☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

川崎のプレースタイルにマッチした下田北斗!J1 第18節 湘南ベルマーレ×川崎フロンターレ

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約8分で読めます。

J1 第18節 (延期分)湘南ベルマーレ×川崎フロンターレの試合レビューです。

前回台風の影響で延期になりましたが、この日もまた豪雨となり厳しい環境での一戦となりました。

まずはDAZNハイライトをご覧ください。

【DAZN提供】2018_J1-第18節vs湘南ベルマーレ_20180926_Game Highlights

試合はスコアレスドロー。

ハイライトを見てもわかる通り、勝ち点3を持ち帰ることも可能な内容でしたね。

でも、私はこの結果はポジティブに捉えています!

それでは、試合の詳細を掘り下げていきましょう!

また、フォトレポもぜひ!

【J1】第18節(延期分)湘南ベルマーレ×川崎フロンターレ@BMW平塚 フォトレポート
第18節の延期分、湘南ベルマーレ×川崎フロンターレ@Shonan BMWスタジアム平塚の試合観戦記録、フォトレポートです!フォトレポでは少しでもスタジアム観戦の魅力を伝え、観戦に行きたいと思う人が増えてくれればと思っています! 豪雨の中行ってきました!

 

スポンサーリンク

第18節 湘南×川崎 スターティングメンバー

まずはスタメンから。

スターティングメンバー
湘南 川崎F
GK 秋元 陽太 GK チョン ソンリョン
DF 山根 視来 DF エウシーニョ
坂 圭祐 奈良竜樹
大野 和成 谷口 彰悟
MF 岡本 拓也 車屋 紳太郎
齊藤 未月 MF 下田北斗
石川 俊輝 大島 僚太
杉岡 大暉 中村 憲剛
FW 松田 天馬 家長 昭博
山崎 凌吾 阿部 浩之
梅崎 司 FW 小林 悠

 

○交代
【川崎フロンターレ】
61分 阿部浩之→登里享平
71分 下田北斗→中村憲剛
82分 家長昭博→知念慶

【湘南ベルマーレ】
75分 松田天馬→菊地俊介
82分 梅崎司→小川慶治朗
88分 山崎凌吾→イ ジョンヒョプ
 

第18節 湘南×川崎 スタメンのポイント

川崎フロンターレ

スタメンは前節と同様ですね。

この2試合良い内容で勝利していますので、勝ってる時は動かさず、というところでしょうか。

湘南の前線を考えると登里選手を左サイドバックで起用するディフェンスラインや、連戦を考慮しての入れ替えもあるかと思いましたが、変えませんでした。
 

湘南ベルマーレ

まずは菊地俊介選手が復帰してベンチ入りしています。
多少の入れ替えはありますが、想定通りのメンバーと言えると思います。

ベテラン梅崎選手が好調で注目が集まりました。
 

第18節 湘南×川崎 スタッツ

【得点】
湘南 vs 川崎
前半 0-0
後半 0-0
合計 0-0

■得点者
【川崎】
なし

【湘南】
なし

■勝点
【川崎】
52→53

【湘南】
31→32

気温:18.7℃
湿度:89%
湘南:川崎
支配率 38%:62%
シュート(枠内) 6(1):15(4)
FK 11:17
CK 3:6
走行距離 115.024km:107.394km
チームトップ
(湘南)齊藤未月 11.740km
(川崎)車屋紳太郎 10.801km
スプリント 177回:140回
チームトップ
(湘南)岡本拓也 22回
(川崎)エウシーニョ 29回

雨がどんどん強くなり、後半はかなり強い雨となりました。
しかし、憲剛選手も言っていましたが、あの強い雨の中でも水溜り一つできない素晴らしいピッチ!
そのおかげで良い試合が見れました!

 

第18節 湘南×川崎 勝負を分けたポイントは?

川崎フロンターレのプレースタイルにマッチした下田北斗

下田北斗選手、試合を重ねるごとに川崎フロンターレのプレースタイルにマッチして成長しています。

守田選手もそうですが、やっぱり試合に出て憲剛、僚太、家長、阿部ちゃんとプレーすることでどんどん成長していくんですね!

この日途中交代したにもかかわらず、パス数トップを記録。

下田北斗選手、自信持ってボールを受けてフロンターレのプレースタイルを吸収して、ちゃんとチームとして機能するようになってきています。

こっからはどんどん自分のストロングの部分も出していってほしいですね!

プレースキックも早くて曲がる質の高いボールを蹴りますから、合わせるのでも直接でも得点に繋がるところを見せてくれるでしょう!

守田選手も含めてボランチの層がどんどん厚くなってきました!
嬉しい限りです!

しかし、試合に出だした途端、毎試合みんな上手くなっていってます!
成長速度早すぎ!

 

安定している川崎のディフェンス

この試合の大きなハイライトのひとつでもこのシーン。

札幌戦の2点目の憲剛選手のゴールのシーンと似てますね。

この場面だけ見ると守から攻の部分に目がいきますが、今年の川崎現在のところリーグ最初失点です。

ジュニーニョがいた頃の川崎とかを見てる人からすると最少失点って何語ですか?
と言いたくなるぐらい川崎とは無縁のものでしたが、昨年も32失点で1試合平均で1点を割りました。

今年はそこからさらに進化していますね。
このペースでいけば、20点台でフィニッシュしそうな勢いですね!

ちなみにJ1過去最少失点は2008シーズンの大分で24失点。

残り7試合で現在20失点…
可能性はまだありますね。

また、川崎は攻撃的な姿勢をチームとして掲げた上で、現時点での最初失点を実現しています。

ただ、それは守備陣が頑張っているだけではありません。

これほど綺麗に前線からの激しいプレスがカウンターにつながることはそんなありませんが、今の川崎はこういったディフェンスを常にしています。

最年長の憲剛選手が相手のディフェンスラインに全力でプレスかけているんですね。

去年からさらに憲剛選手の守備力が向上している気がしますしね。

そういったプレーがあって、後ろは的を絞りやすかったりコースが限定されてる中でディフェンスする事で安定が生まれています。

これはまさに鬼木監督が植え付けたものですね。
前線の4人は攻撃に注目されがちですが、ディフェンスも全力でやっています!

ぜひ注目してみてください!

 

連戦を踏まえた采配としてはどうか?

この3連戦は最後に中2日で長崎遠征となります。

同じメンバーで戦いきるのは少し難しいかなと思っていました。

ターンオーバーするならこの湘南戦だったと思います。

それなら休んだ主力は1週間おきの試合となるので。

ただ、この劣悪なコンディションの中フルメンバーで戦ったということは、長崎戦も主力組で行くとしたら中2日で長距離移動も伴うのでコンディションかなり厳しいと思います。

元気な長崎相手、順位的にも最下位との対戦ですので勝ち点は落としたくない試合ですので、このコンディション面や、メンバー構成が次の試合にどう出るかは注目です。

また、奈良選手のボールタッチやパスの選択は非常に不安定でした。

フロンターレではボールの扱いに優れたタイプではないので、今日のような環境ではその影響がもろに出て不安定になっていましたね。

夏場に機能していたディフェンスラインに戻すのもありだったと思います。

また、ピッチ素晴らしかったですが、最後の方はさすがに少し重くなっているようにも見えました。

湘南のディフェンスラインもフィジカルに優れた選手が揃っているわけではないので、知念をもっと早く投入して早めにクロスを上げていく戦術を入れても良かったのかなと感じました。

それでも終盤チャンスは作り続けていたのでどちらが良かったかはわかりませんが。

 

結果はポジティブ!

終盤に超がつくほどの決定的なチャンスが続いたので、勝ち点を落とした印象が強いですが、結果については1ミリも悲観することはないと思います。

残り試合数を考えても山場はまだまだこの後にきます。

勝ち点1積み上げて着実に差を詰めました!
これで1試合差となりました!

これまでの川崎ならこういう展開落としてたと思います!
去年から変わり、今年はまた勝ったことがあるというメンタリティの変化も感じます。

さぁ、次の長崎戦もまた天気が悪いかもしれません。

また中止になったらやる日あるのかな?

長崎戦はDAZNで応援です!

 

サッカーくじ toto|現在、第1058回 toto予想を公開中!
当サイトのサッカーくじ「toto」予想のまとめページになります。筆者の豊富なサッカー、観戦経験からtoto予想をまとめています。対戦データ、戦力、調子などから各試合の詳細な分析を行っています。目指せ1等!予想を的中させて幸せを掴みましょう。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
 


【送料無料】2018 川崎フロンターレ AWAY 半袖 オーセンティック ユニフォーム/ユニフォーム【smtb-f】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました