり上のテーマでもあげましたが、ACLの戦い方というのが必要になってきますね。

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 ノボリのコンディションが心配

この試合ではノボリのコンディション悪そうでしたね。

車屋先生が負傷したことで、ほかに左サイドバックできる人材がいなくて最近出ずっぱりとなっています。

そして、近年はレギュラーをとっていたわけではないので、ここまで連戦に出続けたということもあまりありませんでしたから、コンディション的には非常に厳しいと思います。

ただ、変わりはおらんのです。

踏ん張ってもらうしかありません。

馬渡選手が左もできるとのことだったんですが、今は右でポジションを確かなものにするため頑張っていますからできるだけ違う場所でやってほしくないというのが、個人的な思いです。

マギちゃん左できないのかな?

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 ダミアン

ダミアンやっぱり仕事しますねー!

素晴らしいゴールでした!

川崎でのフィットというと、うまくパスワークに入っていけること、風間語録で言うところの目が揃う状態になることを言うと思いますが、川崎に新加入してくる選手はそこに時間がかかる傾向にはあります。

また、ブラジルからはじめてやってきた選手はその国そのもののサッカーのテンポに時間がかかる場合もあります。

そんな中でダミアンに関しても、完全にフィットしているかと言われればそうではないんでしょうが、でも先発で出るとなんだかんだ結果は残していますよね。

そこはやっぱり力のある選手で、決定力も高いんだなぁと思わずにいられません。

リーグ戦では先発3試合で2ゴール、ACLは先発3試合で1ゴール、ゼロックスでも1ゴール、先発7試合で4ゴールですから、やはり決定力は高いと思います。

また、この上海戦ではフィジカルが強い上海相手にヘディングも完勝に近く、GKからのロングキックをヘディングで味方に正確に落とす余裕までありましたから、その辺りの技術力も流石だなと思いました。

やっぱり、夏ぐらいからですかね、目も揃ってゴール量産してくれるんじゃないでしょうか?

予感がしますね!

スポンサーリンク

2019 ACL GS第5節 川崎×上海 最後に

結果として自力突破の可能性はなくなりました。

とにかく最終戦のアウェイのシドニー戦に勝利して吉報を待つしかありません。

自分もアウェイにはいけないので日本で吉報を待ちたいと思います!

ただ、上海の相手は首位通過の決まった蔚山ですから、メンバー落としてくるかもしれませんし、なかなかむすがしいですね。

蔚山のフレッシュなメンバーに期待しましょう!

さて、次はJ1第11節アウェイの清水戦です。

昨季までいたエウソンやテセ、西部さんなんかがいます!

西部選手が先発という話もありますし、非常に楽しみでもありますね!

徐々に怪我人が戻ってきているという報道もありますし、5連勝期待しましょう!!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

ひえい

はじめまして。当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログを運営している「ひえい」です。

サッカーを愛する兼業ブロガーです!

年間現地観戦15試合以上、DAZN観戦約200試合!
2007年より川崎フロンターレを追っています!
豊富なサッカー観戦経験からtoto予想や、川崎フロンターレを中心に国内外のサッカー情報(たまにWeb、ダイエットなど)について配信していきます。

宜しくお願いしますm(__)m

よろしければフォローをお願いします!
川崎フロンターレ
スポンサーリンク
記事をシェアする
よろしければフォローをお願いします!
スポンサーリンク
楽しいことして生きよう

コメント