☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

久々の完勝劇! 2019 J1第8節 川崎フロンターレ×湘南ベルマーレ

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約11分で読めます。

川崎フロンターレ第8節はホームで湘南ベルマーレとの対戦となりました!

ホーム未勝利で迎えた第8節。
今季初の連勝とホーム初勝利がかかる一戦となりました!

まずはDAZNハイライトをご覧ください!

【DAZN提供】2019_J1-第8節vs湘南ベルマーレ_20190419_Game Highlights

結果は2-0で勝利。

無事リーグ戦今季ホーム初勝利とリーグ戦連勝となりました!

さぁ、これで乗ってくるでしょうか!?

それでは、この一戦について振り返ってみたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 スターティングメンバー

まずはスタメンです。

スターティングメンバー
川崎F 湘南
GK チョン ソンリョン GK 秋元陽太
DF 馬渡和彰 DF 山根視来
奈良竜樹 フレイレ
舞行龍ジェームズ 小野田将人
登里享平 MF 岡本拓也
MF 田中碧 齊藤未月
大島僚太 松田天馬
家長昭博 杉岡大暉
阿部浩之 FW 武富孝介
FW 知念慶 山崎凌吾
小林悠 梅崎司

 
○交代
【川崎フロンターレ】
64分 馬渡和彰→鈴木雄斗
70分 阿部浩之→長谷川竜也
85分 知念慶→脇坂泰斗
 
【湘南ベルマーレ】
12分 武富孝介→中川寛斗
46分 小野田将人→秋野央樹
61分 齊藤未月→鈴木冬一

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 スタメンのポイント

川崎フロンターレ

鳥栖戦からは下田→碧に変更となっています。

システムは4-4-2で、鳥栖戦でも途中から見せていたシステムとなっています。

鳥栖戦から僚太が戻ったことで、ボール保持、ビルドアップ、連動性といった部分が向上した反面、僚太のコンディション面での不安も見られたことから、碧のハードワークという部分での期待がある人選となっています。

また、この試合でも彰悟が欠場となり、鳥栖戦では不安定さも見せたディフェンスラインですが、前節と同じメンバーとなっており、舞行龍の試合勘や連携面での向上が期待されます。
 

湘南ベルマーレ

菊地に変わって梅崎、鈴木冬一に変わって岡本、大野に変わって小野田が前節から変更になりました。

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 スタッツ

【得点】
川崎 vs 湘南
前半 2-0
後半 0-0
合計 2-0

■得点者
【川崎】
阿部浩之
知念慶
 
【湘南】
なし
 
観客数:19,556人
気温:20.6℃
湿度:65%
 
川崎:湘南
支配率 52%:48%
シュート(枠内) 12(3):9(2)
FK 8:8
CK 6:8
走行距離 115.168km:123.064km
チームトップ
(川崎)田中碧 11.574km
(湘南)松田天馬 12.021m
スプリント 167回:150回
チームトップ
(川崎)知念慶 24回
(湘南)梅崎司 20回
 

やはり碧が川崎の走行距離トップとなりました。

僚太が戦術的にずば抜けた”目”で良いポジショ二ングでボールを受けて、さばいて、守備においてもそのポジショニングで相手の芽をつむのに対して、碧はそのハードワークで僚太とのバランスを取っていましたね!

湘南に関しては思ったほどスプリントなども伸びていませんでした。

曹貴裁監督曰く、新たな戦い方も模索しているようなので、そのあたりとこれまでの特徴という部分でどのようなバランスを取っていくかというのがまだ見いだせていないのかなというのは感じました。

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 勝負を分けたポイントは?

2019 J1 第8節 川崎×湘南 圧巻の家長昭博と大島僚太

この試合、数字にも出ていますが、アキと僚太のパフォーマンスは圧巻でしたね。

このパスのデータ見てもわかりますが、パスが成功率二人とも90%超えで、さらにアタッキングサードでの成功率も二人揃って90%を超えるという驚異的な数値を残しています。

100本以上のパスを記録していてこの数字は驚異的だと言わざるを得ないと思います。

この二人がボールを触ることで湘南はプレスをかけきれませんでした。

アキに関してはボールを持たれると飛び込めない、あたりにいってもあの強靭な腕ではね返られる、そして守備時は右サイドハーフでしたが、ボランチまで降りてビルドアップをしたり、真ん中左とまさにポジションレスで掴みづらい動きをしていました。

僚太に関してはまさかのスプリント”0″!!

J1でフル出場してスプリント0だったフィールドプレーヤーってほかにいるんでしょうかね…?

でも、スプリントしないであのプレーができるというのもまた凄いことだと感じます。

まさに俯瞰の視野じゃないですが、フィールド全体が見えていて、常に的確なポジションを見つけて事前に動いていないとあれだけのパスを受けて出すことはできません。

僚太もそういう域に達してきましたね。

僚太がいるといないとでは全然違いますからね、川崎のサッカーの体現者といってもいいかもしれませんね!

あと、最後にこの試合ではアキさんが新手の時計の針の進め方をしていました!笑

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 谷口彰悟の欠場がもたらすもの

この試合も奈良ちゃんと舞行龍がセンターバックのコンビとなりました。

鳥栖戦を見る限りは正直不安しかなかったのですが、気付けば2試合連続完封。

舞行龍もこの試合では安定感ありました。

やっぱり強度の高い公式戦こなすと変わるもんですね!

あとはやっぱり奈良ちゃんです。


 

「1点目のアシストは自分のなかで到達点とは思っていなくて、ああいうプレーをすることで自分にプレスがくれば他の選手が空いてくる。そこの方が大事。周りの選手を使う判断はまだ精度が低いと感じている。今回は知念の動きに対してどのタイミングで出すかだけを判断していた。自分が狙っているところを警戒されたらどこが空くのかを見られるようになれば、もっと楽しいだろうなと思う。」(奈良竜樹)

 
彰悟がいない中で、奈良ちゃんがディフェンスリーダーとして成長するのももちろんですが、ビルドアップ、フィードという面でも変わっていると感じています。

彰悟がいると、ディフェンスラインからのビルドアップはやっぱり彰悟が中心となりますが、自分ではまだまだだと言っていますが、確実に前につけるパスが増えていますし、あのアシストもできるのは大きいですね。

コメントしている通り、あれをあの位置から出すことができると、相手はあそこまでプレッシャーに出てこないといけないですし、そうするとボランチやアキがもっと余裕を持ってボールを受けられるようになるメリットも生まれてきます。

どちらにしてもいいことづくしですし、奈良ちゃんもそうですが、僚太の怪我がきっかけで碧が成長したり、知念もそうですが、主力の離脱や不調をきっかけにちゃんと若手が成長しつつ、勝つことができているのはチームとしていいサイクルに入っているなと感じます。

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 覚醒 知念慶

知念が4試合連続ゴールとなりました!

「最近、プレーは良くないが、ゴールは取れているので、FWとしてはこれで正解。チームの勝利につながるゴールが取れているので、これからも勝利に貢献したい。」(知念慶)

自分で言うほど悪くはないと思いますが、確かにプレー機会が多いかと言われると、そう多くはありません。

でも、それは知念という選手が細かく出し入れしてというタイプでもないので、チームとして知念の特徴を理解して使っている印象はあります。

「序盤は三井寿!!」

ならぬ「序盤は知念慶!!」

「オッケー…
しかし今の知念慶はいいぜ………J1勢よ」

という感じですね!
(byスラムダンク)

また、このままの調子でいくと、大迫選手が招集されないのは確実なので、知念にコパアメリカの白羽の矢が立つ可能性は十分あります!

森保監督も最近よくきてるし!

そうなると知念は代表の空気を吸ってより成長する可能性もあります。
(合宿で怪我して辞退して帰ってくる可能性も…)

ただ、本当にコパアメリカに出場できたら、一皮も二皮も向ける可能性もあります!

川崎にとっては痛手となりますが、将来的なことを考えればプラスの面が大きいでしょう!

個人的には是非期待してます!

また、夏男小林悠と夏に強いのがブラジル人の特性でもあるので、ダミアンも夏ぐらいにコンディション含め上げてくると思っています。

ちょうどコパで抜ける頃までに悠とダミアンには仕上がってもらいましょう!

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 右サイド

毎試合話題にさせてもらっていますが、この試合では馬渡、家長という右サイドでしたが、実際にはアキは右サイドにとどまっていることは少なかったので、ペアとはいいがたかったですね。

この試合では懸念された守備面での不安定さを露呈することもなく、攻撃面ではアシストも決めて良い出来だったのではないでしょうか!

アシストの場面も「そこにエウソン」的な動きでしたし。

また途中からラルフが投入されましたが、こちらはまた違うタイプでドリブルでの推進力を出そうとしていましたが、危険な位置で取られて危ない場面を作るなど、少し不安定な出来でしたね。

マギーニョが試合に絡めていませんが、この試合の出来という意味でも馬渡が一歩リードという感じですね。

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 阿部浩之ビューティフルゴール

2019 J1 第8節のベストゴールに選ばれた阿部ちゃんのビューティフルゴール!

このプレー、僚太のフィードから馬渡→阿部ちゃん→ゴールとダイレクトノーバンで完結しています。

昨年の僚太のベストゴールは地上で34本繋いで最後に美しいダイレクトの連続でゴールとなりましたが、この空中戦のダイレクトもまた見応えがありますね!

また、前節の鳥栖戦もそうでしたがこの僚太のフィードも新たな武器となっています。

今回受けたのは馬渡でしたが、これって知念やダミアンなんかを想定した崩しなんじゃないかなという気がしています。

中盤から一列飛ばしてフィジカルの強い知念やダミアンがキープして自分で行くもよし、そこからつなぐもよし、という形をバリエーションとして増やしているんじゃないかなとここ2試合見て感じました。

あと、馬渡選手、なんかこれは「そこにエウソン」っぽい動きでしたね!

やはり、彼が攻撃面では一番合ってきているのかな?

スポンサーリンク

2019 J1 第8節 川崎×湘南 最後に

今季ホームリーグ戦5試合目にしてやっと聞くことができました!

最後にこれを聞かないと気分良く帰れませんからね!

ACLでは1回勝ってますが、やっぱり雰囲気が違いますからね!

よかった!

ただ、今週は火曜日にすぐ試合があります!

4/23(火)はACL GS第4節の蔚山現代戦となります。

ACLのGSを突破するためにはこのホームでの試合は必勝です。

負ければ絶望的、引き分けでもかなり苦しいです。

そんな中、希望込みのスタメンです。

コンディション面での不安のある選手も何人かいて、まずは僚太。

ここ2試合連続フル出場していますが、上でも書いた通り、スプリント0とやはりちょっと体に負荷がかかることはセーブしながらやっている印象があります。

そのあたりを考えてどう起用してくるでしょうか。

ただ、必勝ですからね、僚太は必要です!

あとは、阿部ちゃんと馬渡も前節痛めたような素振りを見せつつの交代でしたから、この試合では起用されないかなと予想しています。

その分、憲剛が練習に復帰しているようなので、スタメンでくるかわかりませんが、メンバーに入ってくるのではと予想しています!

個人的にはカイオ、ダミアン、マギーニョなんかもみたいなと思っていますが、どうなるでしょうか!?

みんな、チケット余ってるはずですから、火曜は等々力に集まりましょう!!!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました