☆★川崎フロンターレ連覇達成★☆

toto予想で一攫千金!(第1041回)

スポンサーリンク
toto予想
この記事は約9分で読めます。

第1041回のtoto予想になります。

今回はJ1が関係する試合はルヴァン杯で残りはJ2が対象試合となります。

ルヴァン杯はミッドウィークに試合が行われ、ほぼ結果の決まったようなカードもあります。

そいうった要因も結果に影響してくる可能性がありますね。

サッカーくじ toto|現在、第1058回 toto予想を公開中!
当サイトのサッカーくじ「toto」予想のまとめページになります。筆者の豊富なサッカー、観戦経験からtoto予想をまとめています。対戦データ、戦力、調子などから各試合の詳細な分析を行っています。目指せ1等!予想を的中させて幸せを掴みましょう。

前回は1等が多く、当せん金は2,922,310円でした!

今回はJ2が多いので高配当が期待できるかもしれませんよ?

私のtoto予想する上でのコンセプトはこちらからご覧ください!

totoのおススメの予想の方法とは?予想歴10年の私が予想方法を伝授!
今回はtoto予想のおススメの方法についてご案内したいと思います。 toto買ってみたいけどJリーグのことよくわからない、応援してるチーム以外はよくわさらない、こんな人って結構いそうですよね!toto予想から購入まで、おススメの方法をお教えします!
まだtotoをインターネットで購入してないの?インターネット購入が断然お得!
totoにはさまざまな購入方法がありますが、インターネットで購入するとメリットがたくさんあるって知ってましたか? totoの購入はインターネット一択! 今回はtotoをインターネットで購入するメリットからその方法まで解説していきます!

それでは、今回も一攫千金狙って第1041回 toto予想いってみましょう!
 

スポンサーリンク

第1041回 toto 予想

第1041回 toto予想
ホーム アウェイ 予想 結果
予想

金額

ダブル×5

3,200円

5/13
東京V 横浜C
川崎 鹿島
C大阪 湘南  
甲府
横浜M G大阪
新潟 岐阜
京都 金沢
町田 水戸
山口 山形
福岡 松本
愛媛 讃岐
熊本 大分
岡山 千葉

 

第1041回 toto予想 結果の追記

結果:5/13

最悪ですね。
ルヴァン杯もダメでしたし、注目の上位争いも外してしまいました。
また出直します。
今回はかなり難しかったです。
その証拠に配当もかなり高くなっていますね!

【1等】
当せん金:35,037,555円
当せん口数:1口
【2等】
当せん金:2,502,682円
当せん口数:3口
【3等】
当せん金:98,790円
当せん口数:76口

 

第1041回 toto予想 各試合のポイント

第1041回 toto予想 東京V×横浜FC

5位と3位の対決です。
勝敗やスコアによっては順位が入れ替わる可能性もあります。
まず東京Vですが、すごく好調というわけではないですが、こつこつと勝点を積み上げてプレーオフ圏内に留まっています。

前節は金沢相手に金沢とのアウェイ戦で初勝利を上げました。
東京Vは全体的にバランスのいいチームで失点は31試合31失点と1試合平均1.0とある程度安定しています。
攻撃面が1試合平均1.38得点とやや寂しく、その為上位陣では横浜FCと並んで引き分けが10と多くなっています。
 
対する横浜FCも引き分けが10と非常に多いですね。
完封試合がスコアレスドローの試合も含めて14試合と多いのですが、逆に打ち合いとなったり大量失点で敗戦するような試合もあります。

しかし、コンスタントに勝点を積み重ねて現在3位。
自動昇格が見えてくる位置まで順位を上げてきました。
現在4連勝中で前々節には2位の松本もアウェイで撃破しています。
また東京Vとのアウェイ戦は相性が良いです。
もともと攻撃陣の戦力などは整っていましたので、連携が取れてきたシーズン後半は強いかもしれませんね。

今シーズン引き分けが多い両チームになります。
そのため、toto予想は引き分け(0)を本命に東京Vとのアウェイ戦は相性が良いことから横浜FC(2)のダブル予想とします。
mini totoでも同様としています。
 

第1041回 toto予想 川崎×鹿島

今回の第1041回でJ1のチームが絡んでいる試合は対象がルヴァン杯となっています。
そして、ルヴァン杯プライムステージ準々決勝の1stレグはミッドウィークにカシマスタジアムで試合を行い1-1のドローとなっています。
お互い代表選手を欠く中での一戦でしたが、前半に鹿島が先制して、その後すぐに川崎が追いつく展開でした。
後半は川崎が2度ポストにシュートを阻まれるシーンなどもありやや押し気味に展開した試合となりました。
その川崎は1stレグでは直近のリーグ戦のメンバーから7名の入替、2名は違うポジションでの出場となり、実質9ポジションを入替えてきました。
代表に小林選手、車屋選手、守田選手、そして怪我で代表辞退となった大島選手が不在ということでこのメンバー構成となっていましたが、普段控え組みの選手が中心で構成されたメンバーで、 いつもとやはり若干戦い方が違って選手の特性に合わせた現実的な戦い方となっていました。
試合内容としては非常にポジティブで、このメンバー達の躍動はチームとしても今後に繋がる部分だと感じています。

後半押し気味に展開して、決定的なチャンスも作っていたので、勝ちたかったところですが、アウェイゴールを奪っての引き分けは悪くない結果でした。
鹿島のほうが普段に近いメンバーだったことを考えれば結果もポジティブに捉えてよいかと思います。

さて、2ndレグは川崎のホームですが、等々が使用できないため、味の素スタジアムでの開催となります。
いつもと違うホーム戦、メンバーはもちろんのこと運営面や応援にも若干ズレが生じてくる可能性はあります。
メンバーも1stレグに近いメンバーになるかと思いますが、阿部浩之選手や家長昭博選手がどのように絡んでくるかは気になるところですね。
 

対して鹿島は三竿選手とチョン スンヒョン選手が代表選出で不在となりました。
こちらは直近のリーグ戦からは5選手の変更ポジション変更も加えると6ポジションについて変更してきました。

鹿島は町田選手や金森選手など普段出場機会の少ない選手が少し不安定なパフォーマンスとなってしまいました。
町田選手は知念選手に振り切られてPKを与えてしまいましたし、金森選手は前線で起点を作ることができませんでした。
2ndレグを考えると若干の変更はあるでしょうが、ポイントはFWの人選かと思います。

鈴木選手が途中出場することで少し盛り返すことができていましたので, 2ndレグは得点が必要なこともあり、現時点で一番強カであろう鈴木選手とセルジーニョ選手のコンビを採用してくる司能性はあります。

鹿島はACLも残っていることから、この後も少し変則的な日程が続きますし、9/18にはマカオでの試合もありますので難しいターンオーバーが求められそうですね。
toto予想は川崎(1)と引き分け(0)のダブル予想としています。
 

第1041回 toto予想 町田×水戸

現在1試合少ないながらも首位の町田ですが、まさかこの時期に町田が首位にいるとは誰が想像したでしょうか?
J1ライセンスを持っていないのが非常に残念でなりませんね。

現在、4連勝のあと引き分けを挟んでまた3連勝中です。
前節は甲府に2-0で快勝。
前半早々に相手に退場者が出て、そのPKで先制点とフリーキックからのオウンゴールで追加点とセットプレー2発で勝利しました。
相手に押し込まれる場面もありましたが、落ち着いたディフェンスで対応し、得点をあたえませんでした。

町田はハードワークを信条としています。

町田は基本的にほとんどの試合、相手にボール保持率では上回られています。
それでもボールホルダーへの素早く激しいプレスと人数をかけたディフェンスで相手を自陣深いところへ侵入させません。
そしてボールを奪ってからは2トップの鈴木と中島にあずけて縦に早い攻撃を仕掛けます。

他にはなんといってもセットプレーからの得点が多いですね。
キッカーの平戸太貴選手の高精度のプレースキックは相手にとって非常に脅威となっています。
現在のこの町田の活躍を見て、行政も含めてライセンス取得に向けて動いてくれるといいなと思います。
 

対する水戸も前節松本と引き分けるもその前は2試合連続ウノゼロでの勝利でした。
若い選手とベテラン選手がそれぞれ持ち味を出していますね。
また新加入のバティスタ選手も既にゴールをあげ、徐々に出場時間を延ばしています。
192cm、92kgと非常に大柄な外国人選手をうまくいかせるでしょうか。
toto予想は町田(1)と予想します。
 

第1041回 toto予想 岡山×千葉

プレーオフ進出を目指す岡山ですが、現在勝ち点47で9位。
今シーズンはトップから中位までの差が詰まっているため、6位の大宮が現在勝ち点51とまだまだチャンスはあります。

前半戦上位をずっとキープしていた大分や山口がプレーオフ圏外の順位まで下がってきていることを考えても少し連勝すればプレーオフ圏内へ入っていくことは可能な状況です。

その為下位に沈む千葉戦は落せない一戦となります。

岡山の特徴はなんといってもリーグ2位の失点の少なさで、1試合平均0.9失点と堅い守備にあります。
しかし、逆に攻撃面で迫力不足で1試合平均1.03リーグで6番目に少ない得点数です。
 

対する千葉は現在16位と下位に沈んでいます。
昨年後半戦を一気に駆け上がりプレーオフ出場を果たした姿は影を潜めています。
千葉は岡山とは真逆のチームで得点55、1試合平均1.77でリーグトップですが、失点59、1試合平均1.9でリーグワーストとなっています。
まさに矛盾対決となりますが、toto予想は岡山(1)を本命に千葉(2)とのダブル予想としています。
 

サッカーくじ toto 過去の予想

第1040回 toto GOAL3
第1039回 toto
第1039回 mini toto
第1039回 toto GOAL3
第1038回 toto
第1038回 mini toto
第1038回 toto GOAL3
第1037回 mini toto
第1037回 toto GOAL3
第1036回 toto
第1036回 mini toto
第1036回 toto GOAL3
第1035回 mini toto
第1035回 toto GOAL3
第1034回 toto
第1034回 mini toto
第1034回 toto GOAL3
第1033回 toto
第1033回 mini toto
第1033回 toto GOAL3
第1032回 mini toto
第1032回 toto GOAL3
第1031回 toto
第1031回 mini toto
第1031回 toto GOAL3
第1030回 mini toto
第1030回 toto GOAL3
第1029回 toto
 

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました