☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

サッカー 日本代表メンバー 一言紹介(2018/9/11 コスタリカ戦)

スポンサーリンク
日本代表
この記事は約9分で読めます。

森保ジャパン初陣となるキリンチャレンジカップ2018 対 コスタリカ代表(パナソニックスタジアム吹田) が開催されます!

その森保ジャパンの初陣に選出された日本代表メンバーをTwitter程度の長さでひとりひとり紹介してみたいと思います!

長年代表を支えた長谷部選手、本田選手、長友選手、川島選手などが外れ、これからの若い選手が多く選出されています!

試合前にぜひチェックしてみてください!
 

スポンサーリンク

▶︎GK


 

東口順昭(G大阪)

2018ロシアW杯もメンバー入り。
実はジュニアユース時代に本田と同級生で同様にユースに昇格できず高校、大学は無名校を渡り歩いた苦労人。
今シーズンも低迷するチームで存在感を発揮しています。
ベテランの域だが経験からいっても今回の守護神か?
 

権田修一(鳥栖)

東口と違い、FC東京の下部組織出身で各年代の代表の守護神を貼り続けてきたエリート。
ロンドン五輪後にオーバートレーニング症候群を発症し、一時海外へ行くなど満足にプレーできない時期もあったが、鳥栖で獅子奮迅の活躍を見せ代表に復帰!
 

シュミット・ダニエル(仙台)

日本待望の大型守護神の誕生か!?
197cm/88kgと期待せずにはいられない体格。
大学1年時から川崎の特別指定選手になるなど、そのポテンシャルは高く評価されていたが、仙台からのレンタルで熊本や松本などJ2で経験を積み、昨季ようやくJ1デビュー。
俊敏な大型ゴールキーパーの誕生が待たれる日本サッカー界の期待に応えられるか!
 

▶︎DF


 

槙野智章(浦和)

2018ロシアW杯メンバー。
言わずと知れたJリーグを代表するプレーヤーである。
W杯でも出場し、今回の代表では年齢、経験ともにDFを引っ張る立場に。
明るい性格で、長年代表のムードメーカーも務めている。
 

佐々木翔(広島)

代表初招集。
神奈川県の公立高校出身で、神奈川大、甲府でプロデビューとなった。
2016と2017に2度、右膝前十字靭帯断裂の大怪我からのカムバック。
今期広島では左SBを務めるが、CBも可能。
セットプレーからの得点力も高い。
W杯で観客席でヘディングをして話題となったお笑い芸人のカカロニの菅谷さんに似ているとの情報も。

 

車屋紳太郎(川崎F)

昨季チャンピオンの川崎不動の左サイドバック。
今期は幼馴染の谷口とCBを組むことも。
川崎のファンの間ではその独特なキャラクターから車屋先生と呼ばれている。
彼のシュールなブログは見る価値あり!

車屋紳太郎 公式ブログ
1992年4月5日生まれ。 熊本県熊本市出身。A型。 川崎フロンターレ所属(背番号7) タイケンスポーツクラブ熊本(熊本県) ― 太陽スポーツクラブ熊本(熊本県) ― 熊本ユナイテッドSC(熊本県) ─ 熊本市立長嶺中学校(熊本県) ─ 熊本県立大津高校(熊本県) ─ 筑波大学(茨城県) ─ 川崎フロンターレ

 

遠藤航(シントトロイデン)

2018ロシアW杯メンバー。
W杯後に浦和からベルギーのシントトロイデンに移籍。
移籍後初出場で初ゴールを記録するなど、早速インパクトを残している。
守備的なポジションならどこでも高いレベルでこなすが、ベルギーではセンターハーフでも出場。
25歳にしてすでに3児の父で子煩悩。
 

室屋成(FC東京)

リオデジャネイロ五輪代表。
今回代表に選ばれている南野拓実とは同級生で小学生時代地元のゼッセル熊取FCで一緒にプレーをしていた。
また、明治大学サッカー部を途中で退部してFC東京に入団と長友と同じ道を歩んで、一時は長友2世との声も。
両サイドバックをこなすサイドバックのスペシャリスト。
 

植田直通(セルクル・ブルージュ)

2018ロシアW杯メンバー。
出場機会はなかったが、W杯後にベルギーのセルクル・ブルージュに移籍。
サッカーと並行してテコンドーをやっており、その実力は全国レベルで世界大会にも出場経験のある武闘派ディフェンダー。
非常に身体能力は高く、ベルギーで経験を積んで成長してほしい。
 

三浦弦太(G大阪)

川崎ファンには懐かしい高須英暢という選手がいましたが、彼と同じようにFC豊橋デューミランから大阪桐蔭に進学しています。
大阪桐蔭で活躍し、清水エスパルスに入団、昨季高校時代を過ごした大阪に戻り、G大阪のDFの要として活躍しています。
空中戦や対人にも強いですが、G大阪では相棒がファビオ選手ということもあり、高いカバーリング能力も発揮しています。
 

冨安健洋(シントトロイデン)

今回最年少の現在19歳。
17歳(高校3年生)の時にプロ契約を結び、アビスパ福岡史上初の高校生Jリーガーとなる。
各年代の日本代表を経験する若くして非常に期待された選手です。
プロデビュー後着実にステップアップし、2018は海外移籍、日本代表選出と飛躍の年となった。
今後長く日本の最終ラインを背負って立つ存在なのは間違いない。
 

▶︎MF


 

青山敏弘(広島)

現在首位を走るサンフレッチェ広島のキャプテン。
森保監督が広島を率いてリーグを3度制した時も中心選手であり、森保サッカーを熟知している存在である。
そういう意味では森保サッカーを選手側から伝えていく重要な立場。
2015年JリーグMVP。

山口蛍(C大阪)(辞退)

2018ロシアW杯メンバー。
今回は怪我で辞退となったが、今回選出のメンバーの中では経験値も高く、中心選手として期待されていた。

大島僚太(川崎F)(辞退)

2018ロシアW杯メンバー。
W杯では出場がなかったが、カタールW杯に向けては中盤の中心選手として期待されています。
代表が絡むと怪我をしがちな状況は改善したいところで、フロンターレファンとしては、小林悠選手とともに少し歯痒い思いをしています。
Jリーグでは次元の違うプレーを披露しているので、今後も選出のチャンスはあると信じています。
 

伊東純也(柏)

彼のスピードは必見です!
その圧倒的なスピードを武器にした突破でJリーグのディフェンダー陣に脅威を与えています。
彼も佐々木翔選手と同様に、神奈川県の公立高校、神奈川大、甲府と学生時代は無名な選手でしたが、プロ入り後1年で柏に移籍するなど才能が開花。
サイドを切り裂く金狼に注目です!
 

中島翔哉(ポルティモネンセ)

昨季ポルトガルのポルティモネンセに移籍すると10ゴール12アシストと大活躍。
今期は10番を背負います。
リオ五輪ではエースとして活躍し、2018年W杯直前のマリ戦で代表デビューし、初ゴールを記録。
ロシアW杯への選出へ期待が高まっていましたが落選。
森保ジャパンではエースとして期待されます。
 

南野拓実(ザルツブルク)

FC東京の室屋成とは同級生で小学生時代同じチームに所属。
各年代の代表を経験するエリートで、2015年よりオーストリアのザルツブルクで活躍しています。
毎年コンスタントに得点を重ねており、UEFA ELなどの経験も豊富。
長くプロ生活を送っていますが、まだ23歳。
今後代表の中心選手として活躍が期待されます。
 

三竿健斗(鹿島)

ボール奪取能力と球際での強さ、そしてその激しい守備から攻撃につなげる正確なパスを供給する身長181cmの大型ボランチ。
まだ22歳ですが、ベテランのよう落ち着いたプレーを見せるまさに正統派ボランチ。
先日、ファンの差し入れについてのTwitterが話題となりました。

 

伊藤達哉(ハンブルガーSV)

柏U-18在籍時に参加した国際大会でMVPを受賞し、そこでハンブルガーSVの目に留まり、Jリーグを経験せずに入団。
昨季トップチームでブレイクした小柄なドリブラー。
昨季終盤は残留争いをする中で、ドイツで素晴らしい活躍を披露。
彼のドリブルがドイツでも通用することを証明しました。
 

堂安律(フローニンゲン)

昨季オランダのFCフローニンゲンに移籍すると、9ゴールをあげ、サポーターが選ぶチームMVPにも選出されました。
今期から完全移籍で背番号7を背負います。
今期も開幕戦でゴールをあげるなど、更なる活躍が期待されています。
現在20歳。東京五輪世代でもあり、東京五輪のエース、今後日本代表の中心選手としての活躍が期待されています。
 

天野純(横浜FM)(追加招集)

山口選手、大島選手の辞退を受けての追加招集。
今期横浜FMの中盤を牽引する選手ですが、その魅力はなんといってもプレースキック!
中村俊輔選手を彷彿とさせるようなそのフォームから放たれる左足からのキックで横浜FMで多くのゴールを演出しています。
出場する機会があれば、そのキックに注目です!
 

守田英正(川崎F)(追加招集)

山口選手、大島選手の辞退を受けての追加招集。
今期川崎に入団した大卒の新人選手です。
彼については詳細記事をあげていますので、こちらをどうぞ!

守田英正(川崎フロンターレ)のプレースタイルは?新人で日本代表初招集!
9月のキリンチャレンジカップ2018の日本代表に選出された川崎フロンターレの守田英正選手。 残念ながら9/7のチリ戦は地震の影響で中止となってしまいましたが、チームメイトである大島僚太選手の怪我をうけて、大卒新人ですが、追加召集で日本代表選出となりました。

代表でも守田100%披露なるか!?

 

▶︎FW


 

小林悠(川崎F)

昨季のチャンピオン川崎のキャプテンで2017シーズンMVP & 得点王。
今期も11ゴールと日本人では最多ゴールを記録しています。
2018ロシアW杯は直前の怪我により選出されませんでした。
川崎ではプレー以外ではポンコツと言われるそのキャラクター。
奥さんのうますぎる料理や超絶に可愛い息子がのってるSNSも注目です!

小林悠さん(@kobayashiyu11) • Instagram写真と動画
フォロワー80.2千人、フォロー中136人、投稿452件 ― 小林悠さん(@kobayashiyu11)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

 

杉本健勇(C大阪)(辞退)

昨季覚醒した大型イケメンFW。
昨季はチームに初タイトルを含むカップ戦2冠をもたらす活躍を見せました。
ルヴァン杯決勝での決勝ゴールやリーグ戦でも22ゴールと、万能な大型ストライカーの活躍に日本代表としての期待も高まりました。
今期は怪我もあり思うような結果を残せておらず、W杯メンバーからも漏れましたが、日本には少ない大型FWで技術、スピード、裏抜けと全てを高水準でこなすことのできる万能FWです。
 

浅野拓磨(ハノーファー)

ハリルホジッチ監督時代にも多くよばれていたジャガー!
魅力はやはりそのスピード!
昨季は少しクラブでは不遇の時を過ごしましたが、今期は移籍したハノーファー96で今のところ出場機会を得ています。
浅野は7人兄弟の三男で、男の子6人に末っ子が女のこという大家族!
大家族の思いを背負い、そのスピードで駆け上がってほしいですね!
 

最後に

一言紹介いかがでしたでしょうか!?

2022 カタールW杯を目指す森保ジャパンの初陣です!

見る前にちょっと選手の情報を知っておくともっと楽しく見れるかもしれませんよ!

みんなで日本代表を応援しましょう!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました