☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

監督交代の是々非々

スポンサーリンク
Jリーグ
この記事は約4分で読めます。

シーズン終盤のこの時期になると、優勝争いや残留争いとは別に、選手や監督の去就に関する情報というのも流れるようになってくる。

だいたいこのシーズンが佳境にを迎える時期に入ってくる情報はネガティブな場合が多いのだが、今年も御多分に洩れずいくつかの情報がで始めたので、今回は監督の交代ということに関して、ちょっと感じたことをつらつらと書いてみたいと思う。

スポンサーリンク

監督人事とスタイルの構築?

一応、今回色々と考えるきっかけになったのはこのニュース。

今シーズン確かに思ったような結果は出てないのかもしれないけど、昨シーズン就任して、いきなりチーム初タイトルを含む二冠を取った監督をこのような形で放出するというニュース。

私はセレッソファンではないので、セレッソファンの心境が賛成よりなのか反対よりなのかはわかりませんが、客観的に見た率直な感想はあり得ないなと感じるものでした。

自分がファンだとしたら恐らく残念に思うし、こういった人事をするチームに不信感などを覚えるのではないかと想像しました。
 

スタイル、チームカラー

監督を変える時ってスタイルの構築とかチームカラーにとか、そういった話が出てきますが、スタイルの構築って2つのパターンがあるような気がしています。

  • フロント主体
  • 監督主体

成り立ちの問題なので、どちらがいいというわけではないんですが、簡単に特徴を。

フロント主体

イメージとしては鹿島、最近で言えばFC今治なんかがこちらのタイプかなと思っています。

鹿島はもともとジーコから始まっていて、選手としてきたジーコですが、選手としての存在というよりもっと大きなものをもたらしていますので、そのジーコイズムがどんどん継承されている、という意味ではフロント主体なのかなと。

今治もそうですね。

フロントが作ったメソッドに沿ったチーム作りが進みられています。

監督主体

ある監督が持ち込んだものをスタイルとして取り入れて、継承していくというパターン。

最近では川崎フロンターレなんかがこれに当たります。

札幌もこれに近いことをしようとしているのかなという気はしています。

セレッソもこのような形でユン監督の個性を理解した上で、少し緩いとされていたチームカラーのようなものを変えてほしいという話が就任にあたってあったと記憶しています。
 

結局何が言いたいのかというと

ひえい|🐬Jリーグワールドチャレンジ チェルシーに勝利🎉 on Twitter
“これだ! ”

結局どちらのアプローチでもいいんですが、組織に新たなスタイルを落とし込むのだったり、チームカラーをら変えていくっていうのは、さぁ変えましょう!といって変わるものではなくて、時間をかけてゆっくりかえていくものだと思います。

本来なら1年〜2年でできることじゃくて、5年とか長期的なスパンで考えいくことかなと思っています。

最近はJリーグも四半世紀たって、色々なカラーのチームが出てきてますが、もう少し辛抱して各チーム自分たちの色みたいなものを確立したら面白くなるのかなと思っています。

なかなか結果が出ないのはファンも辛いんですが、各チームとももっと監督選びというものに慎重になって、スタイルやチームカラーといった軸に沿って監督を選び抜いたうえで、その監督を長いめで見て信じるということも大切なのなと思いました。

やっぱり成功しているタイミングってそういうのが合致してる時ですよね。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました