☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

欧州でサッカー選手になりたいなら語学(英語)力が必要不可欠

スポンサーリンク
サッカーその他
この記事は約8分で読めます。

現代の子供達がサッカー選手になりたいといったら、Jリーグは通過点で目指していることろは海外ですよね!

サッカー選手という意味には自然と欧州で、という意味も含まれ、憧れの対象はメッシやクリスティアーノ ロナウドになっています。

今じゃDAZNやスカパーで気軽に海外サッカーを見ることができるようになりましたから、よりレベルの高いところを目指すのは当然といえますね。

それでは今回は欧州で活躍するためにはサッカーのスキル以外にどんなことが必要かを考えていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

欧州でサッカー選手になるために必要な能力は語学(英語)力、コミュ力、メンタル

欧州でサッカー選手として成功するためには、サッカーのスキル以外に以下の3つの能力が必要不可欠だと考えています。

欧州で成功するために必要不可欠な能力

  • 語学(英語)力
  • コミュニケーション力
  • メンタル

 
最近でも日本人選手の多くが海外に渡っていますが、ヨーロッパの主要リーグで成功したといえる選手はまだまだ多くはありませんね。

チャンピオンズリーグに出場した選手もまだ数えるほどしかいません。

日本代表に選ばれるような選手でありながら、すぐに帰国を余儀なくされた選手も数多くいます。

元々、日本代表に選出されていて、海外からオファーがくるような選手というのは、既にサッカーのスキルとしては申し分ないもの持っていると思います。

では、なぜ欧州で安定して活躍できないのか?

逆に長年海を渡って結果を残している人は何を持っているのでしょうか?
 

語学(英語)力

欧州で成功した選手と、実績を残せなかった選手、海を渡った時点でサッカーのスキルにそこまで大きな差があったとは思えません。

ではその差はなんだったのか?

一番大きな差は語学力だと思います。

欧州のチームに入って日本語の通訳をつけてもらえるのは稀でしょう。

Jリーグのチームであればチームにブラジル人や韓国人が複数いるチームも多いのでこの2カ国の通訳はつくかもしれませんが、欧州のチームで日本人が複数いるケースは少ないので、通訳がつくケースはほとんどないでしょう。

そうすると監督の意図すること、指示などがわからず、さらにはチームのコンセプトも理解できずに、監督の求めるプレーができずに使われないということがおきます。

特に近年は戦術が非常に高度化しています。

監督の意図を理解できないというのは致命的ですね。

もちろん、その国の言語を覚えておくのがベストですが、どの国にいけるかはわかりませんから、まずは英語を覚えておくのがベターでしょう。

イングランドならそのまま通用しますし、欧州内であれば英語なら通じるコーチングスタッフがいる可能性は高いですし、英語の通訳ならチームにいる可能性もあります。

欧州主要リーグで英語が通じる人が全くいないというチームはおそらくないので、コミュニケーションが全く取れなくて困るということはないでしょう。

ただ、長谷部選手や吉田選手、川島選手、長友選手など、長く欧州で活躍できている選手は例外なく現地の言葉でインタビューを普通に受けています。

やはりそういうことなんだと思います。

スポンサーリンク

コミュニケーション力

チームメイトや監督とコミュニケーションをしっかり取れるかというのは非常に大事です。

日本の社会だと、監督に自分はなぜ使われないのか?

などということを聞きにいくのは失礼にあたるというような風潮もありますが、欧州ではまったくそのようなことはなく、むしろそういったコミュニケーションもない選手は異質にうつります。

物怖じせずそういったことをどんどん聞きにいけるメンタリティが必要です。

また、監督だけではなくチームメイトとも気軽にコミュニケーションをとれるかというのは重要です。

やはり、欧州で成功している選手はチームメイトと仲が良いですよね。

プレーには関係ないと思われるかもしれませんが、コミュニケーションを取れる選手というのは信頼されます。

プレーはうまいけど、誰とも話さず練習が終わったら一目散に帰っていく選手なんかは仲良くもされないですし、チームメイトからの信頼も得ることができず、結局それが連携なども含めてプレーに影響してきます。

それには語学力も必要なので、この二つは切っても切れない関係ですが、やっぱり欧州で長くプレーしている日本人選手を見ると、このあたりの能力も非常に高いと感じますね。

ここでも、長友選手や長谷部選手などを考えるとイメージしやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク

メンタル

あとは最終的にはそれらを踏まえてもやはり最初は知り合いもおらず、耐える時間というのも多いのと思いますのでそれらに屈しないメンタルが必要ですね。

そのプレッシャーに負けてひとりで閉じこもっているようではやっぱり成功は見えてきませんね。

環境が大きく変わる中で、日本でやるのと同じようにはいくわけないので、自分を大きく変えていくメンタリティも必要だと思います。

スポンサーリンク

欧州でサッカー選手になるために語学(英語)力をつけろ

まずは語学力ですね。

これは絶対に身につけたい。

少なくともプロサッカー選手を目指しているんだったら、今の時代はプロになる前にある程度身につけておきたいスキルですね。

そして、一番身につけやすいスキルでもあります。

言葉は子どもだってどんどん覚えていくものですし、語学は真剣にやれば誰でも身につけられるスキルです。

でも、今は小学生から英語の授業がありますが、なかなか身につきませんよね?

テストはできれも学校の授業で喋れるようになったという人はまず見たことがありません!

ただ、サッカー選手を目指す子どもなら、学校のあとは部活やクラブの練習などがあり、休日は試合があってという日常を過ごしていると思いますので、なかなか英会話スクールにいくということも難しくありませんか?

そこでおススメなのが、学習の入りとして、聞くだけの学習法です!

この学習法は以下のようなコンセプトで作られています。

学習のポイント

  1. 英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分【聞くだけ学習】
  2. 脳科学で実証された言語習得プロセスを採用。習得効果は「従来の2倍」
  3. 英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材

 

 
このようにCDを取り込んで聞けるので、今の子ども達はみんなスマホを持っていますし、学校への通学やクラブへ通う時間だけで学習することができるというのは大きいですね。
 

 
このようにテキストも小さいので持ち運びも苦になりません。

語学の学習は早く始めれば始めるだけ良いですし、聞くだけの学習から入って、まずは英語を耳に慣らす、英語の聞くとこ、学習するということに慣れるところから始め、慣れてきたら徐々にレベルアップしていくというのが入りとしておススメですね!

語学を身につけておけば、サッカー選手になれなかったとしても将来確実に役に立ちますし、職業選択の幅や違う分野で海外で活躍できる人材にもなり得ます!

そして、今後はよりグローバルな社会になっていきますから、早めに身につけておくことは非常に有利になります。

仕事や練習で多忙な中、机に座って勉強する時間を作るのはなかなか難しいと思います。

そんな時、Native Englishは「聞くだけ学習」なので、電車の中などちょっとした隙間時間を有効活用できます。

また、1セクションが5分程度と、ちょっとした時間に完結できるようになっているので、忙しい子ども達にもマッチできるように作られています!

英語を身につけたいなら、学校勉強だけじゃ難しい。

でも、いきなり英会話に通うのもハードルが高い。

現代はこうやって隙間時間を使って勉強もする時代です!

将来、欧州で活躍するまでにもまずはここから!

早いうちから英語をマスターして周囲より一歩先へ行きましょう!

スポンサーリンク

学習のお供に

この聞くだけの学習をするにあたって、この学習では音源をスマホに取り込んで、移動時などに聞くことをおすすめしています。

そんな時便利なのがBluetooth接続のワイヤレスイヤホン!

最近ではiPhoneユーザの方はAirPodsを使用している方も多いですが、今回オススメしたいのは「GLIDiC Sound Air TW-7000」。


出展:https://www.amazon.co.jp

こういったカナル型イヤホンはノイズキャンセラ機能などもついており、遮音性が高くまわりの音が聞こえなくて危なかったり、イヤホンを外さないと他の人会話ができなかったりと、周囲の音が聞こえないというデメリットもあります。

しかし、このイヤホンならそれらの問題を解消できます!

このイヤホンは周囲にある音を取り込む「Multi-communication Mode(マルチコミュニケーション モード)」というのを搭載しており、周囲の音、周りの人の声、自分の声なんかも拾ってくれます!

周りの音が全く聞こえないというのも危ないですし、電車なんか乗っているとつい乗り過ごしたりなんてことにもつながります。

これを使うと勉強しながらでも、周囲の音が聞こえて非常に便利!

勉強のお供にいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました