☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

iPhoneでBluetoothの折り畳みキーボード iClever IC-BK03 を使ってみた!

スポンサーリンク
嗜好
この記事は約7分で読めます。

私は仕事での移動時間やそれに伴う空き時間も多いので、その空き時間を有効活用して、ブログの執筆などを行なっています。

しかし、毎日ノートパソコンを持ち歩くのは重くて苦なので、基本的にスマホで作業しています。

もうスマホも長年使用しているのでフリック入力もかなり早くはなっていますが、やはり何千文字も書くとなるとスマホでは少ししんどい場合もあります…

文字が増えるとそれに比例してやっぱりキーボードで作業した方が早いのも確かです。

コピペなんかもキーボードの方が効率いいですし、スマホだと長押し→選択とかやっていると、画面なんかによっては思ったところが選択されなくてイライラ…

なんて経験ありませんか?

そんな重くてノートパソコンは持ち歩きたくないけど、キーボードで作業したいという悩みにピッタリのガジェットがあったので購入して使ってみることにしました!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

iPhoneでBluetoothキーボードを使う理由

私もそうなんですがこのようにブログを書いていたり、何らかの執筆活動などをしているような方ってちょっとした空き時間でもブログを書いたり、下書きしたり、ネタをまとめたりしているんじゃないかと思います。

仕事での移動のちょっとした空き時間に入ったカフェなんかで作業をしたい、新幹線や飛行機、その待ち時間なども作業をしたいなど、20~30分時間があったらいろいろできると思います!

カフェでかっこよくMacを開いて…
なんてこともしてみたいですが…

日頃からノートパソコンを持ち歩かなきゃいけない人、苦じゃない人はいいですが、私はノートパソコンを持ち歩くのは好きじゃないんですよね、理由は単純で重い、かさばる…

なるべく荷物を持ちたくないというニーズはあると思ってます。

さらに、外で隙間時間にやるような作業で、スマホでできないことってほとんどないですよね?

だから私は全てスマホで作業しています。

取り敢えずEvernoteに下書きしたり、ネタをまとめたり。

でも、ちょっとした作業はいいですが、がっつり数千文字とか書くときってスマホだと個人的には厳しい印象です。

自分で言うのもなんですが、フリック入力もそこそこのスピードだと思います。

でもやっぱりキーボードの効率にはかなわないし、何といっても選択→コピペの効率が自分的には非常に悪い。

スマホだけでも十分いろいろできるんですが、さらに時間をうまく使い効率化するために、コンパクトで持ち運びがストレスにならないiPhoneで使用できるBluetooth接続の折りたたみキーボードが自分には必要でした。

そこで選んだのがiClever IC-BK03になります。

スポンサーリンク

iPhoneで使用するBluetoothキーボードの条件は?

私と同じように、おそらくスマホやタブレットでなんでも作業をしてしまうという、またはそうしたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

ノートパソコンだとコンパクトなタイプでもやはり少しかさばるし、重さもありますからね。
 

そのため私が選んだ基準は、以下になります。

Point

  • iOSで使える
  • 軽い
  • コンパクト
  • 打感がある

まず、私はiPhone7Plusで使用することを前提としていましたので、iOSで使用できるというのが前提でした。

iClever IC-BK03はiOS、Android、Windowsで使用可能です。

そして持ち運び用なので軽くてコンパクトである必要がありました。

そうでなければノートパソコンを持っていけばいい話ですからね…

こちらの重さはなんと185gでさらに三つ折りにできるのがいいですね!

畳むとスマホとほとんど同じサイズになります!

そして、打感がある、というのは単なる自分の好みです。

やはりキーを打っている感覚が欲しいんですよね。

同じような製品でシリコンで丸めて収納できるようなものもありましたが、シリコン製はあまり打感が好みではなさそうだったのでこちらを選択しました。

スポンサーリンク

iPhoneでBluetoothキーボード使ってみた!

外観はこんな感じです。

レザーケースがスマホを立てる台になります!

このレザーケースが非常に便利です!

スポンサーリンク

本体の大きさ

本体の大きさは畳んだ状態ではiPhone7Plusとほとんど同じサイズです。

コンパクトをコンセプトとしているので非常に良いですね!

これならバッグに入れてもかさばりませんし、重さも185g なのでほとんど気になりません!

スポンサーリンク

キーボード本体

このようにレザーケースがスマホ立てになります。

角度も調整できるのでこれは非常にありがたいですね!

作業環境が非常に良くなります!

一度ペアリングすればキーボードを開くと電源がONとなります!

スポンサーリンク

Bluetoothでペアリングする

はじめにペアリングする時は、まずキーボード側で“Fn + C”を同時に押すと接続モードになります。

iPhoneの場合は[設定]>[Bluetooth]でBluetoothをオンにすると、”iClever IC-BK03 Keyboard”が出てくるので、スマホ側で選択すると接続が完了します。

その後、使用するOSに合わせて”Fn + OSボタン”を押下して対応するOSに合わせて使用してください。

スポンサーリンク

実際にiPhoneでBluetoothキーボードを使ってみた感想

これは慣れによるところもあるので、使っていれば気にならなくなってくると思いますが、使用初期の時点で気になったをあげます。
 

ショートカットキー

よく使うであろうショートカットキーですが、Windowsに慣れていると最初は少し違和感を感じるかもしれません。

よく使用する全選択(Ctrl+A)、コピー(Ctrl+C)、貼り付け(Ctrl+V)、切り取り(Ctrl+X)、がそれぞれ『Fn+2』『Fn+3』『Fn+4』『Fn+5』と一番下と上の数字キーの組み合わせで片手でやろうとすると手の角度が少しおかしなことになります。

これは一番違和感がありました。
 

キーの配置【Backspace】

Backspaceキーが一番右上にあるのですが、これはよく使うキーの割には非常にキーが小さくて、その下にあまり用途のない『\』キーが割といいサイズであります。

この『\』の位置にBackspaceがあれば非常に使いやすかったなという印象です。

私のは少し古いバージョンだったんですが、2018年度版は改良されていて、Backspaceキーがの位置に設置されているようです!

これは使い勝手かなり上がってると思います!

そして、今までBackspaceキーがあった位置にはDeleteキーが付いているようです。

新しいの買えば良かった…

スポンサーリンク

iPhoneにBluetoothで接続できる折り畳みキーボードの類似商品

他にも似たような商品があります。

その中でおススメのものをいくつかピックアップします!
 

スポンサーリンク

iPhoneでBluetoothキーボード使ってスマホの作業環境を変えよう!

この製品ではなくても似たようなコンセプトの商品はたくさんありますが、出先で作業をしたい方で、重くてノートパソコンは持ち歩きたくないけど、キーボードで作業したいという思いを持っている方には非常に有効なアイテムです!

重くなく、コンパクトで邪魔にもならないので、待ち合わせのちょっとした空き時間とかにもあると便利だと思いますのでお勧めですよ!

スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました