☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

家長昭博MVP!川崎フロンターレからベストイレブン7人とベストゴール受賞【アウォズ2018】

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約9分で読めます。

2018/12/18に横浜アリーナで「2018 Jリーグアウォーズ」が開催されました。

今年しもDAZN観戦となりましたが、川崎フロンターレファンとしては非常に至福の時間でしたね!

やはり連覇していますし、成績に関しても他の追随を許さない圧倒的な成績でしたから、賞の受賞に大きな期待がかかっていたわけですが、無事に!といってはおかしいですが、フロンターレファンとしては望む結果になってよかったなと思います!

それでは各賞について。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
 

スポンサーリンク

家長昭博 2018年JリーグMVP 川崎Fからは3年連続の受賞


出典:https://www.jleague.jp/sp/awards/2018/all_winners.html

2018年JリーグMVPには家長昭博選手が輝きました!

色々なところで家長選手がMVPだろうと言われ、チームメイトもアキじゃないかということをテレビで言っていましたし、決まってしまえば下馬評通りとなりますが、やりましたね!

これで川崎フロンターレの選手がMVPを受賞するのは2016年 中村憲剛、2017年 小林悠、そして2018年 家長昭博と3年連続となります。

同一チームから3年連続MVPは史上初!

川崎フロンターレの選手がリーグを代表する選手ということで、選ばれ続けるのは嬉しいことですね!

ただ、個人的には正直不安もありました。

フロンターレの試合を見続けているフロンターレファンとしては家長選手の今年の圧倒的なパフォーマンスでMVPは間違いないと思っていても、本人もコメントしていたように数字的には6ゴール7アシストと圧倒的なものとは言い難いものでした。

見続けている人は家長選手の献身的なプレーもそうですし、前線の選手達と連動した守備もそうですし、終盤の苦しいところでのキープやなんといってもあの前線でボールを収めて全くとられない圧倒的なキープ力で起点とになるプレー、川崎の攻撃の中心となっているプレーを見ていますからいいんですが、投票するのは選手や監督になります。※選考方法は後ほど

他チームの選手や監督は川崎の試合ばっかり見てくれるわけではないですし、リーグ戦で対戦するのは年2回だけですから、数字をあげている人が有利になったりというのはやはりありますから、そういった面で心配もありました。

憲剛や彰悟もMVPに値する選手だと思っていますが、それでも家長選手の選出に全く異論はありませんね!

そして、恒例になりつつある息子さんたちも登場。

イケメンの息子たちを見てなんだかこっちの目頭が熱くなってしまいました。

そして、中学のG大阪ジュニアユースの同僚で、生年月日も同じ本田選手からのビデオレターもありました!

さながら、フロンターレを祝う会みたいで、楽しませていただきました!

スポンサーリンク

ベストイレブンに川崎Fからは史上最多タイの7人選出



出典:https://www.google.co.jp/amp/s/www.daily.co.jp/soccer/2018/12/19/0011916324.shtml%3Fpg%3Damp
フロンターレの中にチャナティップ選手がいる感じになっちゃってますね!笑

最終的に2位と勝ち点差12、そして最多得点最少失点での優勝ですから、最終成績としては圧倒的な成績だったといえると思うので、多く選ばれるだろうと思っていましたが、それにしても7人とは!

凄すぎる!

川崎フロンターレから選出のベストイレブンのラインナップは以下の通りです。

川崎Fのベスト11受賞者

  • チョン ソンリョン
  • エウシーニョ
  • 谷口彰悟
  • 車屋紳太郎
  • 大島僚太
  • 中村憲剛
  • 家長昭博(MVP)

ちなみに過去7人選ばれたのは1994年のV川崎(菊池新吉/ペレイラ/柱谷哲二/北澤豪/ビスマルク/ラモス瑠偉/武田修宏)と、2002年の磐田(鈴木秀人/田中誠/福西崇史/藤田俊哉/名波浩/高原直泰/中山雅史)になります。

その他の受賞者は以下になります。

その他のベスト11受賞者

  • 西大伍(鹿島)
  • チャナティップ(札幌)
  • ファンウィジョ(G大阪)
  • ジョー(名古屋)

個人的には西選手はけっこうビックリしました!

あとは、広島の選手がもう少し入ってくるかなと思っていたので、DFだと佐々木選手、FWにはパトリック選手は入ってくるかなと予想していましたが、FWは得点王のジョー選手とファン ウィジョ選手となりました。

確かにファン ウィジョ選手のインパクトも凄かったねすね!

個人的には埼スタでの浦和戦のゴールはほんとにインパクト強くて個人技系のゴールではあれが今季一番好きでした。

フロンターレに関しても贔屓目を抜くと多くても5人ぐらいかなと思っていたのでまさかの7人とは!

多い分には何も文句ないので良かったです。

個人的には谷口選手があの活躍で選ばれなかったらどうしようという不安があったのですが無事選ばれてホッとしました。
得票数もDF部門で断トツでしたね!

ちなみに優秀選手賞と投票数は以下の通りです。

スポンサーリンク

2018年Jリーグ優秀選手賞と投票数

ベストイレブンの候補となる「優秀選手賞」の30人は、J1の18クラブの監督および選手(17試合以上出場が資格条件)の投票結果をもとに各ポジションの投票数の上位選手からチェアマンが選出。ベストイレブンは「優秀選手賞」の中から活躍が顕著だった選手11名を選考委員会で決定。投票はJ1リーグ第33節終了時点で行われている。

 
J1の18クラブの監督及び選手(17試合以上出場)による投票結果は以下の通りです。(☆=ベストイレブン選出)

【GK】

  1. ☆チョン ソンリョン(川崎F)42票
  2. 東口順昭(G大阪)33票
  3. 権田修一(鳥栖)29票
  4. クォン スンテ(鹿島)28票

 
【DF】

  1. ☆谷口彰悟(川崎F)124票
  2. ☆車屋紳太郎(川崎F)87票
  3. ☆西大伍(鹿島)82票
  4. ☆エウシーニョ(川崎F)74票
  5. 山中亮輔(横浜FM)59票
  6. 槙野智章(浦和)54票
  7. 佐々木翔(広島)42票
  8. 三浦弦太(G大阪)39票
  9. 奈良竜樹(川崎F)30票
  10. 森重真人(FC東京)22票

 
【MF】

  1. ☆家長昭博(川崎F)177票
  2. ☆中村憲剛(川崎F)131票
  3. ☆大島僚太(川崎F)90票
  4. ☆チャナティップ(札幌)71票
  5. 守田英正(川崎F)53票
  6. レオ·シルバ(鹿島)52票
  7. 青山敏弘(広島)39票
  8. 三竿健斗(鹿島)38票

 
【FW】

  1. ☆ジョー(名古屋)141票
  2. ファン ウィジョ(G大阪)94票
  3. 小林悠(川崎F)77票
  4. 鈴木優磨(鹿島)54票
  5. 興梠慎三(浦和)53票
  6. パトリック(広島)51票
  7. 伊東純也(柏)33票
  8. ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)22票

 
GKを除く単純な投票上位者という点でいうと、チャナティップ→小林悠ということになりますが、ポジションの兼ね合いやバランスなども考慮してチャナティップ選手が選出となったんでしょうかね。

小林悠を入れた4-3-3でも枠的には問題なさそうですし、川崎Fの多すぎバランスを取ったというならエウシーニョ(74票)→小林悠(77票)で3-4-3でもよかったのかなと。

なので、票から見ると小林悠選手はちょっとかわいそうでしたが、そのあたりは全く異論はありませんし、チャナティップ選手も非常に印象的な活躍をしていましたからね!

驚いたのはパトリック選手がFW6位だったことですね。

終盤尻すぼみになってしまった感はありますが、印象的な活躍はしていましたし、広島の選手全般に言えることかもしれませんが、第33節終了時というシーズン終盤に投票を行うので、どうしてもよくない時期と重なってしまうとその時の印象で票が伸びないということはあるかもしれませんね。
 

中村憲剛史上最年長ベストイレブン獲得!ラモス氏をこえる!

川崎のバンディエラは今年も文句なくベストイレブンを受賞しました。

これでベストイレブンの受賞は8回目で、恐らく遠藤保仁選手、田中マルクス闘莉王選手に次ぐ歴代3位の受賞回数となります。

ちなみに1位はヤットさんの12回。凄すぎ…

ただ、今回のベストイレブンでなんと史上最年長ベストイレブン受賞となりました!

1994年にラモス瑠偉氏が37歳で受賞した記録を今年の受賞で38歳と更新しました。

また、今年のベストイレブンのプレゼンターがラモス氏だったのも良かったですね。

巡り合わせでしょうが、勝手にラモス氏が認めたような感覚になっていしまいました。

今年も全体で3位の得票数を獲得していますし38歳でプロとしてやっているというだけでも本当に凄いことで、さらにその中の日本のトップリーグのトップオブトップの選手のわけですから凄すぎますね。

もともとフィジカル的なところを強みにしている選手ではありませんが、恐らくわれわれがわからないところで衰えというのもあると思います。

各試合でフル出場することは減ってきましたが、今でも年々進化して守備面のスイッチャーという新たな役割も得て、スプリントなんか昔より増えているんじゃないかと思うほどですからね!

ほんとに凄い選手で、中村憲剛という選手がが川崎に入れくれたことにほんと感謝しかないです。
また来年も全力で応援したいと思います。
 

大島僚太がベストゴール!34本のパスをつないだ伝説級のゴール!

まぁ、これでしょう!

下馬評通りではありますが、ちょっとこのゴールは美しすぎますよね!

憲剛選手も言ってましたが、これをイニエスタ選手の前でやったこと、こういうことができるチームが日本にもあるんだよ、ということを見せられたという意味でも非常に大きなゴールでしたね!

ロングシュート、オーバーヘッド、ドリブル突破、ノミネートされていたゴールはどれも素晴らしいですが、チームとしての機能美というか、これぞフロンターレというか、 フロンターレ史上過去最高に美しいゴールとってもいいんじゃないでしょうか!

そんな美しいゴールが今年のベストゴールとなりました!
上のツイッターから34本全部見てください!

スポンサーリンク

最後に

フロンターレファンとしては本当にたまらないアウォーズとなりました!

我が家の幼いフロサポも大興奮していました!

レアンドロ ダミアン選手をはじめ、馬渡選手や山村選手など、来季に向けて新しい選手の加入も発表され、社長をはじめ、監督、選手皆さん言っていますが、カップ戦を含めた複数タイトル目指す戦いが始まっているんだなと感じています。

ただ、ここで阿部ちゃんの名言をひとつ。

「また来年もなにかひとつとりましょう。」

もちろん複数取るために応援しますが、できれあ3連覇が見たいんです!

3連覇はまだ鹿島しかやっていない偉業ですし、それに加えて複数って言うのは並大抵のことじゃないと思います!

ただ、期待はしています!

それでは、最後にこの言葉で締めたいと思います。

「僕は汚いプレーが多くて。影でいろいろ言ったり、陰で汚いこともしますが、こうやって選んでいただけて光栄です」(奈良竜樹)

おいっ!奈良ちゃん!笑

コメント賞です!笑

みんな君のファイティングスピリッツあふれるプレーが好きだからG大阪いかないでね!
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました