☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

馬渡和彰(まわたりかずあき)のプレースタイル、経歴は?J3からの叩き上げイケメンサイドバック!

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約6分で読めます。

2018/12/18に馬渡和彰(まわたりかずあき)選手の加入が発表されました。

川崎フロンターレ オフィシャルWEBサイト
最新のお知らせ、チケット・等々力競技場の情報、試合の情報・結果、選手・スタッフ紹介、アカデミーの情報など、川崎フロンターレのあらゆる方法をお届け!

少し前から加入決定的という報道が出ていましたが、このたび発表となりました。

エウシーニョ選手、武岡選手、田坂選手と昨シーズン右サイドバックとしてプレーした選手が軒並みチームを離れることとなったので、右サイドバックの補強は急務でしたが、楽しみな選手が入ってきましたね!

顔もイケメンですので非常に人気が出そうな気がしています!
それでは馬渡選手のプロフィールやプレースタイルについて紹介したいと思います。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
 

スポンサーリンク

馬渡和彰(まわたりかずあき) プロフィール

プロフィール


出典:https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20181218/878426.html
馬渡和彰(まわたりかずあき)

生年月日:1991年6月23日(27歳)

出身地:東京都

175cm、70kg
 

所属クラブ

プロ前

  • 三宿サッカー少年団
  • 世田谷区立三宿中学校
  • 船橋市立船橋高等学校
  • 東洋大学

 

プロ

  • 2014年 – 2015年 ガイナーレ鳥取(J3) 56(8)
  • 2016年 ツエーゲン金沢(J2) 17 (1)
  • 2017年 徳島ヴォルティス(J2) 40(4)
  • 2018年 サンフレッチェ広島(J1) 13(1)

※所属年 所属クラブ 出場試合数(得点)
 
246号線に三宿の交差点がありますが、世田谷のいいところの生まれの都会っ子ですかね!

フロサポならわかりそうですね!

等々カであれば三宿からはそう遠くないので、地元近くに帰ってき感覚があるかもしれないですね!

そして、高校は名門市立船橋で鬼木監督の後輩にあたりますね。

そして東洋大学に進学して、大学時代にも活躍していたようで、卒業後はJ3の鳥取に加入しますが、もっと上のカテゴリーにいけたのではないかという声もありました。

そして、鳥取でJ3を2年、金沢1年と徳島1年でJ2を2年、そして昨年はJ1広島に加入して来季から川崎となります。

J3から5年でJ1王者へ加入と馬渡選手もかなりのサクセスストーリーと言えますね!

徳島ヴォルティスでかなり印象的な活躍をしていましたので、その時の印象が個人的には強いですが、その徳島での活躍が評価されてJ1広島に個人昇格をはたしています。

昨年、広島ではリーグ戦4試合と納得のいく成績を収められたとは言えませんが、最終節でゴールをあげるなど、良いパフォーマンスも見せていたことや、昨年J1を経験したことで今年はJ1の水に慣れた状態での加入は非常にプラスだなと思っています。

また、非常にイケメンなのですごく人気が出そうな予感もしています!

スポンサーリンク

馬渡和彰(まわたりかずあき) プレースタイル


出典:https://www.google.co.jp/amp/s/www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20171227/690610.html/amp
馬渡選手のプレースタイルですが、ポジションは左右どちらのサイドバックでも起用可能なのと、サイドハーフでの起用も可能です。

ただ、川崎フロンターレの状況を考えると左サイドバックやサイドハーフは非常に層が厚いポジションでもありますし、昨シーズン右サイドバックを務めた選手が全員退団したことからも右サイドバックでの起用が主となるでしょう。

プレースタイルはスピードのある攻撃的なサイドバックで、高い位置でボールうけて縦へのドリブル突破も中へ切れ込んでショートなどのプレーも得意です。

その他、スピードを活かして裏抜けなどのプレーも得意としています。

また、徳島ではプレースキッカーも務めていましたので、キックの精度という点でも良いものを持っています。

川崎フロンターレに合った超攻撃的なサイドバックといっていいと思います。

馬渡和彰 Kazuaki Mawatari プレー集 2017

ここ4年川崎の右サイドバックは「そこにエウソン」でお馴染みの超攻撃的で神出鬼没なエウシーニョという選手が君臨していたわけですが、エウソンのような選手はなかなかいないわけで、同じ攻撃的でも攻撃的な意味合いが少し違って、馬渡選手のほうがよりよりみんなが想像しやすいドリブル突破などを得意とする攻撃的なサイドの選手、というイメージかなと思います。

ここまでのプロキャリアの中で毎シーズン必ず得点をあげていますので、そういった意味では非常に楽しみな選手ですね。

スポンサーリンク

馬渡和彰(まわたりかずあき) この事件で覚えている人がいるかもね

2017シーズンの徳島ヴォルティス時代の4/29 J2第10節ジェフ戦でボールパーソンをちょっと小突いてしまい、非紳士的な暴力行為を行ったということで、退場処分を受け、Jリーグ規律委員会より2試合の出場停止処分を受けるということがありました。

また、この件でクラブからも謹慎と減法を受けています。

胸糞【拡大版】J2徳島DF 馬渡和彰 ボールボーイを小突いて一発レッド退場!

この件で馬渡選手を覚えている方もいるかと思います。

まぁ、肯定する訳ではありませんし、悪い行為であることは間違いないんですが、世界的に見るとアザール選手であったり、浦和の柏木選手なんかもありましたが、ボールパーソン絡みの問題はたいていボールパーソン側に問題がある場合は多いです。

少年がやっている場合も多いのでうまくできなくてしょうがない面ももちろんありますし、そういった場合は暖かく見守ってあげるしかないんですが、ポールパーソンがホームチームを有利にするために故意にやっているとしたら非常に問題ですね。
まぁ、このパターンがどうかはわかりませんが、この場合もボールをすぐほしい馬渡選手に対して、故意かどうかはおいておいてボールパーソン側の対応にも問題があったとは思います。

この件で少しダーティなイメージがあるかもしれませんが、けっして悪童というタイプでもありませんし、長々と書きましたが、これだけでそう決め付けるなよ、と言いたかっただけです。

まぁ、こんな話もあった選手です。
 

最後に

これまでのプレーや、プレースタイルを考えると非常にチームに合いそうな気はしていて、そして非常に期待は持てるなと思っています。

恐らく右サイドバックの選手は他にも入ってくることが予想されますので、どういった序列になるかはわかりませんが、非常に楽しみですね!

そして、なんといってもイケメンなのでプレー以外のところでも期待してしまいますね!

早くプレーが見たいです!

スポンサーリンク

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました