☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

中村憲剛のエル クラシコ解説について

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約5分で読めます。

中村憲剛選手のDAZNでのエル クラシコの解説が話題になっています。

今回は憲剛選手の解説の何がすごかったのか紐解いてみたいと思います。

この記事ではエル クラシコの試合内容についての言及は特にありません。

あくまで憲剛選手の解説に焦点を当てた記事となっています。
 

スポンサーリンク

中村憲剛選手の解説について

憲剛選手の解説個人的には非常に楽しめました!

普段憲剛選手を見ている方はわかると思いますが、やっぱりよく喋りますね!

水沼さんの存在を忘れちゃいそうでした!笑

Twitterなどでも賞賛の声が多かったですね!

そんな憲剛選手の解説を聞いていて、何が心地よくて素晴らしいと思ったのか。

個人的には以下の2点だと思っています。

  • 事象を捉える力
  • 事象の言語化

それでは、上記の2点について少し。

残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日

 

中村憲剛選手の解説のポイント① 事象を捉える力

例えば逆サイドの選手が空いてるとかっていうのは見ていればわかるんですが、そこで両チームがどういう狙いを持っていて、どのように選手を配置していて、両チームの配置からどんなことが起きているのか、その結果そこが空いている、とかその空いている選手がどんな狙いでそのポジショニングをしているとか、そういったことを捉える力が良い解説をするのには必要なのかなとこの試合を見て感じました。

解説でも擬音語とか、すごい!とか、逆サイド空いてますね〜とかしか言わない人もいるので、そういった方は即座にこの事象を捉えることができないんだろうなとは感じます。

某地上波の応援団的解説もそれはそれで需要があるのでいいのですが、サッカーが好きでサッカーを深く見たい人は満足できないですし、目で見えることは理解できるので、やはり戦術的な深掘りがあった上での考察というのを聞きたいんですね。

監督の指示を聞いているわけではない解説者が瞬時にそれを理解して判断するのは難しいことだと思いますが、憲剛選手は理解した上でさらには選手目線でどのような判断をしたのかなども解説していたので、非常にわかりやすかったのかなと思います。
 

中村憲剛選手の解説のポイント② 事象の言語化

ポイント①の事象を捉える力に関しては元選手や監督であれば、頭の中で把握するということができる人はそれなりにいるのかなと思います。

憲剛選手がすごかったのはそれをすぐ言語化してしまうということ。

皆さんにもよくあると思いますが、なんとなく感覚的には分かっているけど、うまく言葉にして伝えられない場面ってありますよね?

捉えたことを即座に言語化するって思ったより難しいことだと思いますが、憲剛選手は解説というリアルタイム性が求められる場面で即座に複雑な事象を言語化して、さらにわかりやすい言葉をチョイスしているあたり、サッカーIQが高いだけではなく、その事象を即座に言語化できる能力も高いのだと感じました。

あとは、まだバリバリの現役選手ということもあって、選手目線で捉えているところが面白いなと感じました。

そして、たまに出てくる風間語録っぽい言葉がこじんてきには面白くて、やはりかなり影響をうけているんだろうなということも感じました。

いつも試合終了直後のコメントなどでも自分たちのプレーについての解説や相手の戦術、選手交代の狙いなど目に見えている部分以外のところでも分析担当の方ですか?と思うようなコメントを残していて、サッカーIQという言葉でくくっていいかわかりませんが、事象を捉える能力がプロの中でもずば抜けて高いんだろうなと感じていましたが、それをアウトプットスル力というのもものすごく高いことを改めて感じました。

 

中村憲剛選手の解説を聞いて

今の解説業の方々については一部の方以外はただ起きたことを説明するだけという人も多くいます。

最近では戸田さんが解説業に風穴を開けていると感じますし、日本代表の試合では中西さんと新たな取り組みも行なっており、解説という仕事もただ起きたことを説明するだけでなく、何故それが起きたのか、戦術、システム、配置、個人戦術などを読み取って、それらを説明していくということが必要になってきていますね。

視聴者もだんだんと目が肥えてきていますから、監督業の合間に気軽にやれる仕事ではなくなっていくかもしれませんね。

また、フロンターレサポーターとしては、こういった選手がピッチ内にいるという頼もしさを改めて感じました。

憲剛選手の場合はテレビやスタジアムの上から俯瞰して見ているように、ピッチ上にいても俯瞰して見ているような空間把握能力を持っていると言われています。

話題となったNHKのグッと!スポーツなんかでも紹介されていましたね。

そんな選手をずっと見てこれているんだなと思うとともに、この放送を見ると憲剛選手のセカンドキャリアも安泰だなと感じますが、この能力を活かしてまだまだ現役で頑張ってもらってひとつでも多くのタイトルを獲得してほしいなと思います。

RIN on Twitter
“憲剛さんの解説分かり易すぎる、、、こんだけサッカーIQが高い人がピッチにいる心強さ。 将来は解説もして欲しいしプロモにも関わって欲しいし、もちろん監督もして欲しいし、、、分裂してほしい(笑)”

これがフロンターレファンの気持ちを代弁してくれていますね!

サッカー脳を育む/中村憲剛
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました