☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

田中碧デビュー戦初ゴール!J1 第26節 川崎フロンターレ×北海道コンサドーレ札幌

スポンサーリンク
川崎フロンターレ
この記事は約9分で読めます。

J1 第26節 川崎フロンターレ×北海道コンサドーレ札幌の試合レビューです。

試合はフロンターレの思わぬ大勝となりました。

コンサドーレとしては、地震の影響で地元の人達を元気付けたいという気持ちの反面、自身も被災者でもあり、停電の影響などもあり、なかなかコンディション調整という面では難しさがあったと思います。

そんな中でも、コンサドーレファンも何千人も駆けつけて素晴らしい雰囲気での開催となりました。

いしかわごうさんのTweetになりますが、試合前には震災への募金がありました。

三好選手も来ており、さらにはコンサドーレには元フロンターレの選手も多く、稲本選手や田中雄大選手などもおり、募金ブースもものすごい人だかりとなっていますね。

 
そんな中での一戦、まずはDAZNハイライトをご覧ください。

【DAZN提供】2018_J1-第26節vs北海道コンサドーレ札幌_20180915_Game Highlights

結果は7-0で川崎の勝利となりました!

逆転優勝にはもう負けられないフロンターレ、一気にACL圏内に入ってしまいたいコンサドーレ。

上位対決は思わぬ差がつく展開となりました。

それでは、この一戦を振り返ってみたいと思います。

速報はこちら!

【速報】J1 第26節 川崎vs札幌 田中碧選手のデビュー戦初ゴールも飛び出し7-0で快勝!
2018 J1 第26節 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌 の速報レポートです。 現在2位と4位の上位対決となります。 優勝を争う上で負けられない川崎、ACLを狙う札幌。 J1第26節 川崎フロンターレ×北海道コンサドーレ札幌の一戦の速報レポートです。

 

スポンサーリンク

第26節 川崎×札幌 スターティングメンバー

まずはスタメンから。

スターティングメンバー
川崎F 札幌
GK チョン ソンリョン GK ク ソンユン
DF エウシーニョ DF 進藤 亮佑
奈良 竜樹 キム ミンテ
谷口 彰悟 福森 晃斗
車屋 紳太郎 MF 早坂 良太
MF 下田 北斗 宮澤 裕樹
大島 僚太 深井 一希
中村 憲剛 菅 大輝
阿部 浩之 荒野 拓馬
家長 昭博 チャナティップ
FW 小林 悠 FW 都倉 賢

 
○交代
【川崎フロンターレ】
52分 大島僚太→登里享平
73分 小林悠→知念慶
84分 下田北斗→田中碧

【北海道コンサドーレ札幌】
46分 キム ミンテ→石川直樹
46分 宮澤裕樹→ジェイ
61分 深井一希→小野伸二
 

第26節 川崎×札幌 スタメンのポイント

川崎フロンターレ

まず、ディフェンスラインではリーグ戦では奈良竜樹選手が久々のスタメンとなり、登里選手がスタメンから外れました。
これは単純に都倉選手やジェイ選手に対抗するための高さ対策だと想定できます。

都倉選手やジェイ選手の高さを単純に使ってくる攻撃を仕掛けて来ますので、車屋選手と登里選手が起用される場合はスピード面や地上戦や攻撃面は良いですが、やはり高さには不安があるための起用となります。

そして、ボランチには守田選手の負傷により下田北斗選手が起用となりました!

非常に良いキックを持ってますし、レギュラー人と合わせた場合どうなるか楽しみですね。
 

北海道コンサドーレ札幌

三好選手が契約の関係で出場不可となります。
あとは駒井選手も出場できず、荒野選手がシャドーの位置に入ります。
 

第26節 川崎×札幌 スタッツ

【得点】
川崎 vs 札幌
前半 3-0
後半 4-0
合計 7-0

■得点者
【川崎】
28分 家長昭博
30分 中村憲剛
40分 阿部浩之
57分 下田北斗
58分 小林悠
86分 知念慶
90+1分 田中碧

【仙台】
なし

■勝点
【川崎】
46→49

【札幌】
41→41

気温:23.5℃
湿度:86%
川崎:札幌
支配率 49%:51%
シュート(枠内) 26(15):6(1)
FK 19:15
CK 4:3
走行距離 108.902km:112.825km
チームトップ
(川崎)阿部浩之 11.703km
(札幌)早坂良太 11.896km
スプリント 119回:104回
チームトップ
(川崎)車屋紳太郎 23回
(札幌)菅大輝 24回

気温は高くなかったですが、湿度が高く風もなかったので、不快な天候でした。
 

第26節 川崎×札幌 勝負を分けたポイントは?

序盤の決定機

この試合、入りは間違いなくコンサドーレ札幌のペースでした。

札幌のストロングポイントの一つといえば、左からのクロスと都倉選手のフィジカル(高さ)があります。

序盤、コンサドーレに決定機が連続して、右から左にサイドチェンジしたところで、早めに都倉選手めがけてロングボールを入れることで、そのこぼれ球を拾った荒野選手に2本決定機が訪れます。
ひとつはチョン ソンリョンに弾かれたボールを都倉選手が押し込みますが、オフサイド判定。

そしてもう一つはゴールキックの流れからミスを誘ってチャナティップ選手に決定的なチャンスが訪れまずが三度チャンスを活かすことができませでした。

おそらくこれがひとつでも入っていればまた違った展開になっていたと思いますので、序盤の決定機逸が悔やまれるところでした。

 

フロンターレの前線からの守備

フロンターレといえば攻撃的なイメージだと思いますが、昨年鬼木監督が就任してからは守備の改革というのも行われていて、昨シーズンは32失点、ここまでも19失点と一試合少ない状況ですがリーグ最少、唯一の10点台と堅い守備も特徴となっています。

その中でも前線からのディフェンスというのはかなりかわっており、小林悠選手、憲剛選手、阿部浩之選手がスイッチ入れて、相手ディフェンスラインやゴールキーパーへ猛然とプレスをかけていきます。

そのまま高い位置で奪ってショートカウンターというのも形の形のひとつとなっています!

この試合ではそれが見事にはまりました。

1点目は一度深い位置まで崩してクロスを上げたところを相手にキープされて、前線に運ぼうとするところで、相手が運び出す瞬間を狙って憲剛選手がボールを奪って、家長選手へ渡して決まりました。

2点目も最終ラインに落ちてビルドアップしていた深井選手から家長選手がボールを奪ってそのままショートカウンターを成立させて、憲剛選手のゴールが生まれました。

3点目もゴールキックでつないだボールを奪ってそのままシュートまでいき、最後はそのこぼれ球を阿部浩之選手が決めました。

そして、5点目も最終ラインでのミスを見逃さず、小林悠選手がボールを掻っ攫ってそのまま一対一を制しています。

第24節の仙台戦などでも憲剛選手の前線からのディフェンスがきっかけでゴールを奪っています。

中村憲剛のBKBが炸裂!J1 第24節 川崎フロンターレ×ベガルタ仙台
中村憲剛選手がBKBパフォーマンスを披露しました!今年の中村憲剛選手のゴールパフォーマンスであるBKB本人の目の前で披露することができました。 J1第24節 川崎フロンターレ×ベガルタ仙台の試合分析レビューになります!

攻撃が注目されがちのフロンターレですが、ディフェンスという面も注目してみてください!

 

7人で7得点

今季最多、2009年以来の7得点となりましたが、7年全員得点者が違うというのもまた珍しいですね!

家長昭博
中村憲剛
阿部浩之
下田北斗
小林悠
知念慶
田中碧

前線の4枚看板全員得点を奪ったのも良かったです。
今季は小林悠選手こそ日本人最多ゴールとなっていますが、2列目、特に家長選手、阿部選手にもう少しゴールが欲しいと感じていました。

小林悠選手が得点を奪えるかに勝敗の行方を左右されているような時期もあったので、そう感じていたわけですが、ここで両者にゴールも生まれたことで、終盤に向けてまた加速してほしいなと思います!

また、それ以外にも下田北斗選手、知念慶選手、田中碧選手と初ゴールを含む出場機会の少ない選手や若手にもゴールが生まれたのは良かったですね。

終盤は相手の集中力も切れた状態でしたが、これがきっかけで一皮剥ける可能性もあるので、非常に大きなゴールだったのではないかなと感じました。

 

田中碧 嬉しいデビュー戦初ゴール


ユース出身の田中碧選手がデビュー戦で見事に初ゴールをあげました!

Twitter / ?

デビューの瞬間、大量リードでスタジアムに余裕があったのもありますが、スタジアム全体が喜びに包まれるというか、待っていたよ、という雰囲気がありましたね。

やっぱりユース出身選手が活躍するというのはファンにとっても嬉しいことですからね!

田中碧選手は小学3年生からフロンターレに所属する生粋のフロンターレっ子でもあります。

将来、今レンタルで出ている三好選手や板倉選手などと共に活躍してくれることをフロンターレファンとして願っています。

実際、プレーの方は下田北斗選手と交代で入ったのでボランチに入ったと思いますが、大量得点差があったことから、相手もタイトにこれる状態ではありませんでしたし、メンタル的にも難しい状況でした。

なので、あまり攻められる心配もなかったので、入って早々にシュートを放ったように、かなり前掛かりにポジションを取っていましたね。

思い切りやってやろう、得点をとってやろうという気持ちが現れていました。

しかし、あくまでも試合がこのような展開になることは戦前は予想できません。

その状態でベンチ入りしたということで、評価も上がってきていることがうかがえます。

今シーズン残りどれほど出場機会があるかわかりませんが、期待してみていきたいと思います。

ちなみに、7-0の時に初ゴールといえば、ノボリ選手!
2009年見に行ってました!懐かしいですね!

 

最後に

最高の試合でしたね!
何度もハイライト見返してしまいます!

そして上では触れませんでしたが、また家長選手のパフォーマンス!
圧巻すぎる!

天才 家長昭博 圧巻のプレー!J1 第23節 広島×川崎 注目の首位攻防戦の行方は?
天才 家長昭博 圧巻のプレーを披露してくれました!J1第23節 サンフレッチェ広島×川崎フロンターレのDAZNでの観戦レビューになります! 川崎フロンターレが敗れると優勝争いの行方が決まりかねない今節一番の注目カード。首位攻防戦のポイントを解説します!

こちらの記事もどうぞ!

また、2009年に等々力で広島に7-0で勝利した時も相手監督はミシャさんだったみたいですね。

そう言われれば…

ミシャさんはいろんな選手に慕われる良い監督さんですよね。
言動見てても本当に良い人なんだなと伝わってきます。

さて次節は名古屋との対戦です。
今節名古屋は連勝は7でストップしましたが、ジョーも2ゴールでついに得点ランクトップに立っています!

まだまだ勢いは衰えてないと見るべきでしょう。

ですがディフェンスの堅いフロンターレなら抑えてくれるでしょう!

ガブリエル シャビエル出ないでね…

サッカーくじ toto|現在、第1058回 toto予想を公開中!
当サイトのサッカーくじ「toto」予想のまとめページになります。筆者の豊富なサッカー、観戦経験からtoto予想をまとめています。対戦データ、戦力、調子などから各試合の詳細な分析を行っています。目指せ1等!予想を的中させて幸せを掴みましょう。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました